ページの先頭です

羽村市郷土博物館 企画展・特別展 平成22年度

[2012年2月17日]

平成22年度 終了した展覧会

  • 企画展「ひな人形展」〔平成23年2月1日(火)~3月6日(日)〕
  • 企画展「むかしのくらし」〔平成23年1月10日(月)~23日(日)〕
  • 季節展示「まゆ玉かざり」〔平成23年1月9日(日)~1月16日(日)
  • ミニ展示「ものからみる羽村の職人 その4 下駄屋」〔平成22年11月6日(土)~12月23日(木)〕
  • 企画展「中里介山の世界をみる~『大菩薩峠』の挿絵・自筆書画から~」〔平成22年9月25日(土)~12月19日(日)〕
  • ミニ展示「カワラノギク あれこれ」〔平成22年10月12日(火)~11月3日(水)〕
  • ミニ展示「ものからみる羽村の職人 その3 建具屋」〔平成22年9月11日(土)~10月31日(日)〕
  • ミニ展示「タカのなかま」〔平成22年9月8日(水)~10月11日(日)〕
  • 季節展示「お月見かざり」〔平成22年9月18日(土)~9月23日(木)〕
  • 企画展「みぃ~つけた! どうぶつたちのフィールドサイン」〔平成22年7月17日(土)~9月12日(日)〕
  • ミニ展示「ものからみる羽村の職人 その2 中根紺屋」〔平成22年7月24日(土)~9月5日(日)〕
  • ミニ展示「ものからみる羽村の職人 その1 桶職人」〔平成22年5月27日(木)~7月19日(月)〕
  • 企画展「七夕かざり」〔平成22年6月27日(日)~7月7日(水)〕
  • 企画展「土の中からこんにちは。~掘って・調べて・考古学~」〔平成22年4月29日(木)~7月4日(日)〕
  • 企画展「五月人形展~人形にこめられた想い~」〔平成22年4月11日(土)~5月9日(日)〕
  • 企画展「さくらとまつり」〔平成22年3月27日(土)~4月18日(日)〕

企画展「ひな人形展」

企画展「ひな人形展」

毎年行っている「ひな人形展」を今年も行います。

ひな人形には、美しく、守ってあげたくなるようなかわいさがあります。

時代と共に移り変わるひな人形の数々をご覧ください。

期間

平成23年2月1(火)~3月6日(日)

※休館日:月曜日

会場

羽村市郷土博物館 企画展コーナー・学習室・オリエンテーションホール・旧下田家住宅 施設の地図はこちら

入場料

無料

ひな人形

ひな人形

企画展「むかしのくらし」

企画展「むかしのくらし」

小学3年生を対象とした郷土学習週間にあわせ、明治~昭和30年代に使われていた生活に関する道具を展示します。

電化製品がなかった頃のくらしを振り返ってみませんか?

期間

平成23年1月10日(月)~23日(日)

※休館日:月曜日(1月10日は開館)

会場

羽村市郷土博物館 学習室・旧下田家住宅 施設の地図はこちら

入場料

無料

生活に関する道具

カマ(釜)

カマ

炊飯器

炊飯器

ヒノシ(火熨斗)

ヒノシ

アイロン

アイロン

双鈴式電話機

双鈴式電話機

黒電話

黒電話

季節展示「まゆ玉かざり」

養蚕のさかんだった羽村では、新しい年のはじまりにまゆの豊作をねがい、まゆに見立てただんごをつくってかざりました。

羽村市郷土博物館では、体験学習会「まゆ玉だんごをつくろう!」 【平成23年1月8日(土)午後1時半~3時半】でつくった「まゆ玉かざり」を展示します。

期間

平成23年1月9日(日)~1月16日(日)

※休館日:月曜日(1月10日は開館)

※お正月かざりは平成23年1月4日(火)から展示しています。

会場

羽村市郷土博物館 オリエンテーションホール・旧下田家住宅 施設の地図はこちら

入場料

無料

平成21年度の体験学習会でつくった「まゆ玉かざり」展示風景

平成21年度の体験学習会でつくった「まゆ玉かざり」展示風景

ミニ展示「ものからみる羽村の職人 その4 下駄屋」

ミニ展示「ものからみる羽村の職人 その4 下駄屋」

昭和45年頃までの羽村では、歯入れのみを行っている所も含めて下駄屋が7軒ありました。

今回の展示では、かつての羽村の下駄屋、下駄の製作工程についてお伝えします。

下駄の製作工程に合わせて下駄作りの道具・製作途中の下駄を展示するので、視覚的に下駄作りを知ることができます。

期間

平成22年11月6日(土)~12月23日(木)

※休館日:月曜日

会場

羽村市郷土博物館 オリエンテーションホール 施設の地図はこちら

入場料

無料

企画展「中里介山の世界をみる~『大菩薩峠』の挿絵・自筆書画から~」

企画展「中里介山の世界をみる~『大菩薩峠』の挿絵・自筆書画から~」

長篇小説『大菩薩峠』の作者、中里介山は羽村に生まれ育ちました。今回の展示では、自筆の書画や、『大菩薩峠』の挿絵を通して、中里介山の世界をご覧いただきます。

期間

平成22年9月25日(土)~12月19日(日)

※休館日:月曜日(10月11日は開館)

会場

羽村市郷土博物館 企画展コーナー・学習室 施設の地図はこちら

入場料

無料

展示風景

展示風景(1)
展示風景(2)

ミニ展示「カワラノギク あれこれ」

ミニ展示「カワラノギク あれこれ」

10~11月は、カワラノギクの花が咲く時期です。

今回のミニ展示ではカワラノギクについて、模型や写真をつかって紹介します。

期間

平成22年10月12日(火)~11月3日(水)

会場

羽村市郷土博物館 オリエンテーションホール 施設の地図はこちら

入場料

無料

ミニ展示「ものからみる羽村の職人 その3 建具屋」

ミニ展示「ものからみる羽村の職人 その3 建具屋」

昭和30年代、羽村には建具屋が10軒ほどありました。桶屋、紺屋にひきつづき、「ものからみる羽村の職人」第3弾では、建具職人がつかう鉋(かんな)を中心に羽村の建具屋を紹介します。

期間

平成22年9月11日(土)~10月31日(日)

※休館日:月曜日(9月20日は開館)

会場

羽村市郷土博物館 オリエンテーションホール 施設の地図はこちら

入場料

無料

ミニ展示「タカのなかま」

ミニ展示「タカのなかま」

9月12日(日)に開催する博物館講座「多摩川をわたるタカ」にあわせて、羽村で見ることができる猛禽類(タカ、フクロウ)を中心に剥製を展示します。

とくに、毎年9月半ば~10月はじめにかけて、繁殖にするために南下するタカの仲間(サシバ、ハチクマ)について紹介します。

期間

平成22年9月8日(水)~10月11日(日)

※休館日:月曜日

会場

羽村市郷土博物館 オリエンテーションホール 施設の地図はこちら

入館料

無料

季節展示「お月見かざり」

季節展示「お月見かざり」

今年の中秋の名月は9月22日です。十五夜にあわせて、郷土博物館では旧下田家住宅の縁側にお月見かざりを飾ります。澄み渡った秋の空の下、旧下田家の縁側でゆったり過ごしてみませんか。

期間

平成22年9月18日(土)~9月23日(木)

※休館日:月曜日(9月20日は開館)

会場

羽村市郷土博物館 旧下田家住宅 施設の地図はこちら

入場料

無料

企画展「みぃ~つけた! どうぶつたちのフィールドサイン」

企画展「みぃ~つけた! どうぶつたちのフィールドサイン」

この木の実を食べたの、だぁ~れ?足あとやフンだけでなく、木の実の食べかたも動物によってちがいます。

羽村周辺で観察できる動物の痕跡(フィールドサイン)を、標本や写真をつかって紹介します。

何気なく歩いている道にも、よく見ると動物たちが残したフィールドサインがあるかもしれませんよ。

もっとちかくで見てみよう!

標本をつかって学芸員が動物のおはなしをします。

期間中の水曜・木曜(各日2回11時~/午後2時~)、企画展コーナーにて、事前申込不要

期間

平成22年7月17日(土)~9月12日(日)

※休館日:月曜日

会場

羽村市郷土博物館 企画展コーナー 施設の地図はこちら

入場料

無料

展示風景

展示風景(1)
展示風景(2)

ミニ展示「ものからみる羽村の職人 その2 中根紺屋」

ミニ展示「ものからみる羽村の職人 その2 中根紺屋」

かつて羽村で開業していた中根紺屋にまつわる資料の中から、染色時に用いる道具類(型紙・シンシ・色見本)と、実際に中根紺屋にて染色された半纏を展示します。

また、染色の工程や道具の使用法などについて、パネルにて解説します。

期間

平成22年7月24日(土)~9月5日(日)

※休館日:月曜日

会場

羽村市郷土博物館 オリエンテーションホール 施設の地図はこちら

入場料

無料

ミニ展示「ものからみる羽村の職人 その1 桶職人」

ミニ展示「ものからみる羽村の職人 その1 桶職人」

桶作りの工程に合わせて、使用する道具を展示しています。

実際に使用されていた桶作りの道具をご覧ください。

期間

平成22年5月27日(木)~7月19日(月)

※休館日:月曜日(7月19日は開館)

会場

羽村市郷土博物館 オリエンテーションホール 施設の地図はこちら

入場料

無料

展示風景

桶・タライなど

企画展「七夕かざり」

企画展「七夕かざり」

古来より7月7日は、天の川の両岸にいる織姫と彦星が年に一度逢うことができる日だと伝えられています。そして、この日に願いごとを書いた短冊を笹の葉につるすと願いがかなうと言われています。

来館された方は、願いごとを書いた短冊や、おりがみでつくったかざりを七夕かざりにかざることができます。

皆さんの願いを込めた七夕かざりをつくってみませんか?

期間

平成22年6月27日(日)~7月7日(水)

※休館日:月曜日

会場

羽村市郷土博物館 オリエンテーションホール・旧下田家住宅 施設の地図はこちら

入場料

無料

展示風景

七夕かざり(オリエンテーションホールにて)
七夕かざり(旧下田家住宅にて)

企画展「土の中からこんにちは。~掘って・調べて・考古学~」

企画展「土の中からこんにちは。~掘って・調べて・考古学~」

 「考古学」ってなに? 「発掘調査」ってどんなことするの? みなさんの疑問にお答えします!

 実際の発掘現場ではどのような作業が行われているのか、発掘調査をすることで何がみえてくるのかということを、実際に現場で使う機材や、羽村にある遺跡からの出土品を用いてわかりやすく解説いたします。

 考古学って土を掘るだけじゃないんですよ!

期間

平成22年4月29日(木)~7月4日(日)
※休館日:月曜日(5月3日は開館)

会場

羽村市郷土博物館 企画展コーナー 施設の地図はこちら

入場料

無料

ポスター

企画展「土の中からこんにちは。~掘って・調べて・考古学~」ポスター

展示風景

発掘現場で使う道具
発掘現場で使う道具・測量で使う道具
発掘された道具

企画展「五月人形展~人形にこめられた想い~」

年中行事の一つである「端午の節句」は男児の成長を祝う節句とされ、古来より羽村でも嫁の実家や親戚から鯉のぼりや武者人形などが贈られる風習がありました。

この企画展では、市内の皆さんより寄贈された五月人形飾りを展示します。

また、屋外展示として鯉のぼりも揚げます。

期間

平成22年4月11日(土)~5月9日(日) 

※休館日:月曜日(5月3日は開館)

会場

羽村市郷土博物館 オリエンテーションホール・旧下田家住宅 施設の地図はこちら

入場料

無料

五月幟

五月幟(ゴガツノボリ)

鯉のぼりと旧下田家住宅

鯉のぼりと旧下田家住宅

企画展「さくらとまつり」

桜の開花時期に合わせて、羽村堰の桜とさくらまつりに関する企画展を行います。堰のお花見やさくらまつりの写真、桜に関する資料などを展示します。

期間

平成22年3月27日(土)~4月18日(日)
※休館日:月曜日

会場

羽村市郷土博物館 企画展コーナー 施設の地図はこちら

入場料

無料

鍾馗櫻(「小金井桜花図説」より)

鍾馗櫻(ショウキザクラ)

富士見櫻(「小金井桜花図説」より)

富士見櫻(フジミザクラ)

終了した展覧会

お問い合わせ

教育委員会 生涯学習部郷土博物館

電話: 042-558-2561

お問合せフォーム