ページの先頭です

平成14年度決算

[2010年3月1日]

平成14年度の一般会計決算は、主要財源である市税収入や普通交付税が減少するなど厳しい状況となりましたが、予算に定めた事業は、順調に執行し、所期の目的を達成することができました。
歳入の低下に対しては、行財政改革などで生み出した財源を、さまざまな事業の費用に充て、市民サービスが低下しないよう努めました。
今後も、限られた財源を有効に活用し、少ない経費で大きな効果をあげるよう、予算の適正な執行に努めていきます。

 

■ 歳入

歳入総額は、188億8,792万円で、前年度に比べて9,000万円の減少となりました。
その主な要因は、長引く景気の低迷に伴う個人所得や企業業績の低下などにより、市民税が4億5,803万円減少したこと、国の地方交付税制度の見直しにより普通地方交付税が減少したことなどによるものです。
主要財源の市税収入の減少は、財政運営に大きな影響を与えます。市では滞納整理特別対策などにより、市税収入の確保に努めました。
<平成14年度決算 歳入総額 18,887,929千円>
 額(千円)構成比(%)
市税10,590,16656.1
地方交付税188,6371.0
地方譲与税などの交付金1,518,2758.1
保育料などの負担金210,7201.1
使用料および手数料440,3052.3
国庫支出金1,337,5817.1
都支出金2,059,16210.9
繰越金・諸収入など1,683,9838.9
市債859,1004.5

 

 

■ 歳出

歳出総額は、186億4,998万円で、前年度に比べて9,765万円増加しました。
これは、ごみの戸別収集などに伴う経費、サバンナ園の整備、地方分権に伴う児童扶養手当の事務移管による経費などが増加したことが主な要因となっています。
<平成14年度決算 歳出総額 18,649,986千円>
 額(千円)構成比(%)
議会費235,2191.3
総務費2,289,26812.3
民生費5,811,96431.2
衛生費2,241,37612.0
労働・農林・商工費306,5661.6
土木費3,040,12216.3
消防費809,2524.3
教育費2,304,91412.4
公債費1,390,2567.4
諸支出金221,0491.2
 
平成14年度に行った主な事業
総務費◆まちづくりの推進のため「フォーラム」の開催や、まちづくり推進サークル支援事業補助金の創設を行いました。
◆広域行政を考える「広域行政シンポジウム」を開催しました。
◆双葉町会館の建設と中央地区学習等供用施設(中央館)の防音機能復旧工事を行いました。
民生費◆病後児保育施設整備補助や認証保育所の充実など、安心して生み育てられる保育環境の整備を図りました。
◆「夢・寿事業」として、老人クラブ地域活動支援の助成を行いました。
衛生費◆循環型社会の実現に向けてごみの減量と資源化を促進するため、戸別収集・一部有料化を実施しました。
◆地球温暖化防止対策として「住宅用太陽光発電システム設置費」の助成を行いました。
◆母子の健康づくりのための指針として羽村市母子保健計画を策定しました。
労働・農林・商工費◆地域経済の活性化を図るため産学官連携活性化会議を開催し、産学官連携活性化プランを策定しました。
◆工業地域内の企業立地を促進するため、土地利用実態調査を行いました。
◆農産物直売所への支援や端境期生産対策助成事業などを行いました。
土木費◆人にやさしい道づくりとして、市道第1002号線および2001号線の改良工事、JR青梅線間坂第一踏切の拡幅工事を実施しました。
◆魅力ある動物公園にするため、全国から園長を公募しました。
◆介山公園、根がらみ坂公園(仮称)、羽村駅西口整備用地の取得など、快適で便利・安全なまちづくりに努めました。
教育費◆特色ある教育の推進を図るため、小・中学校に琴、三味線などの和楽器を導入しました。
◆羽村出身の全国で活躍されている方の話を聴く小・中学生を対象とした「夢チャレンジセミナー」を実施しました。
◆総合的な学習の時間の充実を図るため、外部指導者など地域の人材活用を推進しました。
◆武蔵野小学校の大規模改造、各小・中学校の施設整備を図りました。

 

 

■ 性質別経費の状況

平成14年度決算 性質別経費の状況 <性質別経費 総額18,649,986千円>
 額(千円)構成比(%)
人件費3,536,32819.0
扶助費2,820,01915.1
公債費1,367,6027.3
物件費3,367,65418.0
補助費等3,107,13616.7
繰出金2,110,35411.3
投資的経費1,856,85310.0
その他484,0402.6
 
性質別経費の内訳
人件費職員の給与や市議会議員、各委員会の委員等に支給される報酬などです。歳出全体に占める割合は、多摩地域の自治体の中では低いレベルにあります。
扶助費高齢者・児童・心身障害者などを援助するための経費です。高齢化が進むにつれ、年々増加傾向にあります。
公債費建設事業などを行う際に借り入れた市債(借金)の償還金です。歳出に占める割合が大きくならないよう、計画的な借り入れを行っています。
物件費賃金、旅費、役務費、委託料などの消費的経費で、公共施設の維持管理費なども含まれます。
補助費等各種団体に対する助成金や西多摩衛生組合などの一部事務組合への負担金などです。
投資的経費公共施設の建設にかかる経費などで、双葉町会館の建設、サバンナ園整備事業、武蔵野小学校の大規模改造工事などを実施しました。

 

 

■ 一人あたりの支出金額

一般会計歳出決算額186億4,998万円を、平成15年3月末日現在の人口で割ると、市民一人あたり、32万9,371円で、各科目ごとの内訳は下表のとおりです。
<市民一人あたりの支出金額 32万9,371円>
民生費102,643円高齢者、障害のある方、保育などの福祉の充実に
土木費53,691円道路、公園や市街地の整備のために
教育費40,706円学校教育や文化・スポーツの振興に
総務費40,430円コミュニティの振興や行政運営のために
衛生費39,584円市民の健康を守ることやごみ処理などに
公債費24,553円市が借り入れた市債などの返済に
消防費14,292円火災や地震などの災害に備えて
労働・農林・商工費5,414円産業振興や消費者のために
議会費4,154円議会運営のために
諸支出金3,904円土地の取得などのために

 

 

■ 基金・市債・一時借入金

◆ 基金

中期・長期の財政運営に備えた積立金で、家庭でいう「貯金」にあたります。
平成14年度末の一般会計の基金残高は、77億6,740万円で、前年度と比べて2億8,271万円減少しています。公共施設の整備などに特定目的基金を活用したほか、市税の減収等による財源不足を財政調整基金により補ったためです。
市では、長期的な計画に基づき、この基金を年度間の財源調整や計画事業の実現に向け活用しています。

◆ 市債

家庭でいう「借金(ローン)」にあたります。
平成14年度末の一般会計の市債残高は、106億4,782万円となっています。
単年度のみの財源では賄いきれない大規模な建設事業などを行う場合に、国や都などから借り入れを行い、長期間にわたり返済する制度で、将来、羽村市に住んでこれらの施設を利用する方にも公平に負担(後年度負担)していただく意味も含まれています。

◆ 一時借入金

平成14年度の一時借入金の残高はありません。

◆ 市民一人あたりの額は

基金と市債の額を平成15年3月末日の人口で割ると
・基金 13万7,177円
・市債 18万8,047円

◆ 基金残高と市債残高の推移

基金残高と市債残高の推移 (単位:千円)
 基金市債
平成13年度末8,050,11810,839,691
平成14年度末7,767,40210,647,822

 

 

■ 特別会計

平成14年度決算 特別会計 (単位:千円)
区分歳入決算額歳出決算額歳入歳出差引額
国民健康保険事業会計3,890,2933,764,664125,629
老人保健医療会計3,024,2932,937,50286,791
介護保険事業会計1,435,9081,407,28528,623
 保険事業勘定1,387,6021,364,02423,578
 介護サービス事業勘定48,30643,2615,045
羽ケ上土地区画整理事業会計26,77326,324449
下水道事業会計2,071,2722,052,71918,553
※各会計とも適切な予算執行により、黒字決算となっています。

お問い合わせ

財務部財政課

電話: 042-555-1111 (財政担当)内線317

お問合せフォーム