ページの先頭です

平成20年議員研修会「いま、求められる議会像と議員像」

[2010年3月1日]

研修会写真
研修会写真

開催

平成20年8月1日(金)

講師

加藤幸雄(かとうゆきお)さん(専修大学講師・元全国市議会議長会調査広報部長)

演題

いま、求められる議会像と議員像

今回は、全国市議会議長会事務局に長年勤務され、退職後は専修大学講師、流通経済大学講師、日本経営協会専任講師として、地方議会についての教鞭をとられている元全国市議会議長会調査広報部長の加藤幸雄先生をお招きし、ご講演をいただきました。

講演内容

  1. 地方議会の制度と特色について
  2. 地方分権の推進について
  3. 分権時代に求められる議会像
    (1)議会の役割(条例の制定、行政の抑制・監視)
    (2)政策提案型議会、住民に分かりやすい議会
    (3)第2次議会改革
    (4)議会基本条例
  4. 分権時代に求められる議員像
    (1)議員の代表制
    (2)公務員、選良としての議員
    (3)政策通の議員

講師から以下のような議会像、議員像が望ましいとの提言がありました。
○提出された議案に対して、Yes,Noを決めるだけでなく、内容が市民の実情と異なる場合には議会自ら議案を修正して可決することや、議員が市民のためになる政策等を自ら議案として作成し議会に提出するなどの積極性が求められていること。
○議員は市民が主権者であり、議会は直接民主主義の代替であることを認識すること。
○議員は全体の奉仕者であり、先見性をもって総合的に判断することが求められていること。

議会に関する基本や現状を再確認するとともに、今後のあるべき姿を考えていく契機となり、今後の議会活動に向け、有意義な研修でした。

お問い合わせ

議会事務局

電話: 042-555-1111 (庶務係)内線412 (議事係)内線413

お問合せフォーム