ページの先頭です

第23回羽村市都市計画審議会会議録

[2013年9月4日]

第23回羽村市都市計画審議会会議録

日時

平成25年7月16日(火曜日)午後1時~午後1時40分

会場

市役所5階委員会室

出席者

委員:冨松崇、富永訓正、山崎陽一、濱中俊男、露木諒一、宮川修、吉川徹、石田正弘、湯浅達也、近藤隆、小作あき子 (敬称略、11名出席、4名欠席)

 

議題

審議事項

  • 会長並びに職務代理の選出について
  • 議席の決定について

報告事項

  • 都市計画関連事業の進捗状況について

   (1)羽村駅西口土地区画整理事業概要について

   (2)都市計画霊園第1号羽村富士見霊園拡張工事について

 

傍聴者

0人

配布資料

  1. 羽村市都市計画審議会委員名簿
  2. 羽村市都市計画審議会条例
  3. 羽村市都市計画審議会運営規則
  4. 羽村市都市計画審議会の傍聴に関する取扱要領
  5. 羽村駅西口土地区画整理事業の進捗状況
  6. 羽村富士見霊園拡張工事について

内容

午後1時00分開会

 

事務局(河村康博) 皆様、こんにちは。本日は、第23回羽村市都市計画審議会を開催いたしましたところ、委員の皆様には、大変お忙しい中、ご出席をいただきまして、誠にありがとうございます。

 本日はまず、羽村市都市計画審議会条例第3条の委員の任期に関する規定に基づきまして、同条例第2条第1項に定める学識経験のある委員の方、羽村市議会から選任を受けられた委員の方、市民公募の委員の皆様につきまして、新たに委嘱状の交付をさせていただきます。

 新たな組織として初めての審議会となりますので、会長選任までの間でございますが、私、都市計画課の河村が事務局として進行させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 なお、現在のお席につきましては、暫定的に名簿順という形でさせていただいております。

 それでは、会議に先立ちまして委嘱状を交付させていただきたいと存じます。

 なお、行政機関からの委員におかれましては、現職ご着任の際に委嘱状をお届けさせていただいておりますので、ご着席のままでお待ちください。

 それでは、これから並木市長が審議会委員名簿の順番にお席を回り、お渡しいたします。私から、お一人ずつお名前をお呼びいたしますので、恐れ入りますが、その場でご起立をお願いいたします。

 冨松 崇様。

委員(冨松 崇) はい。

市長(並木 心) 冨松 崇様。羽村市都市計画審議会委員を委嘱します。任期、平成25年5月15日から平成27年4月30日まで。平成25年5月15日付。羽村市長 並木 心。

 どうぞよろしくお願い申し上げます。

事務局(河村康博) 富永訓正様。

委員(富永訓正) はい。

市長(並木 心) 富永訓正様。羽村市都市計画審議会委員を委嘱します。以下、同文でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

委員(富永訓正) よろしくお願いします。

事務局(河村康博) 山崎陽一様。

委員(山崎陽一) はい。

市長(並木 心) 山崎陽一様。羽村市都市計画審議会委員を委嘱します。以下、同文です。どうぞよろしくお願い申し上げます。

委員(山崎陽一) はい。お願いいたします。

事務局(河村康博) 濱中俊男様。

委員(濱中俊男) はい。

市長(並木 心) 濱中俊男様。羽村市都市計画審議会委員を委嘱します。以下、同文でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

委員(濱中俊男) はい。こちらこそよろしくお願いいたします。

事務局(河村康博) 露木諒一様。

委員(露木諒一) はい。

市長(並木 心) 露木諒一様。羽村市都市計画審議会委員を委嘱します。任期、平成25年5月1日から平成27年4月30日まで。平成25年5月1日付。羽村市長 並木 心。

 どうぞよろしくお願い申し上げます。

委員(露木諒一) お願いします。

事務局(河村康博) 宮川 修様。

委員(宮川 修) はい。

市長(並木 心) 宮川 修様。羽村市都市計画審議会委員を委嘱します。以下、同文でございます。どうぞよろしく、引き続きお願いいたします。

事務局(河村康博) 吉川 徹様。

委員(吉川 徹) はい。

市長(並木 心) 吉川 徹様。羽村市都市計画審議会委員を委嘱します。以下、同文でございます。どうぞよろしく、引き続きお願いいたします。

委員(吉川 徹) 承知いたしました。

事務局(河村康博) 石田正弘様。

委員(石田正弘) はい。

市長(並木 心) 石田正弘様。羽村市都市計画審議会委員を委嘱します。以下、同文でございます。引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

委員(石田正弘) はい。よろしく、どうぞお願いいたします。

事務局(河村康博) 湯浅署長はそのままでお待ちください。

 続きまして、近藤 隆様。

委員(近藤 隆) はい。

市長(並木 心) 近藤 隆様。羽村市都市計画審議会委員を委嘱します。以下、同文でございます。引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

事務局(河村康博) 小作あき子様。

委員(小作あき子) はい。

市長(並木 心) 小作あき子様。羽村市都市計画審議会委員を委嘱します。以下、同文でございます。引き続き、どうぞよろしくお願い申し上げます。

事務局(河村康博) ありがとうございました。

 それでは、ただいまから、第23回羽村市都市計画審議会を開催したいと思います。開会に当たりまして、並木市長からご挨拶を申し上げます。

市長(並木 心) 皆様、改めまして、こんにちは。

 開会に当たりまして、一言ご挨拶を申し上げます。

 日ごろより、委員の皆様には、当市の都市計画行政につきまして、ご理解とご協力を賜り、厚く御礼を申し上げます。

 また、本日、第23回羽村市都市計画審議会を開催いたしましたところ、皆様方には、お暑い中、またお忙しい中ご出席をいただき、誠にありがとうございます。

 さて、近年の社会状況を見ますと、さまざまな分野において変化・変動が続いております。特に、政治・経済の面ではいわゆるアベノミクスの3本の矢による改革が進められており、大きな期待も寄せているところであります。

 羽村市の現状を見ますと、大規模工場の撤退や小規模製造業の減少など、これまで工業を主産業としてきた市内の経済構造に明らかな変化が見られるようになってまいりました。

 中国の経済的発展や、国内製造業の製造部門における東アジアへのシフトなど、社会経済の転換の動きは、羽村市の土地利用の面にも大きな影響を及ぼしており、今後の都市基盤整備についても、こうした動向を見極めていくことが重要であると考えております。

 また、国による地方分権の推進により、都市計画分野でも権限の委譲が進み、従来から市の権限事項であった地区計画等に加えて、用途地域等も市が決定することとなりました。

 羽村市が重要施策として推進している「羽村駅西口土地区画整理事業」につきましても、今後、換地設計の決定に基づく事業計画の変更手続の後に、新たな用途地域、地区計画を定める必要があることから、今年度、準備作業に着手する予定となっております。

 そのほか、市内には、過去の経過から、近接する用途地域の間に不整合が生じている地域もあり、今後はこうした問題についても解決を図ってまいりたいと存じます。

 いずれの案件につきましても、皆様方、各委員のお力添えを必要とするものばかりであり、今後とも、委員の皆様の温かいご支援とご協力を心からお願いを申し上げます。

 さて、本日の審議会は、現委員での最初の審議会でございますので、会長並びに職務代理の選出、委員の議席についてご審議をお願いするものでございます。

 また、報告事項といたしまして、都市計画関連事業の進捗状況についてご説明させていただきます。

 結びに、市の都市計画行政への一層のご支援とご協力を重ねてお願い申し上げまして、開会に当たりましての挨拶とさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

事務局(河村康博) それでは次に、各委員のご紹介をさせていただきたいと思います。ご紹介はお手元に配布させていただいております資料1の羽村市都市計画審議会委員名簿の順とさせていただきますので、ご了承のほどよろしくお願いいたします。

 それぞれ名前をお呼びいたしますので、大変恐縮ではございますが、その場で御起立をお願いいたします。

 初めに市議会議員の委員をご紹介させていいただきます。冨松 崇委員でございます。

委員(冨松 崇) 冨松です。よろしくお願いいたします。

事務局(河村康博) 富永訓正委員でございます。

委員(富永訓正) 富永です。よろしくお願いします。

事務局(河村康博) 山崎陽一委員でございます。

委員(山崎陽一) 山崎陽一です。よろしくお願いします。

事務局(河村康博) 濱中俊男委員でございます。

委員(濱中俊男) どうぞよろしくお願いいたします。

事務局(河村康博) 続きまして、学識経験者としてお願いしております委員をご紹介させていただきます。元羽村市議会議員の露木諒一委員でございます。

委員(露木諒一) 露木でございます。よろしくお願いいたします。

事務局(河村康博) 羽村市農業委員会会長の宮川 修委員でございます。

委員(宮川 修) 宮川です。よろしくお願いいたします。

事務局(河村康博) 首都大学東京教授の吉川 徹委員でございます。

委員(吉川 徹) 吉川 徹でございます。どうぞよろしくお願いいたします。

事務局(河村康博) 一級建築士の石田正弘委員でございます。

委員(石田正弘) 石田です。どうぞよろしくお願いいたします。

事務局(河村康博) 続きまして、関係行政機関の委員をご紹介させていただきます。福生消防署長の湯浅達也委員でございます。

委員(湯浅達也) 湯浅です。よろしくお願いいたします。

事務局(河村康博) 続きまして、市民公募による委員をご紹介させていただきます。近藤 隆委員でございます。

委員(近藤 隆) 近藤でございます。よろしくお願いします。

事務局(河村康博) 小作あき子委員でございます。

委員(小作あき子) 小作あき子でございます。よろしくお願いいたします。

事務局(河村康博) なお、本日、市議会議員からの委員でございます小宮國睴委員、多摩建築指導事務所長の山崎弘人委員、西多摩建設事務所長の杉橋 要委員、福生警察署長の森渕十悟委員におかれましては、ご欠席ということで連絡を承っております。ご報告させていただきます。

 以上でございます。

 続きまして、市の理事者を紹介させていただきます。並木市長でございます。

市長(並木 心) どうぞよろしくお願い申し上げます。

事務局(河村康博) 北村副市長でございます。

副市長(北村 健) 北村です。よろしくお願いいたします。

事務局(河村康博) 次に、職員を紹介させていただきます。本日、報告事項説明のために出席しております職員もあわせて紹介させていただきますので、よろしくお願いいたします。

 都市整備部長の阿部でございます。

都市整備部長(阿部敏彦) 阿部でございます。

事務局(河村康博) 区画整理管理課長の細谷でございます。

区画整理管理課長(細谷文雄) 細谷でございます。よろしくお願いします。

事務局(河村康博) 区画整理事業課長の石川でございます。

区画整理事業課長(石川直人) 石川と申します。よろしくお願いします。

事務局(河村康博) 都市計画課都市計画係長の大南でございます。

都市計画課都市計画係長(大南重行) 大南です。よろしくお願いいたします。

事務局(河村康博) 同じく都市計画課都市計画係の浦辻でございます。

都市計画課都市計画係(浦辻浩行) 浦辻です。よろしくお願いいたします。

事務局(河村康博) 最後に、私、都市計画課長の河村でございます。どうぞよろしくお願いいたします。

 以上で、紹介を終わらせていただきます。

 会議に入ります前に、本日配布させていただいている資料の確認をお願いしたいと思います。

 まず、本日の審議会の日程が一番上にあるかと思います。資料1といたしまして、審議会委員名簿をご覧ください。なお、議席番号は、このあと審議をいただきますので、空欄となってございます。資料2として審議会の条例、資料3として審議会運営規則、資料4として審議会の傍聴に関する取扱要領、なお、本日は傍聴の申し出はございませんでした。資料5として羽村駅西口土地区画整理事業の進捗状況、資料6として羽村富士見霊園拡張工事について、それから、補助資料といたしまして、羽村市の都市計画図、それから、「羽村市の都市計画」という冊子が入れてございます。

 ご確認をお願いいたします。よろしいでしょうか。

(「はい」の声あり)

事務局(河村康博) ありがとうございます。

 次に、お手元のマイクの操作方法についてのお願いでございます。審議の際、ご発言につきましては、このマイクの右のボタンを押していただきますとスイッチが入るようになってございます。左のボタンを押すと切れる形でございます。発言の際には、このマイクをご利用いただきますよう、よろしくお願いいたします。

 なお、またこの会議につきましては、会議録を作成いたします関係から、会議の内容を録音させていただきますので、ご了承いただきたいと思います。

 それでは、早速、お手元の審議会日程に沿って会議を進めさせていただきたいと思います。

 初めに、審議事項1 会長並びに職務代理の選出をお願いするわけでございますが、会長が決まるまでの間、前職務代理者の宮川委員に座長をお願いしたいと存じますが、いかがでしょうか。

(「異議なし」の声あり)

事務局(河村康博) ありがとうございます。それでは宮川委員、座長をお願いしたいと思いますので、座長席の方へお移りください。

(座長席に移動)

事務局(河村康博) それでは、宮川委員、よろしくお願いいたします。

座長(宮川 修) ただいま座長に指名されました宮川でございます。会長が選出するまでの間、スムーズな進行に努めていきたいと思いますので、皆様のご協力をお願いいたします。

 それでは最初に、本会議の成立につきまして、事務局から報告を願います。

事務局(河村康博) それでは、本会議の成立についてご報告申し上げます。審議会の成立要件につきましては、羽村市都市計画審議会条例の第5条第2項に、「審議会は、委員及び議事に関係のある臨時委員の2分の1以上が出席しなければ開くことができない」と規定されております。現在の出席委員の数は11名でございますので、会の成立に関する要件を満たしておりますことを報告させていただきます。

 以上でございます。

座長(宮川 修) ただいま事務局から報告がありましたとおり、本会議は定足数を満たしておりますので、この審議会の成立を宣言いたします。

 審議に入る前に、本日の審議会の議事録署名委員でございますが、審議会委員名簿の順で、冨松委員と富永委員にお願いしたいと思いますが、ご異議ございませんか。

(「異議なし」の声あり)

座長(宮川 修) ご異議なしということで、本日の審議会の議事録署名委員は、冨松委員と富永委員にお願いすることといたします。

 次に、審議事項1といたしまして、会長の選出を行いたいと思いますが、選出に当たっての条件等について事務局から説明を願います。

事務局(河村康博) 事務局です。

 それでは、会長の選出につきましてご説明申し上げます。会長の選出につきましては、羽村市都市計画審議会条例の第4条第1項で、「審議会に会長を置き、第2条第1項第1号の委員、つまり、学識経験のある委員のうちから選挙によってこれを定める」と規定されております。この規定に基づきまして、学識経験のある委員のうちから選出をお願いしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 以上です。

座長(宮川 修) ただいま事務局から説明がありましたとおり、会長は学識経験のある委員からの選出となります。

 次に、選出方法についてですが、いかがいたしましょうか。

委員(石田正弘) 座長。

座長(宮川 修) はい。

委員(石田正弘) 石田です。4名の学識経験者の中から選出をするということになっておりますので、指名推選による委員長の選出がよろしいかと思います。

 以上です。

座長(宮川 修) ただいま指名推選でという発言がありましたので、会長の選出を指名推選という形の選挙方式で行いたいと思いますが、ご異議ございませんか。

(「異議なし」の声あり)

座長(宮川 修) 異議なしということで、会長の選出方法については指名推選により行うことといたします。

 それでは、学識経験者の4名の中から、どなたかの推選をお願いいたしたいと思いますが、いかがでしょうか。

委員(石田正弘) 座長。

座長(宮川 修) 石田委員。

委員(石田正弘) 石田です。

 会長には、前会長として2年間ご活躍をされて、指導力もある、また、元市議会議員として行政にも都市計画にも非常に大きな見識を持っておられる露木委員を推選いたします。

 以上です。

座長(宮川 修) ただいま露木委員を推選するというご発言がございましたが、ほかにご意見やご推選はございませんか。

 特になければ、会長を露木委員にお願いしたいと思いますが、ご異議ございませんか。

(「異議なし」の声あり)

座長(宮川 修) ご異議なしということで、条例第4条第1項の規定をもって露木委員を会長とすることで決定させていただきます。

 これで会長が決定いたしましたので、これからの議事進行につきましては、私から露木委員に引き継ぎをさせていただきます。皆様のご協力ありがとうございました。

事務局(河村康博) 宮川委員、大変ありがとうございました。

 それでは、露木委員、会長席へお移りくださいますようお願いいたします。

(会長席に移動)

事務局(河村康博) それでは、露木会長、よろしくお願いいたします。

会長(露木諒一) 皆様、こんにちは。ただいま皆様のご推挙をいただきまして、会長を務めさせていただくことになりました露木でございます。これからの任期中、会長職を務めさせていただきますので、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

 それでは、引き続きまして、職務代理の選出を行いたいと思いますが、選出に当たっての条件等について事務局から説明を願います。

都市計画課長(河村康博) 都市計画課長です。

会長(露木諒一) 都市計画課長。

都市計画課長(河村康博) それでは、職務代理の選出につきましてご説明申し上げます。職務代理につきましては、羽村市都市計画審議会条例第4条第3項に、「会長に事故があるときは、あらかじめ会長が指名する委員がその職務を代理する」と規定されております。なお、参考でございますが、今まで、職務代理の指名に当たりましては、学識経験のある委員の中から指名をされております。

 以上でございます。

会長(露木諒一) ただいま事務局から職務代理の指名につきまして説明がございました。同様な考え方で、学識経験のある委員の中から私が指名をさせていただきます。私といたしましては、羽村市農業委員会会長の宮川委員を職務代理といたしましてお願いしたいと思いますが、いかがでございましょうか。

(「異議なし」の声あり)

会長(露木諒一) ありがとうございました。

 次に、審議事項2の議席の決定についてでありますが、議席の決定方法につきまして、事務局から説明を願います。

都市計画課長(河村康博) 都市計画課長です。

会長(露木諒一) 都市計画課長。

都市計画課長(河村康博) それでは、議席の決定方法につきましてご説明申し上げます。

 委員の議席につきましては、羽村市都市計画審議会運営規則第4条で、「委員の議席は、最初の会議において会長が定める」と規定されております。この規定に基づいて、議席の決定につきましては、会長にお願いしたいと存じます。

 以上です。

会長(露木諒一) ただいま事務局から説明がありましたように、都市計画審議会運営規則に基づきまして、私のほうで議席を決定させていただきたいと思います。資料1にあります、羽村市都市計画審議会委員名簿の順で、冨松委員を議席番号1番といたしまして、順に小作委員まで、連番の議席番号とさせていただきたいと思いますが、ご異議ありませんか。

(「異議なし」の声あり)

会長(露木諒一) ご異議なしということで、議席は今回の名簿順とさせていただきます。なお、名簿の議席番号が空欄になっておりますので、冨松委員を1番とし、小作委員の15番まで、順に議席番号を記入していただきたいと思います。

 以上で、審議事項は終了いたしました。

 引き続きまして、報告事項に移らせていただきます。報告事項「都市計画関連事業の進捗」についての報告をお願いいたします。

区画整理事業課長(石川直人) 会長、区画整理事業課長です。

会長(露木諒一) 区画整理事業課長。

区画整理事業課長(石川直人) それでは、私のほうから貴重なお時間をいただきまして、羽村駅西口土地区画整理事業の進捗状況についてご報告をさせていただきます。本日お配りしております資料5、A4の両面コピーの資料をご覧いただきたいと存じます。よろしいでしょうか。

 まず、1の換地設計関係についてですが、換地設計が決定するまでのフローでございます。平成15年4月に事業認可を受けまして推進しております本事業につきましては、羽村駅西口を中心といたしました東西約0.5キロメートル、そして南北が約1キロメートルの、下に図面を掲載しておりますけれども、ほぼ長方形をした面積が約42.4ヘクタールの既成市街地の再編整備事業であります。

 このようなことから、土地区画整理事業の根幹となります換地の設計に当たりましては、できるだけ多くの権利者の皆さんのご意見を換地に反映していきたいという考えから、平成20年2月に、まず当初の換地設計(案)を第1次換地設計(案)として発表をいたしました。そして個別説明を行うとともに、意見・要望をお聞きしてまいりました。

 そうした中で寄せられました要望並びに意見書への対応といたしまして、土地区画整理審議会の意見を聞きながら、換地の見直し、そして修正作業を約3年かけて行いました。そして平成23年2月に改めて第2次換地設計(案)として発表いたしまして、第1次(案)と同様に個別説明を行ってまいりました。

 このように2度にわたりまして、換地設計(案)をお示しする中で、意見書の受付を行い、その都度、土地区画整理審議会のご意見をお聞きするとともに、修正に当たりましては権利者との個別調整を踏まえた上で第2次換地設計(案)の修正案の作成、さらには最終成案を作成してきたところであります。平成20年2月の当初の換地設計(案)発表以来、今日まで約5年間をかけて慎重かつ丁寧に換地の設計作業に努めてきたところでございます。

 そして、このほど、念願の換地設計の決定の運びとなりましたもので、来週24日に開催を予定しております土地区画整理審議会において、換地設計の決定に係る、これまでの経過等の報告を行った後に、正式に施行者として換地設計を決定していく考えでございます。その後、8月中には、全権利者に対して換地設計決定のお知らせを送付していく予定でございます。

 そして、この換地設計の決定を受けた後に、今年度は、ここにお示ししておりますけれども、換地の修正に伴う事業計画の変更手続、これらと並行して工事並びに移転計画の策定を行いまして、その後、事業計画の変更認可の時期を見極めながら、都市計画の用途地域との変更手続を行っていくことになります。こうした法律に基づく手続等の期間を見込んだ中で、工事、それから移転計画に基づいた道路の築造工事並びに建物の移転等、平成27年度から開始していく予定であります。

 次に、裏面をごらんください。裏面の2の工事関係をごらんください。

 まず、(1)でございます。羽村東部踏切付近の整備についてでございますが、西口地区利用者の安全対策の一環といたしました平成24年度の工事として、JR青梅線の東部踏切付近の歩道設置工事を実施いたしました。左側の写真が施工前のものでございます。右側が施工後のものとなりまして、ご参考いただければと思います。

 なお、環境負荷低減対策の取り組みといたしまして、歩道の舗装材に剪定枝や間伐材をチップ化し樹脂で固めました木質成形型舗装材、これはブロック製品になりますけれども、これによって施工をしてございます。もし機会があったら、ご覧いただければ幸いでございます。

 次に、(2)の都市計画道路3・4・12号線の整備。羽村大橋及びその付近の整備についてでございますが、羽村大橋の拡幅工事につきましては、多摩地域における都市計画道路の整備方針に基づきまして、平成27年度までに優先的に整備に着手する路線といたしまして、東京都西多摩建設事務所が、平成26年度の事業化に向けた手続を計画的に進められております。

 一方、西口土地区画整理事業の施工地区内につきましても、東京都の計画との関連性を勘案する中で、平成26年度には一部、建物等の物件調査の実施や、工事協定に向けた調整を行っていく予定であります。このような手続を踏まえまして、今年度策定いたします工事並びに移転計画に基づきまして、平成27年度から、一部、整地工事や建物の移転等に着手していく予定でございます。

 次に、3.その他をごらんください。

 まず、(1)でございます。先導的都市環境形成施策の推進についてでございます。西口土地区画整理事業の推進に当たりましては、平成23年度に策定しました羽村駅西口地区先導的都市環境形成計画に基づき、低炭素のまちづくりに取り組んでいきます。先ほど工事関係でご説明いたしました歩道整備の際の舗装材についても、その一環として対応をしたものであります。

 最後になりますけれども、(2)の密集住宅市街地整備事業の推進についてでございます。

 羽村駅西口土地区画整理事業の円滑かつ効果的な推進を図っていくために、土地区画整理事業の施行にあわせました新たな都市整備手法を研究するために、平成24年度に調査を委託いたしました羽村駅西口整備促進に関する調査結果を踏まえまして、より一層、防災性の向上を図ることが可能となる新たな補助事業として、密集住宅市街地整備事業との合併施行が有効でありますので、事業を捉えた導入について、現在、検討を進めているところであります。

 以上、簡略ですが、西口土地区画整理事業の推進状況のご報告とさせていただきます。ありがとうございました。

都市計画課長(河村康博) 会長、都市計画課長です。

会長(露木諒一) 都市計画課長。

都市計画課長(河村康博) 続きまして、2番目といたしまして、都市計画霊園第1号羽村富士見霊園拡張工事についてご説明させていただきます。お手元の資料6をご覧ください。

 本事業につきましては、産業環境部生活環境課が主管して進めておりますが、都市計画決定をした霊園でございますので、この場において、概略ですけれども、ご説明させていただきたいと思います。

 羽村市におきましては、都市計画法並びに墓地埋葬等に関する法律に基づきまして、市営の都市計画霊園である、羽村富士見霊園を昭和47年より開設してございます。また、高齢化の推移を踏まえまして、平成17年度に霊園拡張用地として隣接地996.86平方メートルを購入しておりまして、このたびの既存部分の再整備に加えまして、この996.86平方メートルの部分についての拡張工事がここで完了したということでございます。なお、この拡張部分につきましては、都市計画霊園としまして平成19年度に面積を編入いたしまして、都市計画変更決定が済んでございます。

 今回の拡張につきましては、通常の区画墓地が115区画、要望の増えております合葬式の墓地、これは、今回、富士見霊園におきましては初めてのものでございますが、合葬式墓地を、合計いたしますと1,870体分を設置させていただいておりまして、今後の墓地需要に備えたものということで進めさせていただいております。

 墓地の使用者の公募につきましては、8月中に広報誌等を通じて周知をさせていただき、9月2日から30日までを申し込み期間とすることになると聞いております。

 なお、詳細につきまして、資料6をご覧いただければと思いますが、各区画数等、ここに書いてございます。それから、下のほうに書いてございますが、こういった合葬式の墓地に合わせまして、休憩所、それから水桶の置き場、トイレ等につきましても、全面的な改修をしてございます。今回、既存部分の霊園の舗装の改修につきましても、約3,000平米の舗装を改修するという形で進めさせていただいております。

 資料6を1枚めくっていただきまして、4の公募内容でございますが、区画墓地も一通りではございませんので、何種類かのタイプを用意してという形になっていると伺っております。それから、合葬式のほうにつきましても、納骨壇のほうには1体用、2体用、それぞれの数、それから、合葬室のほうは特に制限をせずにするという形になってございます。

 1枚めくっていただきまして、6 募集計画ですけれども、こちらにつきましては、一遍に全部の区画を出すということではなくて、年度ごとに一定の数を決めて募集をかけていく形をとるそうです。

 下の写真をごらんください。上のほうが区画墓地部分の工事の完成状況でございます。それから、下のほうは、いわゆる合葬式墓地のところの納骨堂の外観でございまして、ちょっと屋根のかかっているところで、通常だと墓石の前でお参りしていただく部分を、ここでお参りをしていただくというような形になっていると聞いております。

 1枚めくっていただきまして、これは富士見霊園の全体図でございますけれども、今回、増設しました部分が、この楕円の中にある部分で、こちらについては、これまでは土地だけ確保してございまして、木が植えてあった部分でございますけれども、今回、本来の用途のために整備をしたという形になってございます。

 都市計画霊園富士見霊園につきましては、以上でございます。

会長(露木諒一) 報告ですけれども、何かどうしても聞いておきたいということはございますか。

委員(山崎陽一) 会長、山崎。

会長(露木諒一) 山崎委員。

委員(山崎陽一) 区画整理の進捗状況に関して、説明として承りました。この換地設計の決定に関して、2次換地設計に関しては、400人を超える権利者から反対署名が出されているわけですが、どのように対応していくか伺います。

区画整理事業課長(石川直人) 会長、区画整理事業課長です。

会長(露木諒一) 区画整理事業課長。

区画整理事業課長(石川直人) 当時、署名をされている方々の状況は承知してございます。これまでも議会もそうでございますが、一貫して私どもで申し上げているのは、事業の推進に当たっては、引き続きご理解をいただく努力を続けながら進めていくということです。特に、これから換地が決まって、個々に具体の協議を必要とされますので、そういった機会を捉えて、引き続き理解をいただくように努めてまいりたいということで考えてございます。

 以上です。

会長(露木諒一) ほかにございますか。

(「なし」の声あり)

委員(小作あき子) 会長。

会長(露木諒一) 小作委員。

委員(小作あき子) 小作です。

 資料5のほうでご説明のありました区画整理事業の今後の進捗についてお尋ねしたいのですが、今年度、この時期に換地設計の決定の通知があるということで、一つ大きな区切りがついたのかなと。今後、27年度以降は、道路の整備だとか事業が進むということですが、具体的に進んでいくいろいろな事業の計画段階で、市民の意見であるとか、市民の参加であるとか、そういった場面が想定されているのかどうか。できれば、そういった事業の進捗のお知らせとか、広報に載せていただくだとか、あるいは、そういう参加を積極的に取り入れていただくということをしていただけたらと思っています。

都市整備部長(阿部敏彦) 会長、都市整備部長。

会長(露木諒一) 都市整備部長。

都市整備部長(阿部敏彦) ただいまご指摘をいただきました市民への周知の関係でございますけれども、基本的に区画整理事業の関係につきましては、西口の計画の整備区域内の関係権利者の方々には、きちんと今後の進捗状況についてはご説明いたしますけれども、市民の方については、直接西口の事業の中に影響を及ぼすものではなくて、西口の事業そのものの推移を見ていただくという形で、は西口事業の進捗状況のみをお知らせをしていきます。

 一方で、関係権利者の方々については、ここにも記載をさせていただいていますように、用途地域、あるいは地区計画については、建物移転計画に、あるいは道路工事計画に伴って、必要な都市計画の審議事項でございますので、関係権利者の方には周知をしていくとともに、都市計画審議会のほうにもその旨をお諮りするような運びでございます。

 いずれにしましても、市民全体に対して、羽村駅の西口の進捗状況については、今後、報告はさせていただきますし、関係権利者については、個別に情報誌「まちなみ」等でご説明を申し上げていくという方法で推進を図っていく考えでございます。

 以上です。

会長(露木諒一) 小作委員。

委員(小作あき子) 小作です。

 権利者の方々には、当然、いろいろ周知をされると思いますが、やはり駅の周辺で、市民がいろいろ利用するところでもございますので、ぜひ、今後、どういう姿になっていくのかということをお知らせいただくなり、何か意見を述べる場も設けていただきたいと思います。

都市整備部長(阿部敏彦) 会長、都市整備部長。

会長(露木諒一) 都市整備部長。

都市整備部長(阿部敏彦) これまでも駅の利用者というような形の指定の中では、暫定整備を進めていく中で、駅前にアンケート調査だとか、あるいは西口の駅前がこのように変わっていきますよというふうな形で周知用の看板等の設置をしながら工事のお知らせをしてまいりました。今、ご指摘をいただいたように、今後、西口の事業の中で、駅利用者の面から、いろいろな意見が聞けるように、今申し上げたようなアンケート調査だとか、そういうような意向把握ができるように進めてまいりたいと考えています。

 以上です。

会長(露木諒一) ほかにございますか。

 ないようですので、以上をもちまして、本日の日程は全て終了いたしました。

 これにて、第23回羽村市都市計画審議会を閉会いたします。

 大変ありがとうございました。

 

午後1時40分閉会

お問い合わせ

都市建設部都市計画課

電話: 042-555-1111 (都市計画係)内線287 (住宅・交通係)内線276

お問合せフォーム