ページの先頭です

中小企業振興資金融資制度

[2015年6月1日]

市内の中小企業者が行う設備投資等に要する資金について、市が利子の一部を補助します。

中小企業振興資金融資制度
融資種別運転資金設備資金開業資金一本化借換資金
限度額1,000万円3,000万円1,500万円既存融資残高の合計と信用保証料相当額の合計額
併用融資4,000万円
償還期間7年(84回)以内
<据置6か月>
10年(120回)以内
<据置6か月>
7年(84回)以内
<据置6か月>
7年(84回)以内
<据置6か月>
併用融資
7年(84回)以内<据置6か月>
償還方法元金均等月賦返済
利率1.6%(本人負担0.8%)
利子補給市では利用者の負担を軽減するため、金融機関に対して、
年利0.8%の利子補給を行います。 
保証料の補助保証料の2分の1、上限150,000円まで補助します。
ただし、一本化借換資金ご利用の際の、信用保証料の補助はありません。

取扱指定金融機関

  • 西武信用金庫 羽村支店  電話:042-554-4611
  • 西武信用金庫 小作支店  電話:042-555-0411
  • 西武信用金庫 長岡支店  電話:042-557-2212
  • 青梅信用金庫 羽村支店  電話:042-555-3211
  • 青梅信用金庫 瑞穂むさしの支店  電話:042-579-3611
  • 多摩信用金庫 羽村支店  電話:042-555-3111
  • 西多摩農業協同組合 本店営業課  電話:042-554-4521
  • 西多摩農業協同組合 小作支店  電話:042-554-0537
  • 山梨中央銀行 羽村支店  電話:042-555-2111
  • 三井住友銀行 福生支店  電話:042-552-3111
  • 三菱東京UFJ銀行 福生支店  電話:042-552-2711
  • 東京都民銀行 青梅支店  電話:0428-22-3141

融資の対象

  1. 運転資金
    商品・資材の仕入れ、買掛金・手形決済の支払い等、一時的に多額の資金を必要とする場合
  2. 設備資金(未着手に限る)
    工場・店舗の増改築、機械類の購入、設備の設置・改善等に要する資金を必要とする場合
  3. 開業資金(含む開業後1年未満)
    新たに中小企業者として事業を始めるために資金を必要とする場合
  4. 一本化借換資金
    市の同一の融資制度を利用して融資を受けた2口以上の資金を、一本に借り換える場合。ただし、1年以上約定どおり返済しているものに限る。

融資申込みに必要な要件

(1)運転資金・設備資金・開業資金・一本化借換資金共通の要件

  1. 中小企業基本法第2条に規定する中小企業者であること
  2. 東京信用保証協会の保証対象業種を営んでいること、または営む予定であること
  3. 東京信用保証協会または東京都農業信用基金協会の信用保証が得られること
    ※東京都農業信用基金協会では開業資金は取り扱っておりません
  4. 市税(市民税・固定資産税)の納税義務者で、既に納期の到来した市税を滞納していないこと
  5. 融資を受ける資金を、羽村市・青梅市・昭島市・福生市・あきる野市・瑞穂町・日の出町・檜原村・奥多摩町の区域内での事業資金として充当すること

(2)運転資金・設備資金の要件

  1. 市内に1年以上商業登記のある事業所を持つ法人、または市内に1年以上住所および事業所を持つ個人であること
  2. 融資の申込日現在、市内において引き続き1年以上同一事業を継続して営んでいること
  3. 車輌等の購入は、事業用であることがわかるように、車体側面に社名・社章等を明示すること ※切り貼り等で安易に取り外せる物は不可。

(3)開業資金の要件

  1. 市内に1年以上引き続き居住し、かつ市内でこれから事業を始めようとしていること。市内において開業後1年未満であること
  2. 許認可を必要とする事業を開業する場合は、既に許認可を取得していること
  3. 融資を受けた日から6か月以内に開業できること

一本化借換資金の要件

  1. 既に融資を受けている資金の償還を1年以上継続していること
  2. 借り換えにあたり、既に融資を受けている金融機関の同意を得られること

必要書類

(1)運転資金・設備資金・開業資金共通の必要書類

  1. 羽村市中小企業振興資金融資申込書
  2. 住民票の写し(法人については、登記事項証明書)
  3. 直近の納期到来分の市税(市民税・固定資産税)納税証明書
  4. 東京信用保証協会または東京都農業信用基金協会(開業資金は除く)の信用保証書の写し
  5. 印鑑登録証明書(法人については、印鑑証明書)
  6. 許認可が必要な事業については、許認可書の写し

※運転・設備資金において、再融資の場合には「決定通知書または融資依頼書の写し」と「借入残高証明書」が、羽村市外への事業資金の場合には「羽村市外の事業所が確認できるもの」を別途提出していただきます。

(2)運転資金の必要書類

  1. 融資資金の利用計画書(任意様式)
  2. 直近2年分の決算書および確定申告書の写し

(3)設備資金の必要書類

  1. 工事見積書または請負契約書の写し
  2. 設備、購入物のカタログ
  3. 建築確認を要するものは、建設確認書の写し
  4. 直近2年分の決算書および確定申告書の写し

(4)開業資金の必要書類

  1. 事業計画書
  2. 資金利用計画書
  3. 設備資金相当の部分は、設備資金について必要な書類に準じた書類

一本化借換資金について必要な書類

  1. 羽村市中小企業振興資金融資申込書
  2. 直近の納期到来分の市税(市民税・固定資産税)納税証明書
  3. 東京信用保証協会または東京都農業信用基金協会の信用保証書の写し
  4. 一本化する既存の融資資金に係る残高証明書
  5. 借換同意書の写し(一本化する既存の融資資金が複数の金融機関から融資を受けている場合)
  6. 直近2年分の決算書および確定申告書の写し

保証料の補助

東京信用保証協会または、東京都農業信用基金協会の保証を得たものについては、申請によりその保証料の2分の1を市が補助いたします。補助金額の上限は150,000円です。
ただし、一本化借換資金を除きます。

※繰上げ償還などにより、保証料の清算が行われて還付金が発生した場合は、交付済みの補助金額と清算後確定した保証料の1分の1の額との差額を市に返還いただく場合があります。詳しくは羽村市産業課まで問い合わせてください。

中小企業金融円滑化法の終了について

中小企業金融円滑化法終了後の対応について、金融庁が相談窓口を開設しております。以下のリンクからご覧ください。

金融庁のページ(別のサイトに移ります)

お問い合わせ

産業環境部産業振興課

電話: 042-555-1111 (商工観光係)内線655 (農政係)内線661 (消費生活係)内線640

お問合せフォーム