ページの先頭です

平成18年度第2回羽村市青少年問題協議会会議録

[2010年3月1日]

平成18年度第2回羽村市青少年問題協議会会議録
1 日時平成19年2月2日(金曜日) 午前10時~午後12時10分
2 場所市役所4階特別会議室
3 出席者会長 並木心 委員 馳平耕三、石居尚郎、川崎明夫、森田義男、角野征大、白石義友、田口正治、瀧島薫、吉野貞昭、小松美夫、森田多美子、宇津木晃、和田豊、北浦勝平、原島秀明、遠藤和俊、町田茂、金子真吾、島田秀男
4 欠席者副会長 加瀬哲夫 委員 和田文夫、水野孝一、秋山弘、谷本茂年、山田天正
5 議題 1 羽村市における青少年の現状等について
2 テーマ「青少年に対する体験事業」について
3 その他
6 傍聴者なし
7 配布資料・ 青少年に対する体験事業について(テーマ設定理由・体験事業の概要)
・ 福生警察署管内における少年非行等の概況について
・ 立川児童相談所虐待相談受理状況(月別・自治体別)等相談情報および児童福祉法改正に伴う区市町村の役割
・ 平成18年度羽村三中職場体験学習実施報告書
・ 「わくわくWeekTokyo中学生の職場体験」東京都発行PRパンフレット     
8 会議の内容

(会長) これより会議を開会します。

1 羽村市における青少年の現状について
(教育委員会学校教育部) 小学校全般の状況について、学校の方では、概ね教育活動は無事に進んでいる。学校を取り巻く安全という面また、不審者が同時期に10件程の発生で多くなっている。子どもたちの安全面、情報のモラルについて、子どもたちのコンピュータや実際持つ携帯電話の扱い方で、メールを利用しながら、友達の悪口を書いてしまって、それがトラブルに発展しているというような例も出ている。こういったところが新しい状況である。

(中学校) 中学校全般の状況について、具体的な話に入る前に、今の子どもたちがどういう状況に置かれているかについて、まず、環境面から考えると、子どもたちの一番が家庭で、その家庭が今どういう状況にあるかについて、本校は、オール4学級いわゆる12学級プラス2の14クラスの学校規模であるが、本年度見て行く中で、1クラス35~36名(一番多いクラス)で、片親だけの家庭が14名。先だってもテレビで放送されているが、ここに来て離婚が急増している。そのあおりを子どもたちがもろに受けている実体がある。そこから浮いて来るのが、家庭の中での人間関係が孤立して行く、お母さんは一生懸命働いて稼がなくてはいけない、そうなると家にいる時間が少なくなる、子どもは子どもだけで孤立してくる、家族の会話が減少して行く中で、子どもが受けるべく躾等が一切受けられないまま現在に来ているという現状が多くある。家庭で本来、躾なければならないことが無いまま育っているわけであるから、当然学校に来ても周りの友達との間に価値観の違いからいさかいが出て来るが本人はまったく悪いと思っていない。ところが、きっちり指導を受けて、躾を受けて育って来た子にとってみたら非常に不合理なわけである。そこにおけるトラブルが日常的にある。
指導して行く中でその子どもの非をとがめて、あらためて主張するわけであるが、家に帰ってその子がお母さんなり、お父さんなりに、学校で先生からいじめられたということで、親が子どもの言葉を100%信じて、学校に来る。それを説得するのにものすごく時間がかかるのが現在の状況である。かつては、こういうことはほとんど無かったが、ここ数年大きな現象になってきている。子どもたちにとって見たら対人関係が崩壊してきているわけですから、集団の中で何かをして行くということが苦手な状況にある。
もう一つは、家庭だけでなくて、かつては地域で子どもたちを見取ってきた経緯があったわけであるが、今、青少年対策地区委員会なり、地域でいろいろな活動を準備していただいてきているが、あくまでも、その瞬間、瞬間の積み重ね、日常的に継続的に時間をかけながら育てていくということに関しては、まだまだ弱いのではないか。そう言った面も無くなって来ているわけであるから、最終的には、子どもに責任があるというよりは、それを取り巻く環境を少しでも変えて行かないと、なかなか今ある問題が解決していかないのか深刻に受け止めている。これから先のことを考えた時に、いかに家庭を進めていくことができるかということと、地域のいろいろな団体と協力しながら継続的にどれだけ、これから子どもたちにはたらきかけて行くことができるかということ。体験活動は14・15年前から言われているが、14・15年前に体験が重要だと言われた時代と今はまったく違っている。当時は、体験させることによって、子どもたちが自然にいろいろなものを感じ取って行くことができる時代であったが、今は体験させるだけでは、だめである。いかに体験する前にどれだけ準備をして取り組ませるかということがないと、体験そのものが一過性で終わってしまうということがあるということも私達自身がしっかり把握しておかないと、良い指導ができないのではないかと思っている。もう一つは、小学校・中学校を連携した9年間、もっと言えば、幼稚園・保育園とどう連携して、一貫して何を柱にこの子たち、羽村の子たちを育てて行くか、理念を早急に作らざるを得ないのではないかと思っている。もう一つは、行政とどう連携して行くか、今回の中学校の5日間の職場体験にしてみたら行政の力はものすごく大きかったと学校側は捕らえている。その力があったからこそ、これだけの成果を上げることができた。こういうものをもっといろいろな部分に広げていって学校だけで独立してやるのではなく、さまざまな諸機関と連携することによって中身を充実させて行くことが重要ではないかと考えている。

(福生警察署) 福生署管内で私立併せて49校の学校がある。暴走族グループによる非行は減少している。最近の傾向としては不登校生による深夜徘徊が増え、ゲームセンターや繁華街などで知り合った他校生が非行グループを形成し、窃盗事件やオートバイ盗、強盗傷害など起こす。昔は暴走族グループが母体であるといったケースがあったが、現在はそういった中心的役割をするグループがないケースが目立つ。リーダー的存在がいないので非行グループの行動を把握するのが難しくなっている。子どもに対する犯罪が増えているので、携帯電話の使い方やセーフティ教室など地域活動のなかで防犯意識を高めていきたい。

(立川児童相談所) 子ども家庭支援センターの役割が大変重要になっている。虐待に関する相談件数は昨年度に比べ減少傾向にあったが、11月に京都での児童虐待の事件があり一気に相談が増えた。立川児童相談所では相談件数が10月まで前年比で約10%下回っていたが、11月は前年比150%と急激に増えている。相談が一番多いのが小学校年齢、次に3歳から就学前までの子どもで次に中学校年齢の順になる。

(青少年育成委員会) 現在39名で市内のパトロールなどを中心に活動している。今年は班ごとのパトロールが延べ48回。その他に夏祭りや不健全図書パトロールなど、福生署の方に同行していただき行った。また、東京都から青少年健全育成協力員の委嘱を受けて、不健全図書類のチェックを市内の書店やコンビニエンスストアを中心に行っている。ビデオやDVD、携帯電話での動画配信などの規制が強くなったことから、現在は雑誌やコミックなどに不健全図書の対象が移ってきている。

(小学校※事務局より報告) 子どもたちは学習面でも生活面でも学級担任と過ごす時間が多く、ふれあいの中で困ったことや悩みなどを気軽に相談しやすくなっているので、いじめなどが早期発見でき、早期解決につながっている。また、公務分掌上に教育相談部を設け、児童や保護者の問題に対応しているほか、市の教育相談室から相談員が派遣されており有効に活用されている。

(都立羽村高校※事務局より報告) 部活動や学校行事に熱心に取り組む生徒が多い。寒い時期は遅刻が多くなる。女子の頭髪に課題がある。特別指導は少なくなっているが、心に悩みを持つ生徒への対応が課題である。交通安全教室や登校時の安全指導を行っているが、自転車の二人乗りや信号無視など課題がある。新規事業として健康づくり講習会、救急救命法講習会、学校保健委員会を実施。また、3学期にはスポーツ選手による講演と実技指導を行う教育フォーラムを検討している。

(議長) 以上で現状報告が終りました。全体を通じて質疑応答に入りたいと思います。

(委員) 児童相談所の役割について、市と立川児童相談所はどう関わっていくのか。

(委員) 児童相談所では個々の相談について、その相談に合った専門の窓口などを案内、紹介していくといった役割がある。深刻な相談や案件などは、児童相談所で扱わなければならないだろうし、予防という観点からすると地域の関係機関の支援が必要。また、今年は児童虐待防止法の改正が成立すると思われ、具体的な支援体制についても方向が国から示され、各市町村の皆さんがそれをどう実現していくか、ということの検討が必要になってくる。

(委員) 市では子ども家庭支援センターでさまざまな相談を受けているが、その内容によっては教育相談室や立川児童相談所へ協力してもらっている。適切な相談相手への橋渡し的な役割も子ども家庭支援センターは担っている。先月、関係機関のネットワークの徹底を図るため、要保護児童対策地域協議会を起ち上げたのでその中でも円滑な連携を図っていきたい。

(委員) 児童福祉の観点から、地域で子どもを育てるということを考えてはどうか。例えば、地域で子どもたちの指導をしている大人を対象に、講習や研修会などを実施してみてはどうか。

(委員) 子育てを経験した方や、地域の方たちの協力が必要になってくるので今後ともよろしくお願いしたい。

(委員) 羽村市でウサギが殺されるという事件や変質者が出没したりしているが、そういったことに対して、現状はどうなっているのか。

(委員) ウサギの事件では、防犯ビデオの設置や夜間は鍵を掛けて建物の中に入れるなどしてもらっている。その他に通学路のパトロールも強化している。侵入盗が多いので、その対策プロジェクトチームを起ち上げた。また、自主防犯を進めている。

(委員) 羽村市は自転車盗の件数が多いがなぜか。場所はどういった所が多いのか。また、コンビニエンスストアなどで、子どもに見せたくない雑誌が数多く置かれているが、どういった対応ができるのか。

(委員) 自転車は全域で盗まれているが、やはり駅周辺を中心に盗まれている。不健全図書は青少年育成委員などが随時パトロールしており、不健全図書の有無や陳列の仕方などのチェックをしている。

(委員) 河辺や福生などは有料で建物の中に駐輪させているが、羽村は駐輪場が無料で無人なので盗みやすいのかもしれない。

(委員) 自転車の乗り方や停め方などのルール化を徹底していかなければならないのでは。

(委員) 乗り方やマナーなど含め、今年度に福生警察署と協力して、子どもたちを中心にして自転車の運転免許証制度を起ち上げる予定。子どもたちに限らず、高齢者や一般の方たちにいかに広げていくか検討課題。

(委員) 町内会に加入する人が少なくなっており、行事やボランティア活動に参加する顔ぶれが毎回同じなんてこともある。地域の活動は確かに大切だが、そういった活動への参加する機会が多く負担が大きい。もっと町内会への加入促進や全体の調整を望みます。

2 テーマ「青少年に対する体験事業」について
(議長) 昨年来、青少年犯罪やいじめ、自殺などの事件が続発し各方面に大きな衝撃を与えています。これらの事件はさまざまな事象が複合的に関係しており、その背景を一概に述べることはできませんが、家庭環境の変化・情報化社会の進展・テレビゲームの氾濫など、子どもたちが遊びや家庭の中で人間関係を学ぶさまざまな機会を失い、他の人とのコミュニケーションをとるのが苦手となり、結果として子どもたちは自己中心的な考え方にかたより、相手の立場や心情を思いやることができなくなったことなどが背景にあるのではないかと言われています。このような中で、子どもたちの豊かな心の成長に欠くことのできない、さまざまな人とのかかわりや自然などと直接触れあう体験の機会を増やしていくことは、私たちに課せられた今後の大きな課題であります。
こうした状況を鑑み、今回の青少年問題協議会では青少年に対して実施されている体験事業をさまざまな分野から報告いただき、今後の課題点を見つけ、各団体の活動に役立てていただくことを願い、このテーマを設定させていただきました。

(教育委員会学校教育部) 主に学校で行われている体験活動を中心に報告します。昨年末に教育基本法が交付され、施行されている。新しい教育基本法がいくつかの部分で体験活動と関わる内容が出ている。1点目は公共の精神を重んじる部分が大きなところと考えている。2点目は、伝統文化を継承して行くこと。3点目は、職業や生活も学校教育の中で考えて行くことが具体的に謳われている。現状の体験活動はどのように進んでいるかであるが、まず、学校教育活動を進める意義、1点目:生徒の学ぶ意欲を向上させること。(意欲を高めるには体験的な学習が非常に大きな力を持っている)2点目は、学ぶ楽しさや物事を達成したという成就感を得ることができる。
具体的な内容では、まず、中学校で5日間の職場体験学習を市内の三中学校すべてで実施している。これにつきましては、地域の方、事業所の方にご協力をいただいて、滞りなく進んでいるところである。2点目は、市内全小中学校で宿泊の体験活動は、小学校は5・6年生の移動教室・日光への林間学校2泊3日、中学校では、1年時に清里、2年時にスキー体験、3年時に修学旅行を実施している。また、学校不適用を起こしている適用指導教室(ハーモニー)では1泊2日の体験活動・宿泊体験を実施している。3点目は、小学校が主に行っている農業体験活動を実施、これは、田植え・稲刈りを含めての活動。4点目は、日本の伝統文化研究推進校ということで、小作台小学校で発表会を行った。5点目は、平素から続けていることであるが、地域の方を学校にお呼びしてゲストティーチャーとしてさまざまな体験の場を提供していただいき、教示いただく。具体例として栄小学校であこがれ夢広場、東小学校では竹をモチーフに竹細工を具体的に地域の方からいろいろ教えていただくということも行っている。また、新たな取り組みとして、地域安全マップを作成していて、子どもたち自身が自分の登下校のコースや学校の近隣を回りまして、どこが危ないのか、どういう危険があるのかを考えて、これを今回、西小学校が地域の町内会長さんにご協力いただいて、その場を具体的に案内してもらったり、お家へ寄せていただいて話を聞いたりしている。
中学校共通してであるが、部活動を行っている。体験というとそういう部分に入るかどうかなんですが加入率が約87%、そして学校アンケートを行っていて中学生の意見としては75%が大変良かった、有意義であったなど肯定的な意見を回答している。

(教育委員会学校教育部) 多摩島しょ子ども体験塾の内容報告をさせていただきます。この事業は、子どもたちにさまざまな体験をさせて健全育成に寄与するというもので、今年度から3年間実施する事業です。平成18年度は和太鼓の演奏会を生涯学習センターゆとろぎで行い、400名以上の参加があった。演奏会前から中学生5名が10日間、直接太鼓の指導を受けるなどし、その成果を当日発表した。平成19年度、20年度と続くので効果的なものを実施していきたいので良い案があれば、ぜひお聞かせいただきたい。

(中学校) 職場体験事業について羽村市では、教育委員会が中心になり各企業に協力のお願いをしてもらっており、非常に恵まれている。また、この事業の成功の理由のひとつになっている。当日は民生委員の方たちも職場に顔を出して、生徒たちを励ましてもらっている。この取り組みは東京都でも注目されているが、なぜなのかというと羽村市以外の学校での職場体験は体験するということを優先させているが、羽村市では体験の前にまず考えさせるという、上智大学と連携したケアサポートを事前に行い職場体験させるといったことが、東京都の教育委員会でも非常に注目に値するということです。職場体験をした生徒へのアンケートで「今回の職場体験、あなたにとって充実した時間になりましたか」との問いに、「とてもなった」「まあまあなった」をあわせると99%になり、ほぼ全員の生徒がやってよかったと実感している。事前の取り組みの中に、どれだけ子どもたちに意識付けを行うかということと、事後整理させて認識させるかが大事である。今回良かったのが、職場体験の数日前に企業の方が学校に来られて、新入社員を指導する仕組みを実際にやってくれたことがあった。

(教育委員会生涯学習部) 大きく6事業に分けられる。まず社会体験・啓発活動事業として青少年健全育成の日ということで昭和58年2月13日に青少年健全育成の町宣言を行い、各地域において青少年健全育成を願う標語の三角塔を設置している。平成15年度から青少年フェスティバルの中で、子どもたちに積極的に関わってもらおうということで、模擬店をはじめとした体験活動を中心にした取り組みを行っている。今後も子どもたちがなるべく関わることができるような事業にしていきたい。次に洋上セミナーとして小・中学生の部で八丈島へ、青年の部では小笠原へ行く自然体験・生活体験事業があるが、青年の部は参加者が非常に少なく、いろいろ手を尽くしているが実施が難しくなっている。他に小学生を対象に実施する子ども体験セミナーでは、清里での二泊三日の宿泊体験を中心に、さまざまな体験を行っており毎回多数の参加者がいる。次に職業体験事業として羽村市出身の先輩、例えば芸術家やコック、大工さんなどの職業を体験することにより、将来の仕事に夢を持ってもらおうということで夢チャレンジセミナーを実施している。次に異年齢交流事業としては、今年42回目になる少年少女球技大会を昭和40年から実施しており、中学生が小学生の選手を指導するなどしている。次に伝承事業としては、郷土博物館で体験学習として「まゆから糸を引こう」や「まゆ玉だんごを作ろう」など実施した。また、親子博物館教室として郷土博物館事業への参加、年中行事の飾り付けなど全10回を実施。最後にスポーツ体験事業では、小学生対象のドッジボール、なわとび大会を実施している。

(子ども家庭部) 児童館では遊びを通じて子どもたちの健全な育成を図るとして、天体観測やパソコン体験教室、親子教室や手作り教室などのほか、地域のボランティア団体によるおもちゃ作り体験などを通じた大人との交流も実施しています。いずれの事業も主に小学生を対象とした事業になっているが、児童館の役割として中高校生の居場所作りというのが重要視されており、今後中高校生の居場所作りのほかに児童館の事業運営のスタッフとして中高校生を巻き込み、より深い世代間交流を図りたい。保育園では、中高校生の保育体験を通じて乳幼児と係る事業を展開している。中高校生の時期に保育体験を通じて、乳幼児と触れ合うということは非常に意義のあることなので、積極的に受け入れを行っていきたい。高校では来年度から奉仕が必修科目になることから、保育園のほかに児童館や学童クラブでも受け入れ可能なので、前向きに検討していきたい。

(地区委員会連絡協議会) まず、全地区委員会合同の稲作体験として、稲の苗取りから始まり、田植え、かかし作り、稲刈り、収穫祭、脱穀と行っている。また、稲刈り後の田んぼへチューリップの球根を植えて、田んぼが一年を通じてどのように使われているかを学ばせている。他にも各地区委員会ごとにさまざまな事業を実施している。伝承行事として、どんど焼きを東地区委員会と西地区委員会が中心となって実施。杉の葉集めから小屋作り、お正月飾り集め、七草粥と団子作りなど子どもたちに関わってもらう。少年少女球技大会については、市主催のものとは別に各地区委員会でも地区大会を開催している。中学生は選手を指導するというかたちで、小学1年生から6年生までが選手として活動している。その他に校庭キャンプ、小鳥の巣箱作り、手作り凧、うどん作りなど各地区委員会で実施している。これまではどちらかというと、屋外で活動することが多かったが、今後はもの作りなど屋内での活動にも力をいれていきたい。また、小学生が対象の活動がメインだが、今後は中学生も取り込むことが課題である。

(小学校※事務局より報告) 異年齢の縦割り集団での交流ということで、学校の花壇や街路升へのチューリップの球根植えなど植栽体験活動、遠足やゲーム集会などで多くの子どもたちが触れあえる機会を作っている。また、青少年対策地区委員会連絡協議会が行っている稲作体験へも多数の児童が参加している。

(都立羽村高校 ※事務局より報告) 夏季休業中に羽村市役所や保育園、病院などへ一週間の職場体験学習を実施。また、来年度から「奉仕」の科目が必修になり、1年生全員が救急救命法講習会、平和学習、日本の伝統文化学習など行う予定。

(議長) 今回のテーマ「青少年に対する体験事業」は深く青少年の学習に結びつくということの貴重な報告をいただきました。また、関係機関の皆さんにも体験事業を展開していく中で、青少年の役に立つ学習の場でもあるので、連携を深めいろいろな形で集約できる方向、あるいは継承していきたい大テーマであると思います。今回の発言を資料として集約させていただき、さらにその後の報告事項があれば集約をして、次回も同様のテーマで報告させていただきたいと思います。

3 その他
(議長) 各機関からの報告をいただきましたが、他にご報告等ありますでしょうか。

(委員) 職場体験について中学生と高校生との連携はどのようになっているか。

(委員) 東京都教育委員会が今年度から、高校を中心にしたキャリア教育の検討委員会を起ち上げて、その下に研究部会ができているので連携については、今後少しずつ進んでいくかと思われる。

(委員) 中学校では今、技術家庭があきる野ルピアで、美術が河辺の西友内のボッパルトホールで作品展を行っていますのでお時間がありましたら、ぜひご覧いただきたいと思います。

閉会のあいさつ
(教育長) 大変、中身のあるいろいろなご意見をいただきました。事務局で集約しまして、次につなげていきたいと思います。長い時間ありがとうございました。

お問い合わせ

子ども家庭部児童青少年課

電話: 042-555-1111 (児童青少年係)内線262

お問合せフォーム