ページの先頭です

平成19年議員研修会「地方分権改革のネクストステージ」

[2010年3月1日]

開催

平成19年1月19日(金)

講師

東京大学大学院教授 神野直彦(じんの・なおひこ)さん

演題

地方分権改革のネクストステージ

 

研修会の様子画像
講師・神野先生の画像

羽村市議会では毎年度、議員としての識見を深め、今後の議会活動に生かすことを目的に、議員研修会を開催しています。
今回は、政府税制調査会などでご活躍の神野直彦先生をお招きし、地方分権改革の意義と今後の方向性についてお話を伺いました。なお、先生は先に、地方六団体の新地方分権構想検討委員会委員長として、「豊かな自治と新しい国の形を求めて」と題する最終報告をまとめ、提言されるなど、長年にわたって分権改革をリードしてこられました。

講演は、社会基盤の変化により地方分権改革が必要になった経緯から入り、地方分権が本来目指すもの、すなわち「ゆとりと豊かさを実感できる社会」を常に見失わないことが大切であることを強調され、その観点からこれまでの分権改革を検証した上で、国の地方自治体への関与の縮小・廃止から、今後は財政調整機能などを活用して、地方自治体の任務の充実へと戦略を改めていくべきであると締めくくられました。

また、具体的な方策としては、
○地方行財政会議の設置
○消費税の国と地方の配分割合の見直しなど、基幹税の移譲
○地方共有税の創設
○国庫補助負担金の半減
などを挙げられました。

地方分権の目的は、「ゆとりと豊かさを実感できる社会」の実現ですが、羽村市議会の活動も、市民の皆さんが豊かさを実感できる羽村市を目指しています。今回の研修は、分権改革の最新の動向を聞くことができ、今後の議会活動に向けて大変参考になっただけでなく、議会活動の原点を再認識する上で、とてもよい機会となりました。

お問い合わせ

議会事務局

電話: 042-555-1111 (庶務係)内線412 (議事係)内線413

お問合せフォーム