ページの先頭です

平成24年度第1回羽村市文化財保護審議会会議録

[2013年8月14日]

平成24年度第1回羽村市文化財保護審議会会議録

日時

平成24年4月16日(金)午後3時40分~午後4時45分

会場

羽村市生涯学習センターゆとろぎ特別会議室

出席者

委 員 和田哲、坂上洋之、白井裕泰、坂詰智美、金子淳、島田秀男

事務局 生涯学習部生涯学習総務課長 市川康浩、

同生涯学習推進係 清水浩美

欠席者

畔上直樹

議題

1 あいさつ

2 自己紹介

3 議長・副議長の選出

4 平成23年度第4回羽村市文化財保護審議会会議要旨の確認について

5 「羽村市文化財保護審議会会議運営マニュアル」の確認について

6 その他

傍聴者

なし

配布資料

  1. 平成23年度第4回羽村市文化財保護審議会会議録
  2. 羽村市文化財保護審議会会議運営マニュアル
  3. 羽村市生涯学習基本計画(平成24~33年度)

会議の内容

1 あいさつ

(生涯学習総務課長) お忙しい中お集まりいただきありがとうございます。文化財保護審議会を担当することになりました。よろしくお願いします。

 羽村市では、平成24年度から10年間の第五次羽村市長期総合計画を策定しました。また、羽村市生涯学習基本計画も策定し、スタートしたところです。今年は、羽村市の「教育元年」と位置づけ、部の名称も教育部から生涯学習部に変更しました。この体制で今後、進めてまいりますのでよろしくお願いします。

2 自己紹介

 (事務局) 本来であれば会長司会の下、進めていただく審議会ではありますが、会長が選出されるまで事務局で進めさせていただきます。

 では、各委員の自己紹介をお願いします。

(委員) (各委員自己紹介)

(事務局) ありがとうございました。では、欠席委員の紹介をさせていただきます。(欠席委員紹介)

3 議長・副議長の選出

(事務局) では、次に会長・副会長の選出について進めさせていただきます。羽村市文化財保護条例第43条に審議会に会長及び副会長を置くとあり、会長及び副会長は委員が互選するとありますが、選出方法はいかがしましょうか。

(委員) 新しい委員も入り、わからないので事務局案はないか。

(事務局) 各委員の互選でお願いするが、平成23年度までは、白井委員に会長、坂上委員に副会長をお願いしておりました。

(委員) 引き続き、白井委員に会長をお願いしてはどうか。

(委員) 異議なし

(事務局) では、副会長は、いかがでしょうか。

(委員) 坂上委員にお願いしたい。

(委員) 異議なし

(事務局) では、今任期中は、白井会長・坂上副会長にお願いします。では、会長、副会長にごあいさつをお願いします。

(会長) 皆様のご支援の程、よろしくお願いします。

(副会長) よろしくお願いします。

(事務局) この後の進行につきましては会長にお願いします。

4 平成23年度第4回羽村市文化財保護審議会会議要旨の確認について

(会長) それでは、次第に基づき、会議を進めさせていただきます。平成23年度第4回羽村市文化財保護審議会会議要旨について、今回、事前配布がなかったのでお読みいただきたい。

(委員) (新委員に説明)

(会長) 何かありますでしょうか。

(委員) 特にありません。

(会長) 訂正無しでよろしいでしょうか。

(委員) 了解。

(会長) では、前回の会議要旨の確認については、訂正無しということでお願いします。

5 「羽村市文化財保護審議会会議運営マニュアル」の確認について

(会長) 「羽村市文化財保護審議会会議運営マニュアル」の確認について事務局の説明をお願いします。

(事務局) このマニュアルには、審議会が原則公開のこと、委員名を伏せての要点筆記の会議録を作成すること等があります。お読みいただきこちらでよろしいかご確認をお願いします。

(会長) 何かありますでしょうか。

(委員) 特にありません。

(会長) 今後、この「羽村市文化財保護審議会会議運営マニュアル」で運営していきますのでお願いします。

6 その他

(会長) 次にその他です。報酬支払い口座等の確認について、事務局の説明をお願いします。

(事務局) 今年度、審議会出席の際の報酬を入金する口座の変更を希望される委員は事務局までご連絡ください。また、新委員につきましては、口座依頼書の提出をお願いします。

(委員) 変更希望なし。

(会長) では、次回の日程について事務局からお願いします。

(事務局) 本来は、5月・7月・11月・3月の年4回の開催となりますが、今年につきましては委嘱状交付式がありましたので第1回目を4月とさせていただきました。次回は、7月となります。例年、第3金曜日に開催をしております。7月20日となりますがいかがでしょうか。

(委員) (各委員日程調整)(20日より13日の都合が良い委員が多い)

(事務局) では、次回は7月13日(金)午後2時から生涯学習センターゆとろぎ特別会議室となりますのでよろしくお願いします。

(会長) では、他にありますか。

(委員) 羽村市生涯学習基本計画の中に「登録郷土研究委員制度の活用と人材の育成」とあるがなかなか難しいのではないか。

(委員) 上からより一般市民から育てるのも一つではないか。

(委員) 市民解説者養成講座などを開催し単位制で資格を与えている市もある。

(委員) ボランティアでガイドをしているNPO団体がある市もある。

(委員) 興味を持っている人をどのように参加していただくかが大事である。

(委員) ゴールが必要で何か形になるものがあるとやりがいにつながる。

(委員) 人材育成には目標の設定が大事ではないか。段階が踏めるような目標、例えば、ガイドができるようになる、資料集作成などはどうか。

(委員) 羽村市の市民大学がもっと生かせるといいが。

(委員) 文化財保護審議会委員が持ち回りで協力をしてはどうか。

(会長) 今後の課題である。また、文化財の指定だが、年に1件はしていきたいと思っている。

(委員) 江戸時代のものを指定していってはどうか。

(委員) 明治以降のものもあると思う。

(委員) 中里介山の資料については、精査しなくてもまとめて指定できるのではないか。

(委員) まず、指定して後世に残すことで次の時代でわかることもあるのではないか。

(委員) 今後、ある程度、基準を示さないといけないかもしれない。

(会長) では、本日の会議はこれで終了としたい。

お問い合わせ

教育委員会 生涯学習部郷土博物館

電話: 042-558-2561

お問合せフォーム


平成24年度第1回羽村市文化財保護審議会会議録への別ルート