ページの先頭です

平成21年度上半期財政状況

[2010年3月1日]

市民の皆さんに、市の財政状況を知っていただくため、年2回、財政状況の公表を行っています。
今回は、平成21年度上半期(平成21年4月~9月)の収入・支出の状況、基金・市債の現在高などをお知らせします。

 

■各会計予算執行状況

各会計予算執行状況 (単位:万円、%)
区分予算現額収入済額収入率支出済額執行率
一般会計205億2,977102億6,40850.098億6,19048.0
特別会計国民健康保険事業53億3,72825億5,00743.723億9,69041.1
老人保健医療3,3182,95789.1160.5
後期高齢者医療6億4,7172億5,42239.32億1,20132.8
介護保険事業23億7,54111億55446.59億9,11641.7
羽村駅西口土地区画整理事業9億2,0082億1,95623.91億6,07017.5
下水道事業15億5,7036億9,29744.56億7,76243.5
水道事業会計予算執行状況 (単位:万円、%)
区分収入予算現額収入額収入率支出予算現額支出額執行率
水道事業会計収益的収支9億8,6934億9,74550.410億1,3104億5,21644.6
資本的収支146004億2,6631億8,36343.0

※資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額は、損益勘定留保資金などで補てんしています。

 

■一般会計予算科目別執行状況

一般会計予算科目別執行状況 (単位:万円、%)
歳入予算現額収入済額収入率構成比
市税102億9,41653億5,46452.052.2
都支出金23億5,9547億8,78733.47.7
国庫支出金20億4,9706億7,37332.96.5
繰入金15億2,10511億3,35874.511.0
使用料および手数料3億6,9991億7,26646.71.7
市債6億8,00000.00.0
その他32億5,55321億4,16065.820.9
205億2,997102億6,40850.0100.0
歳出予算現額支出済額執行率構成比
民生費75億11436億3,59448.536.9
総務費25億9,19913億7,36753.013.9
衛生費24億7,84210億8,44343.811.0
教育費22億6,1138億8,92739.39.0
土木費21億8,2539億83641.69.2
公債費12億7,3335億6,15344.15.7
その他22億4,14314億87062.814.3
205億2,99798億6,19048.0100.0
市税の内訳 (単位:万円、%)
税目予算現額収入済額収入率
市民税42億3,78019億8,81446.9
固定資産税48億1,43426億7,56055.6
軽自動車税5,4255,663104.4
市たばこ税3億6,1271億8,78352.0
都市計画税8億2,6504億4,64454.0
102億9,41653億5,46452.0

■基金・市債等

◆市債の状況

市債は、公共施設の建設など、多額の財源を補うことと、将来その施設などを利用する方にも建設経費を負担していただく(後年度負担)という2つの目的を持っています。

 

市債 (平成21年9月末残高)
一般会計109億2,211万円
特別会計羽村駅西口土地区画整理事業会計11億9,370万円
下水道事業会計85億5,720万円
小計97億5,090万円
合計206億7,301万円
水道事業会計 市債 (平成21年9月末残高)
水道事業会計54億1,990万円

◆一時借入金の状況

9月末現在、借入れはありません。

 

◆基金の状況

基金は、将来計画している事業の財源として、また、年度間の財源不足を調整することなどを目的として積み立てている資金です。

 

基金 (平成21年9月末残高)
基金(一般会計)42億7,668万円
内訳
財政調整基金16億3,660万円
減債基金213万円
特定目的基金26億3,795万円

◆市有財産の状況

市有財産 (平成21年9月末現在)
土地57万6,648.56平方メートル
建物15万6,776.27平方メートル

■補正予算の主な内容

平成21年度上半期の一般会計補正予算の状況は次のとおりです。

 

◆1号補正(補正額303,000円、予算現額19,120,303,000円)

期末手当の凍結分や4月の人事異動などに伴う増減、職員共済組合負担金の負担率の変更など、人件費の所要の増減額などについて措置しました。
そのほか、羽村駅西口土地区画整理事業に関する「公金支出差止等請求事件」控訴審などに対応するための弁護委託料を措置しました。

 

◆2号補正(補正額239,787,000円、予算現額19,360,090,000円)

市内法人の決算に伴い、前年度に予定納税されていた市税を還付する必要が生じ、過年度市税還付金の予算が不足するため、1億7,500万円増額しました。
また、国の「経済危機対策」に伴い、「地域活性化・経済危機対策臨時交付金」が交付されることとなり、この交付金を活用できる事業について措置しました。

 

◆3号補正(補正額282,824,000円、予算現額19,642,914,000円)

国の「経済危機対策」に伴う、「地域活性化・経済危機対策臨時交付金」、「住宅手当等緊急特別措置事業費補助金」、「学校情報通信技術環境整備事業費補助金」、「安全・安心な学校づくり交付金」、「緊急雇用創出事業臨時特例補助金」などが交付されることとなり、これらの補助金などを活用できる事業について措置しました。
歳入の面では、市税の市民税法人分が、市内法人の決算に伴い、減額する見込みとなり、3億6,000万円減額しました。
また、平成20年度決算の確定に伴う繰越金を計上し、国民健康保険事業会計、老人保健医療会計、後期高齢者医療会計、介護保険事業会計、羽村駅西口土地区画整理事業会計の各会計における決算剰余金を一般会計に繰り入れる措置を行いました。
歳出の面では、2号補正で増額した過年度市税還付金について、更に不足額が生じることから、2,300万円を増額しました。
また、羽村駅西口地区都市整備用地取得費用の増額に伴い、羽村駅西口土地区画整理事業会計への繰出金について所要額を措置しました。


今後も、市民サービスの向上のため、効果的・効率的な行政運営に努め、最少の経費で最大の効果をあげながら、健全な財政の維持に努めていきます。

お問い合わせ

財務部財政課

電話: 042-555-1111 (財政担当)内線317

お問合せフォーム