ページの先頭です

熱中症に気をつけましょう

[2018年8月10日]

連日、気温が高い状態が続いており、今後も猛暑が続くことが予測されます。                                           熱中症にかかるリスクが高くなることが予想されるため、体調管理に十分に注意してください。

熱中症を予防しましょう

気をつけたいこと

熱中症は、気温や湿度が高く、風が吹かない環境で発症します。高齢の方や乳幼児は、体温調整機能が衰えたり、未発達であるため、さらに発症のリスクが高くなります。

近年は室内で熱中症になり、救急車で搬送される事例が増加しています。節電は大切ですが、熱中症対策にはエアコンなどの使用を過度に控えすぎないようにしてください。周囲の方の見守りと、早めの予防対策で夏を乗り切りましょう。

・急に暑くなった日は特に注意!気象情報に注意しましょう。

・熱中症は室内でも起こります!適度にエアコンや扇風機を使用しましょう。

熱中症の予防方法

・帽子や日傘で直射日光を防ぐ

・喉が渇かなくてもこまめに水分を補給する

・多量の汗をかいた時には塩分も補給する

・温度計などを活用して室内でも温度を確認する

・気温が高い日はエアコンや扇風機を上手に使う 

・カーテンやすだれ、よしずなどを使って部屋に直射日光が入らないようにする

・日ごろから栄養バランスのとれた食事と十分な睡眠をとる

こんな症状に注意

・軽度…めまい、立ちくらみ、筋肉痛、汗が止まらない

・中度…頭痛、吐き気、体がだるい、倦怠感

・重度…意識がない、けいれん、高い体温、呼びかけに応じない

熱中症になってしまったら

・涼しい場所へ避難

・水分補給

・わきの下や足の付け根を冷やす

※意識がないとき、自力で飲み物を飲めない場合は救急車を呼びましょう。救急車を呼ぶか判断に迷ったら、東京消防庁救急相談センターへ電話で相談してください。

□救急相談センター #7119(24時間 年中無休)

□ダイヤル回線 042-521-2323(多摩地区)


市の施設でひと休み

下記の場所のロビーは、休憩場所として利用することができます。

暑い日の外出の際にご利用ください。

※市役所、生涯学習センターゆとろぎ、図書館、スポーツセンター、保健センター (いずれも開所時間中となります)

熱中症関連リンク

環境省熱中症予防情報サイトへのリンク(別のサイトに移ります)

消防庁熱中症情報サイトへのリンク(別のサイトに移ります)

お問い合わせ

福祉健康部健康課(保健センター内)

電話: 042-555-1111 (保健センター係)内線622 (健康推進係)内線624

お問合せフォーム


熱中症に気をつけましょう への別ルート