ページの先頭です

小中一貫教育の取り組み(8)~乗り入れ授業(英語・算数)・ 稲作体験(稲刈り)~

[2012年11月7日]

乗り入れ授業

 小学校を卒業した児童にとっては、中学校に進学する際、数学科や英語科などの新しく学ぶ教科や教科担任制への対応、新たな中学校生活など多くの不安があります。小学校教員と中学校教員が相互に乗り入れてのティームティーチング等による授業を行うことにより、新しく学ぶ教科等への不安の解消を図ります。

乗り入れ授業【外国語活動(英語活動)中期】

 9月10日は、武蔵野小学校、栄小学校の6年生の外国語活動(英語活動)の授業に、羽村第三中学校、羽村第二中学校の英語科教員がそれぞれ乗り入れ、ティームティーチングによる授業を行いました。

 中期(小学校5年生から中学校1年生)の外国語活動(英語活動)では、積極的に英語を聞いたり、話したりしてコミュニケーションを図っています。

 

乗り入れ授業(栄小学校)の様子

 栄小学校では、「時間割を作ろう」という単元を学習しました。各教科の表現を復習したりして、中学校教員の超高速での「聞き取りクイズ」を熱心に聞き取ることに挑戦しました。

乗り入れ授業(武蔵野小学校)の様子

 授業の様子からは、英語に対する更なる学習意欲の向上が感じられました。

児童の感想(抜粋)

・私は英語が得意ではないけれど、いろいろな人と交流しているうちに楽しくなりました。今日来てくれた中学校の先生はわかりやすく教えてくれたので”What time do you~?”は完璧です。

・中学校生活のことも教えてくれたり、英語の発音が上手でとても聞きやすかったりと勉強になりました。中学校生活が楽しみです。

・中学校の先生が来て、正しい発音がわかりました。いろんな人と話すのが楽しかったです。中学校でも英語を頑張りたいと思いました。

・中学校の先生が来てとても楽しかったです。僕は、中学校の先生と英語で会話をしました。また英語の勉強をしたいです。

乗り入れ授業(算数)

 富士見小学校、武蔵野小学校の6年生の算数科の授業に、羽村第ニ中学校、羽村第三中学校の数学科教員がそれぞれ乗り入れ、ティームティーチングによる授業を行いました。

 

乗り入れ授業(武蔵野小学校)の様子

 単元「並べ方とくみあわせ方」で、5種類の中から2種類を選ぶ組み合わせを順序よく考えました。

乗り入れ授業(富士見小)の様子

 図や表を使って正確かつ効率的に調べられる方法を学びました。

乗り入れ授業(武蔵野小学校)の様子

児童の感想(抜粋)

・中学校の先生に、早く解ける計算の方法を教えてもらいました。それが心に残っています。

・中学校の先生と一緒に算数を勉強できて、とても楽しかったです。こんなに楽しくていい先生がいるなら、早く中学校に入りたいと思いました。

・中学校の先生は怖いと思っていましたが実際に会ってみたら優しそうで安心しました。いろいろほめてもらえて嬉しかったです。

乗り入れ授業の成果

 小学校の児童にとって乗り入れ授業は、中学校教員と近づけるよい機会です。中学校教員から指導を受けることで中学校生活への不安をやわらげます。

 中学校教員は、来年度入学予定である子供たちの様子を知ることができます。小・中学校教員は、それぞれの指導方法の違いを知ることを通して、自身の授業に役立てることができます。

稲作体験【羽村学(郷土学習)中期】

 市内の全小学校5年生は、ながらみ前水田で稲作体験(稲刈り)を行いました。

 農家の方々が丹精を込めて稲を育ててくださいました。今年は台風もなく、稲は順調に育ちました。

稲刈りの様子

 稲刈り時期で水のいらなくなった田んぼは、ひび割れていました。

稲刈りの様子

 農家の方に、稲刈りのポイントを教わりました。

稲刈りの様子

 刈った稲の根元をそろえて、力いっぱい縛りました。

稲刈りの様子

 その後、自然乾燥します。
 児童は、脱穀・精米を経たお米を使い、家庭科で調理実習をします。

  稲作体験(田植え・稲刈り)をすることで、郷土羽村の稲作について知ることができました。農家の方々との交流を通じて、米作りの工夫やご努力等を知ることができます。そして、農業について関心をもち、食料生産の意味について考えるとてもよい機会となりました。

 

お問い合わせ

教育委員会 生涯学習部学校教育課

電話: 042-555-1111 (教職員係)内線374 (指導係)内線376

お問合せフォーム


小中一貫教育の取り組み(8)~乗り入れ授業(英語・算数)・ 稲作体験(稲刈り)~への別ルート