ページの先頭です

小中一貫教育の取り組み

[2015年4月2日]

羽村学(郷土学習)

救急救命講習

6月に市内全中学校の2年生は、杏林大学生からBLS(一次救命処置)のひとつとしてCRP(心肺蘇生法)とAED(自動体外式除細動器)の操作法を学びました。非常災害時に地域の傷病者救助等の手助けができる技能を習得することを目標にしています。

 今年度は技能講習のほか、杏林大学教授による事前学習が行われ、救急救命の必要性、「いのち」に対する予備知識を学びました。

 技能講習では心臓の位置、肋骨圧迫の位置や圧迫の強さと速さなど、人形を使って具体的に体験し、けが人や急病人が発生した場合、その場に居合わせた人による応急手当が必要だということを学びました。119番通報から救急車が到着するまでの間、かけがえのない命を救うために全員が真剣に取り組んでいました。

救命救急講習の写真
救急救命講習の写真
救急救命講習の写真

救急救命講習の様子

アートinはむらで鑑賞教室を行いました

生涯学習センターゆとろぎで開催されたアートinはむら展で、市内の小学校の4年生が鑑賞教室を行いました。

この取り組みは、アートinはむら展での芸術鑑賞を羽村市小中一貫教育基本計画に位置付け、小中一貫教育学習コーディネーターの指導のもと行われるものです。

 地域で活躍している芸術家の作品を鑑賞することで、作品のよさやおもしろさを感じる力や、自分や友達の感じ方を互いに伝え合う力を育てることを目標にしています。

 子どもたちは、学習コーディネーターから解説を聞き、作品の中から気に入ったものを一つ選び感想を書き、互いに気に入った点などを伝え合っていました。

アートinはむらで鑑賞教室の写真
アートinはむらで鑑賞教室の写真

アートinはむらで鑑賞教室の様子

小中学生音楽フェスティバルに参加しました

第24回小中学生フェスティバルがゆとろぎで開催され、市内の小中学校の吹奏楽部、金管バンドが参加しました。今年は松林小学校が金管バンドを立ち上げ、初めて参加しました。

3つの中学校による合同バンドの演奏、羽村第二中学校、羽村第三中学校による合同バンドの演奏が行われ小学生たちが中学生の演奏を鑑賞しました。

また、一中校区では小中学校の合同バンド「星空バンド」が演奏を行いました。星空バンドは羽村西小学校で毎年8月に開催される「星空のコンサート」で結成されたバンドで音楽フェスティバルでの演奏は今年で3回目となりました。

このように、他校と合同演奏を行い、音楽を通して他校の児童・生徒との交流を深めています。

出演校

羽村東ジュニアオーケストラ

羽村西小学校金管バンド部

富士見小学校金管バンド

栄小学校金管バンド部

松林小学校金管バンド

小作台小学校ジュニアバンド

武蔵野小学校吹奏楽団

羽村第一中学校吹奏楽部

羽村第二中学校吹奏楽部

羽村第三中学校吹奏楽部

小中学生音楽フェスティバルの様子

人間学(キャリア教育)

職場体験学習

~社会に向かって~

市内の中学校2年生は、5日間の職場体験学習を行い、働くことの楽しさや大変さを体感したり、各職場で大切にされていることや生き方を学んだりするとともに、コミュニケーションの大切さを学びました。

また、特別支援学級の生徒については、全学年が2日間の職場体験学習を行いました。

☆羽村第一中学校

10月20日(月)~24日(金)

特別支援学級

11月20日(木)~21日(金)

☆羽村第二中学校

5月19日(月)~23日(金)

☆羽村第三中学校

10月31日(金)~7日(金)(土・日・祝日を除く)

特別支援学級

11月11日(火)~14日(金)

 

■106か所に507人が

今年度は、市内106か所の事業所にご協力をいただき、総勢507人の生徒たちが職場体験学習を実施することができました。

事業所の皆さん、本当にありがとうございました。

中学生たちは事業所へ体験に行くだけではなく、事前授業で職業について学び、事後の授業では小学校6年生や、事業所の方たちに職場体験で学んだことの成果を発表します。

また、中学校1年生はさまざまな職業について調べ学習を行い、小学校5年生に調べたことを発表し、来年度の職場体験への準備を行います。

これらの取り組みは、以下のことを目的にしています。

○小学生に発表することにより、小学生に「働くことの意味」や「大変さ」、「喜び」等について考えてもらうとともに、中学生自身が自らの職場体験での学びを振り返る機会とする。

○小学生や事業所の方々に対して学んだことを表現する活動を通して中学生がプレゼンテーション能力を身に付ける。

○中学生の学習の様子を小学生に伝えることで、中学校生活に向けての不安をやわらげる。

○事業所の方々に感謝の気持ちを伝える。

学んだことや反省点などを自分自身で振り返り、この経験から得たことを今後どのように活かしていくのか等わかりやすくまとめて発表していました。

職場体験学習の写真
職場体験学習の写真
職場体験学習の写真

職場体験学習の様子

英語活動

羽村市では小学校1年生から英語活動に取り組んでいます。小学校5・6年生は、積極的に外国語(英語)を聞いたり、話したりして言語を用いたコミュニケーションを図ることを目標に活動しています。今回は6年生の英語活動をご紹介します。

 小学校6年生は、外国人との交流会を行いました。これは、ALT(外国語指導助手)が5~6名来校し子供たちと交流し、コミュニケーション活動を行うものです。子供たちにとって、日頃の成果を活かすことができる絶好の機会です。写真は、〇〇小学校6年生の活動の様子です。この日、「日本のお正月遊びを伝えよう」という単元で活動しました。

児童一人一人が英語を使って自己紹介した後、ALTに「日本の伝統的なお正月遊び」である「書道・けん玉・福笑い・あやとり・百人一首・カルタ・将棋くずし」などのさまざまな遊びを伝えました。

 子供たちは、ジェスチャーや「I'll show you.(見て)」「Plese copy.(まねをして)」「One more try.(もう一度やってみて)」などの英語を使って意欲的に活動していました。

英語活動の写真

英語活動の様子

親学(家庭教育講座)

家庭教育セミナー

学校がPTAと連携を図りながら家庭教育に対する支援を行うために各校区で家庭教育セミナーを実施しました。

【一中校区】

子供を叱れない大人たちへ

講師 落語家 桂 才賀氏

平成26年11月30日

【二中校区】

子どもの無限の可能性を伸ばそう ~親が変われば子どもが変わる~

講師 東京家庭教育研究所講師 中西 孝枝氏

平成26年11月24日

【三中校区】

多感な子どもへの関わり方 ~自信を持って、お母さん、お父さん、あんたは偉い!~

講師 羽村市教育委員会委員 江本 裕子氏

平成27年2月21日

お問い合わせ

教育委員会 生涯学習部学校教育課

電話: 042-555-1111 (教職員係)内線374 (指導係)内線376

お問合せフォーム