ページの先頭です

施設に通う

[2010年3月1日]

通所介護(デイサービス)

老人デイサービスセンターなどが在宅の要介護者などに通所してもらい、入浴・食事の提供とその介護、生活などについての相談・助言、健康状態の確認等日常生活の世話と機能訓練を提供します。

サービスは、利用者の心身機能の維持とともに、社会的孤立感の解消や家族の身体的・精神的負担の軽減を目的とし、施設で作成する機能訓練などの目標やサービス内容などを定めた通所介護計画にもとづき行われます。とくに認知症性老人については、その特性に応じたサービスを提供することになっています。

介護や日常生活の世話は看護職員・介護職員や生活相談員が、機能訓練は機能訓練指導員が中心となって担当します。

保険給付の対象としない日常生活費

通所介護にともなう費用のうち、食材料費、おむつ代、その他の日常生活に通常必要で利用者負担が適当な費用は、保険給付の対象となりません。

通所リハビリテーション(デイケア)

介護老人保健施設や病院・診療所が、在宅の要介護者などに通所してもらい、心身の機能の維持回復を図り日常生活の自立を助けるための、理学療法・作業療法などの必要なリハビリテーションを提供します。

対象者は、病状が安定期にあり、上記施設で、診療に基づき実施される計画的な医学的管理下でのリハビリテーションが必要と、主治医が認めた要介護者などです。

サービスは、医師の指示とリハビリテーションの目標・サービスの内容などを定めた通所リハビリテーション計画に基づき行われます。とくに認知症性老人については、その特性に応じたサービスを提供することになっています。

サービスを担当する者は、医師の指示により、施設の理学療法士・作業療法士などが行います。

通所リハビリテーション計画は、医師などの従業者が、診療または運動機能検査や作業能力検査などをもとに、共同して作成します。

保険給付費の対象としない日常生活費

通所リハビリテーションにともなう費用のうち、食材料費、おむつ代、その他の日常生活に通常必要で利用者負担が適当な費用は、保険給付の対象となりません。

お問い合わせ

福祉健康部高齢福祉介護課

電話: 042-555-1111 (高齢福祉係)内線175 (介護予防・地域支援係)内線195 (介護保険係)内線142 (介護認定係)内線145

お問合せフォーム