ページの先頭です

平成22年議員提出議案

[2011年1月31日]

平成22年議員提出議案

議員提出議案
番号件名要旨結果
第1号ヒブワクチン、子宮頸がんワクチン、肺炎球菌ワクチン等の定期接種化を求める意見書国に、必要な法律改正を行い、公的支援の対象とするとともにワクチンの安定供給の方策を講じるよう求める。22年3月26日
原案可決
第2号高齢者が安心して受けられる介護保険制度の実現を求める意見書国に対し、次の事項について要望する。
(1)介護保険制度に対して国庫負担を増やすなど、利用者の負担軽減策を講じること。
(2)実態に合った必要な介護が受けられるよう、制度の改正を行うこと。
(3)介護施設を増やし入所待機者を早急に解消するために、施設建設・運営に対する予算措置を講ずること。
(4)介護職場の労働者の賃金・労働条件を改善し人材確保を図ること。
22年6月18日
原案可決
第3号羽村市議会会議規則の一部を改正する規則羽村市議会会議規則(平成3年議会規則第2号)の第53条中「同一議題について」の次に「原則」を加える。22年10月4日
原案可決
第4号子ども手当財源の地方負担に反対する意見書子ども手当のような全国一律の現金支給については国が担当し、全額を負担すべきである。地方との十分な協議もないままに、来年度予算でも地方負担を継続されることに強く反対する。また、制度を存続させる場合は、最低限、現行の地方負担を廃止し、全額国庫負担で行うよう強く求める。22年12月22日
原案可決
第5号朝鮮民主主義人民共和国による大韓民国・大延坪島への砲撃に対して厳正な対応を求める意見書羽村市議会は、政府に、朝鮮民主主義人民共和国に対して厳正で毅然とした対応をするよう求める。
(1)朝鮮民主主義人民共和国の軍事挑発行為に対して毅然とした外交姿勢で臨むこと。
(2)今後、さらなる軍事的緊張や軍事紛争に発展しないよう、政府が主体的な役割を果たし関係各国や国際連合に働きかけること。
(3)朝鮮民主主義人民共和国の核兵器開発を含め、あらゆる軍事的な挑発行為に抗議し、拉致問題を早期に解決すること。
22年12月22日
原案可決
第6号子どもの育つ権利を最優先した保育制度改革を求める意見書国に、下記の事項について実施するよう要請する。
(1)子育てに関わる保護者負担の軽減を図るとともに、子育てと仕事の両立が図られるよう社会環境の整備を進めること。
(2)子どもの育つ権利を最優先し、保育の質を落とすことなく保育園の運営や環境整備に必要な支援を行うこと。
(3)幼保一体化等の保育制度改革が進められているが、拙速な判断によらず慎重な審議をするとともに、基礎自治体および幼稚園・保育園関係者からの意見を聞くこと。
22年12月22日
原案可決

お問い合わせ

議会事務局

電話: 042-555-1111 (庶務係)内線412 (議事係)内線413

お問合せフォーム