ページの先頭です

平成21年度水道事業会計決算の概要

[2011年10月14日]

総括事項

水需要の動向

水需要の動向
区   分単 位平成21年度平成20年度比   較
増減増減率 (%)
年度末給水人口57,70257,5601420.25
年度末給水世帯数世帯24,75024,6181320.54
年度末給水栓数27,97927,5833961.44
年間総配水量立方メートル7,023,5807,074,870-51,290-0.72
有収水量立方メートル6,498,1876,661,847-163,660-2.46
有収率9394-1.64
受水量立方メートル000
  • 年度末給水人口、年度末給水世帯数は微増したものの、配水量及び有収水量は減少となりました。
  • 有収水量は6,498,187立方メートルで、景気後退の影響や節水意識の向上により、前年度と比較すると2.46%減少しています。

実施事業の内容

  1. 【管路の耐震化】 既設の硬質塩化ビニール管の管種替工事を実施しました。(延長333.0m)
  2. 【膜エレメントの交換修繕】 高度浄水処理施設の機能の維持向上を図るため、膜エレメントの交換修繕等を実施しました。
  3. 【羽村堰下橋添架配水管布設替工事】羽村堰下橋に添架した配水管の経年劣化に対処するため、延長340.4mの布設替工事を実施しました。
  4. 【水道ビジョンの策定】事業の課題と今後の施策の方針をまとめた水道ビジョン(計画期間:平成22年度~33年度)を策定しました。

収支

収益的収支(事業の管理・運営に関する収入支出)

前年度比較(単位:千円、%、税抜き)
区分平成21年度平成20年度増減額増減率
事業収益937,995986,851- 48,856-4.95
 給水収益870,930912,857- 41,927-4.59
事業費用936,365958,408- 22,043-2.30
当年度純損益1,63028,443- 26,813-
収益的収支円グラフ

資本的収支(施設の建設・改良などに関する収入支出)

前年度比較(単位:千円、%、税抜き)
区分平成21年度平成20年度増減額増減率
資本的収入 0 0 0
資本的支出388,995562,567- 173,572-30.85
 建設改良費72,66576,016- 3,351-4.41
企業債償還金316,330486,551- 170,221-34.99
 収支差引- 388,995- 562,567173,572-
資本的収支円グラフ

財務諸表

損益計算書(単位:千円)
1 営業収益924,637
2 営業費用738,010
     営業利益186,627
3 営業外収益13,358
4 営業外費用197,511
     経常利益2,474
5 特別損失844
     純利益1,630
貸借対照表(単位:千円)
資 産負 債
固定資産
(土地・建物・配水管など)
7,903,093流動負債
(未払金など)
45,911
資 本
流動資産
(現金預金・未収金など)
645,929資本金6,738,717
(自己資本金)(1,478,604)
(借入資本金)(5,260,113)
剰余金1,764,394
(資本剰余金)(1,504,895)
(利益剰余金)(259,499)
資産合計8,549,022負債・資本合計8,549,022

決算書

平成21年度 羽村市水道事業会計決算書

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

上下水道部(水道事務所内)上下水道業務課

電話: 042-554-2269 (業務係)

お問合せフォーム