ページの先頭です

平成20年議員研修会「地方分権改革と自治体財政」

[2010年3月1日]

開催

平成20年2月12日(火)

講師

千葉大学法経学部教授・法経学部長 新藤宗幸(しんどう・むねゆき)さん

演題

地方分権改革と自治体財政

 

講師・新藤先生
研修会の様子

羽村市議会では、平成19年度第2回目の議員研修会を開催しました。

いま、自治体の財政危機が叫ばれています。道路特定財源や、いわゆる「ふるさと納税」の件など、地方財政をめぐる議論も活発になってきています。
今回の研修会は、こうした自治体が直面する財政問題について、各議員が地方分権改革との関連で理解を深め、今後の議会活動に活かしていくことを目的に実施しました。

講師には、政治学者の新藤宗幸先生をお招きしました。先生は現在、日本行政学会理事長、自治体学会顧問、そして分権型政策制度研究センターのセンター長というお立場にあり、地方分権改革に対して、講演や論文、著書など、さまざまな角度から積極的な提言を行っておられます。

今回の講演では、第1次地方分権改革の成果・課題と第2次地方分権改革の現状、三位一体改革・補助金改革の影響などをご解説いただいたのち、地方分権改革のためには地方財政はどうあるべきかを、消費税や法人事業税の制度改革の観点からお話しいただきました。
同時に、特別会計、予算書の活用方法、事業評価と監査のあり方など、自治体の財政運営と議会の役割についても、ご提言をいただきました。

先生のお話からは、地方分権改革を進めて地方自治の充実を図ることは、市民生活の安定のため、次世代のために必要不可欠であるという強い思いがうかがえ、大変勉強になりました。

お問い合わせ

議会事務局

電話: 042-555-1111 (庶務係)内線412 (議事係)内線413

お問合せフォーム