ページの先頭です

平成23年第6回羽村市教育委員会(定例会)会議録

[2012年12月11日]

平成23年第6回羽村市教育委員会(定例会)会議録

日時

平成23年5月17日(火) 午後1時30分~1時56分

場所

市役所東庁舎4階 特別会議室

出席者

委員長 志田保夫、職務代理者 野崎喜久美、教育委員 並木恒延、教育委員 島田哲一郎、教育長 角野征大

議題

日程第1 会議録署名委員の指名について

日程第2 教育長報告

日程第3 教育委員会委員活動報告

日程第4 議案第13号 羽村市スポーツ振興審議会条例の一部を改正する条例の意見聴取について

日程第5 議案第14号 平成23年度羽村市一般会計補正予算(第1号)のうち教育費に係る部分の意見聴取について

日程第6 議案第15号 専決処分の承認を求めることについて〔教育委員会職員の人事について〕

日程第7 報告事項 平成24年度羽村市立中学校使用教科用図書の採択事務の日程等について

 

会議の内容

経過報告

委員長 ただいまの出席委員は、5名であります。

定足数に達しておりますので、ただいまから平成23年第6回羽村市教育委員会(定例会)を開会いたします。

本日の議事日程は、あらかじめお手元に配布したとおりです。

 

1.日程第1 会議録署名委員の指名

委員長 会議録署名委員の指名を行います。

会議録署名委員は、羽村市教育委員会会議規則第34条の規定により、委員長において並木恒延委員を指名いたします。よろしくお願いいたします。

 

2.日程第2 教育長報告

委員長 教育長報告を行います。教育長、お願いします。

教育長 4月19日から今日に至るまでを簡単に、報告申し上げます。

各学校とも順調にスタートしているところであります。特に、今回は羽村東小学校を学校訪問していただきましたが、計画的に順次、訪問しながら、その学校の状況について、教育委員の皆様にもぜひ把握していただきたいと思っております。PTA総会や地区委員会の総会等に、かけ持ちで出席いただき、教育委員の皆様にご苦労をおかけしていますが、まだ幾つかの地区が残っていると思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

来週から、羽村第二中学校の職場体験が始まりますが、その説明会等も既に終わっております。順調に二中から始まって、秋口には三中、一中と実施しますが、こういう時期でありますので、それぞれ子どもたちがお世話になる事業所・小売店等でしっかりした体験学習ができるように、重ねて校長先生や担当に伝えてあるところであります。

被災地の派遣についてですが、ご承知のとおり、武蔵野小の千葉先生と、栄小の甲斐崎先生が派遣されています。千葉先生の場合は新聞で2回報道されていますが、甲斐崎先生も南三陸の入谷小学校で理科専科で活躍していると校長から話を聞いております。たまたま、明日の朝早く、南三陸方面に市役所から支援物資を運搬する職員が3人行きますので、もし何かあれば連絡くださいと校長にはお願いしていますが、物資運搬の職員3人にも、少しでも時間があったら、入谷小に寄って斐崎先生の様子を聞いてみてくれと、私から頼んであります。

それから、今、交通安全週間になっていますが、先日の8日、春の交通安全フェスティバルが開催されました。武蔵野小学校吹奏楽団と羽村第三中学校吹奏楽部の合同演奏や、児童・生徒の作品や標語コンクール等も行いました。これは福生警察署、福生交通安全協議会としては、内容的に初めての試みでした。今までは歌手を呼ぶなどのイベントでしたが、小・中学生が全面に出て、そういう取組みをするということは、交通安全協議会や福生警察署のほうからの依頼もありましたけれど、羽村市教育委員会と学校は全面的に協力して取り組んできました。これも、またいずれ子どもたちの安全という面では、効果的な状況をつくり出すのではないか思っております。

各町内会、39のうち、今回は13名の町内会長、自治会長が交代になりましたが、それぞれの地区で、小・中学生が、例えば登下校の安全指導というところでお世話になりますので、新たな町内会長、自治会長も含めまして、先日の総会の席でいろいろなお願いをしてきたところであります。

もう一つ、小中一貫教育については、また後で羽村市の進捗状況について報告があると思いますが、檜原村で、先日の14日、非常に大々的に小中一貫校「檜原学園」として開園式が行われました。小・中それぞれ1校ずつですが、檜原村の中で、非常に小規模校でもいろいろな工夫をして、子どもたちの学習に効果的な方法として取り入れているということを感じました。羽村市の中でも、当然でありますが、武蔵野小、三中に続いて、この一年近くかけて、よく研究しながら、実のある小中一貫教育が進められるように、今後とも学校教育課を中心に取り組んでまいりたいと思っております。

簡単ですが、教育長報告といたします。

委員長 ありがとうございました。

以上で報告が終わりました。これから質疑を行います。何か質問ございましたらお願いします。よろしいでしょうか。

私も交通安全フェスティバルの標語を何枚か、正面に飾ってあったのを見ました。選ばれた評語は安全協議会が使用するのでしょうか。あるいは、市のほうで使用されるのでしょうか、そういう予定はないですか。

教育総務課長 選ばれた作品については、市で活用していく予定です。

委員長 わかりました。ありがとうございます。

よろしいでしょうか。

(質疑なし)

それでは、以上で質疑を終了します。教育長報告は以上で終了いたしました。

 

3.日程第3 教育委員会委員活動報告

委員長 教育委員会委員活動報告を行います。

教育委員の4月19日から5月17日までの活動については、別紙に記載のとおりであります。

どなたかご質問、あるいは追加がございますか。野崎委員。

野崎委員 追加をお願いします。

23日の土曜日、はむすぽのつどいに参加させていただきました。29日の金曜日は、羽村東小と小作台小学校の学校公開に行ってきました。5月10日火曜日の小学生オーケストラ鑑賞教室は子どもたちと一緒に見させていただきました。14日の土曜日は、武蔵野小学校と三中の公開授業へ行ってまいりました。

委員長 追加をよろしくお願いします。

教育長 野崎委員には、いろいろなところに行っていただいているので、事前に事務局で把握して、きちんとご本人に確認しながら報告してください。落ちのないように。その上で追加があれば、この場で報告をお願いします。ほかに、行っていないですか。

並木委員 最近は行っていないです。

委員長 ありがとうございます。

では、追加4件、よろしくお願いします。

以上で質疑を終了します。教育委員会委員活動報告は以上で終了いたしました。

 

4.日程第4 議案第13号 羽村市スポーツ振興審議会条例の一部を改正する条例の意見聴取について

委員長 議案第13号 羽村市スポーツ振興審議会条例の一部を改正する条例の意見聴取について、提案者から提案説明を求めます。教育長、お願いします。

教育長 議案第13号 羽村市スポーツ振興審議会条例の一部を改正する条例の意見聴取について、ご説明いたします。

本議案は、地方教育行政の組織および運営に関する法律第29条の規定により、教育委員会の意見を聴取する必要があるため、その内容を説明し、意見を求めるものです。

細部につきましては、教育部長よりご説明申し上げますので、よろしくご審議の上、ご決定くださいますようお願いいたします。

委員長 教育部長、お願いします。

教育部長 それでは、議案第13号、羽村市スポーツ振興審議会条例の一部を改正する条例の意見聴取についての細部説明をいたします。お手元に配布の羽村市スポーツ振興審議会条例新旧対照表をごらんいただきたいと思います。

今回、教育委員会組織における体育課の名称をスポーツ振興課に改めたことによりまして、本条例第7条に規定している「教育委員会体育課」を「スポーツの振興に関する事務を所管する課」に改めるものでございます。

付則として、この条例は、公布の日から施行するというものでございます。

今回の組織改正と人事異動の決定につきましては、3月の議会定例会以後であったために、本年度最初の定例会であります6月議会に本条例の改正案を提案させていただくものでございます。

なお、今回の改正に当たりましては、体育という名称をスポーツに変更しておりますが、スポーツ振興法、あるいは地方教育行政の組織および運営に関する法律においても、教育委員会が行う職務についてスポーツという名称が用いられていること、また、26市においても17市がスポーツという名称を用いていること、さらに、東京都においては、昨年の7月からスポーツ振興局が設置されたことなどを踏まえまして、本市においてもスポーツ振興課という名称に改めたものでございます。

以上、よろしくお願いいたします。

委員長 ありがとうございました。

以上で説明が終わりました。これから質疑を行います。何か質問がございましたらお願いします。

(質疑なし)

以上で質疑を終了します。

お諮りいたします。日程第4 議案第13号 羽村市スポーツ振興審議会条例の一部を改正する条例の意見聴取については、原案のとおり承認することにご異議ありませんか。

(「異議なし」との声有り)

ご異議なしと認めます。よって本案は、原案のとおり承認することに決定いたしました。

 

5.日程第5 議案第14号 平成23年度羽村市一般会計補正予算(第1号)のうち教育費に係る部分の意見聴取について

委員長 議案第14号 平成23年度羽村市一般会計補正予算(第1号)のうち教育費に係る部分の意見聴取についてを議題といたします。提案者から提案説明を求めます。教育長、お願いします。

教育長 議案第14号 平成23年度羽村市一般会計補正予算(第1号)のうち教育費に係る部分の意見聴取について、ご説明いたします。

本議案は、地方教育行政の組織および運営に関する法律第29条の規定により、平成23年度羽村市一般会計補正予算のうち教育費に係る部分について、教育委員会の意見を聴取する必要があるため、その内容を説明し意見を求めるものです。

細部につきましては、教育部長よりご説明申し上げますので、よろしくご審議の上、ご決定くださいますようお願いいたします。

委員長 教育部長、お願いします。

教育部長 それでは、議案第14号、平成23年度羽村市一般会計補正予算(第1号)のうち教育費に係る部分の意見聴取について、詳細の説明をいたします。補正予算(第1号)概要説明書をごらんいただきたいと思います。

今回の補正予算につきましては、教育委員会関係の人事異動に伴う職員人件費もございますが、主には緊急雇用創出事業臨時特例補助金を活用した事業のものとなります。この補助金につきましては、今回の東日本大震災の被災者の関係も含みますが、急激な経済情勢の変動で離職を余儀なくされた非正規労働者および中高年齢者等に対し、臨時的、一時的な雇用・就業機会を提供するもので、事業費に占める新規雇用の失業者の人件費割合が5割以上となることなどが要件となります。

歳入では、教育費に係る部分が、詳細説明の欄にございますように、83万円となります。これは歳出のほうも同額ですが、具体的には歳出の詳細説明欄にございますように、総務費関係で、埋蔵文化財の整理事務で41万2,000円。社会教育施設等の除草で30万2,000円。それと、教育費関係で、埋蔵文化財調査整理用消耗品が11万6,000円となってございます。また、その下ですが、人事異動に伴う職員人件費が230万円となります。

以上、簡単ではございますが、議案第14号の詳細説明とさせていただきます。よろしくお願いします。

委員長 ありがとうございました。

以上で説明が終わりました。これから質疑を行います。ご質問ございますか。よろしいでしょうか。

(質疑なし)

以上で質疑を終了いたします。

お諮りいたします。日程第5 議案第14号 平成23年度羽村市一般会計補正予算(第1号)のうち教育費に係る部分の意見聴取については、原案のとおり承認することにご異議ありませんか。

(「異議なし」との声有り)

ご異議なしと認めます。よって本案は、原案のとおり承認することに決定いたしました。

 

6.日程第6 議案第15号 専決処分の承認を求めることについて〔教育委員会職員の人事について〕

委員長 議案第15号 専決処分の承認を求めることについて〔教育委員会職員の人事について〕の件を議題といたします。

提案者から提案理由の説明を求めます。教育長、お願いします。

教育長 議案第15号 専決処分の承認を求めることについて〔教育委員会職員の人事について〕、ご説明いたします。

本件は、教育委員会の議決事項である教育委員会事務局職員の人事について、5月16日付で発令することとなったため、教育委員会の議決すべき事件について、特に緊急を要するため、教育委員会を招集する時間的余裕がないことが明らかであったことにより、教育長に対する事務委任規則第3条第1項の規定に基づき、教育委員会職員の人事について、専決処分させていただいたもので、同規則第2条の規定に基づき、教育委員会に報告し、承認を求めるものです。

内容につきましては、別紙、専決処分書に記載のとおりであります。

以上、よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願いいたします。

委員長 以上で、説明が終わりました。

これから質疑を行います。このことについて、何かご質問ございますでしょうか。

(質疑なし)

それでは、以上で質疑を終了します。

お諮りいたします。日程第6 議案第15号 専決処分の承認を求めることについて〔教育委員会職員の人事について〕の件は、原案のとおり承認することにご異議ありませんか。

(「異議なし」との声有り)

ご異議なしと認めます。よって本案は、原案のとおり承認することに決定いたしました。

 

7.日程第7 報告事項 平成24年度羽村市立中学校使用教科用図書の採択事務の日程等について

委員長 報告事項です。平成24年度羽村市立中学校使用教科用図書の採択事務の日程等について、担当者から説明を求めます。教育部参事、お願いします。

教育部参事 それでは、平成24年度羽村市立中学校使用教科書の採択事務の日程等について、ご説明をさせていただきます。

資料として、まず最初にありますのが、採択事務にかかわる日程になります。本日、教育委員会において採択事務の説明、または報告ということで、これからお話をさせていただきます。

昨年度、小学校の教科用図書の採択がございました。今年度は、新しい学習指導要領に基づく中学校の教科用図書の採択と、毎年行っております特別支援学級用の教科用図書の採択ということで、お願いをいたします。

この採択に伴いましては、昨年度の小学校と同じように、教科用図書選定調査委員会と教科用図書選定協議会と、2つの委員会をもって資料を作成いたします。

まず、選定調査委員会です。5月19日に、各中学校から出していただいている教科用図書の調査資料を作成する委員を集めての委嘱と事業説明を行います。教科が多岐にわたるため、19日、20日の2日間を用いて、委員に対して委嘱、または事業事務の説明をいたします。その後、それぞれの教科ごとに、委員長を中心に資料作成・検討を行っていきます。あわせて、6月10日から7月8日まで、教科書の展示会を行います。場所は教職員研修センター、羽村市図書館の2か所を予定しております。

6月23日、教科用図書選定協議会を開催いたします。ここでは、委員の委嘱、それから採択事務についての説明を行います。7月8日、これまで教科ごとに進めていた調査資料の作成のまとめを行います。11日までに研究資料等の提出を求め、その資料をもとに7月14日に第2回目の教科用図書の選定協議会を開き、そこで資料等の説明をしていただきます。また、8月16日の教育委員会で予定しております教科用図書の採択に向けての最終準備を行います。

この7月14日から8月16日までの間に、教育委員のみなさんに中学校の教科用図書の解説を我々のほうで行う予定でおりますので、よろしくお願いいたします。8月16日の教育委員会での採択の結果を、8月下旬に東京都教育委員会へ届け出るということで、採択事務が終了いたします。

裏面になります。教科用図書採択に係る組織ということで、今申し上げた選定協議会、それから、下のほうにあります、各教科ごとに帯になっておりますのが調査委員会になります。調査委員会は、国語から英語まで9教科、教科ごとの選定協議会と、後ほど要綱をご説明させていただきますが、特別支援学級用の教科用の選定調査委員会の10個の委員会からなっています。資料の作成または検討を依頼しております。

次のページです。この教科用図書の採択にかかわる要綱等をお示しさせていただいております。まず最初にございますのが、羽村市公立学校使用教科用図書採択に関する要綱で、中学校の教科用図書だけではなく、小学校用、特別支援学級用の本市で採用している教科用図書の採択に関する要綱になっております。

次に、今年度実際に採択することになります中学校の使用教科用図書選定協議会要綱をお示しさせていただきます。第3条には選定協議会の委員を挙げてございますので、ご確認をお願いいたします。

2枚ほどめくっていただくと、中学校の使用教科用図書の採択要領ということで、中学校の教科用図書の採択についての目的、採択時期、採択の基準、採択に向けての資料作成の調査基準等が裏面にわたって挙げてございます。

最後に、特別支援学級使用教科用図書の選定協議会の要綱をつけてございます。これについては、毎年必ず行うことになっておりますので、昨年度お示しさせていただいたものと同様のものになっております。

以上です。

委員長 ありがとうございました。

以上で説明が終わりました。これから質疑を行います。ご質問ございましたらお願いします。

並木委員、お願いします。

並木委員 調査委員会の委員の選定は、どのようにしているのですか。

委員長 教育部参事、お願いします。

教育部参事 主に、校長先生方、副校長先生方に各教科ごとの長になっていただいて、各中学校の教科の担当から、この教科教育に精通している者を選んでいただいて、編成をしていくという形になっております。

並木委員 校長先生が推薦という形になりますか。

教育部参事 はい。ご推薦をいただきます。

並木委員 わかりました。

委員長 ほかには。野崎委員。

野崎委員 前回の小学校の採択のときにはなかったのですが、以前、全部の出版社の教科書を並べて、事前に委員長と委員の先生方にプレゼンのような形で、こういう理由でこの教科書を選びましたという説明がありました。そのスケジュールはないのですか。

委員長 教育部参事、お願いします。

教育部参事 先ほど日程の説明の中で、触れさせていただいたのですが、7月14日から8月16日の教育委員会までの間に、今、委員がおっしゃったような形で、ご説明させていただく機会を設定させていただきます。ただ、説明が選定委員になるのか、協議会のメンバーになるのか、我々の指導主事になるのか相談させていただきます。

委員長 わかりました。よろしいでしょうか。

(質疑なし)

それでは、以上で質疑を終了します。

これをもちまして、平成23年第6回羽村市教育委員会(定例会)を閉会いたします。

ありがとうございました。

お問い合わせ

教育委員会 生涯学習部生涯学習総務課(総務係)

電話: 042-555-1111 (総務係)内線352

お問合せフォーム


平成23年第6回羽村市教育委員会(定例会)会議録への別ルート