ページの先頭です

はむら未来カフェ 「羽村で過ごす休日の癒し旅」  レポート (平成27年11月4日)

[2015年12月8日]

平成27年11月4日(水曜日)18:30~21:00、羽村市生涯学習センターゆとろぎで「はむら未来カフェ」を開催しました。

テーマは「羽村で過ごす休日の癒し旅」です。

社会人等15人、学生5人の計20人の方に参加していただきました。

 

羽村市の地図をみんなで眺めながら対話を行い、意外と知らなかった、気付かなかった魅力スポットを再発見していきます。その魅力スポットをつなぎ合わせ、「平日頑張る女子へのご褒美」として、充実した癒しの時間を過ごせるツアーを考えていきます。

後日、未来カフェ参加者に一番人気のあったツアーを、実際に実施します。

 

 

はむら若者フォーラムの活動や、さまざまな場面でも活用できるファシリテーションスキルを学ぶため、ファシリテーターを山口氏と一緒に、はむら未来サポーターが行いました。

参加者が4グループに分かれ、チェックインとして自己紹介と最近あった楽しかったこと、驚いたこと等を話してリラックスしていきます。

 

チェックインにより、リラックスして話しができる場が整ったところで、初参加の方のために、ワールドカフェの心得とルールを説明しました。

 

今回のテーマは「羽村で過ごす休日の癒し旅」ということで、いい旅を企画するために、まずは「友達と過ごしたいい旅の思い出」をテーマに、過去に自分が体験した楽しかった「いい旅」を振り返りました。

 

15分たったところでグループで1人残る人を決め、その他で席替えを行い、「友達と過ごしたいい旅の思い出」について、次のグループで引き続き対話をします。「平日頑張る女子へのご褒美」ということで、女子の視点を大切にしながら、「いい旅」とは何かみんなで考えていきます。

 

さらに15分たったところで初めのグループに戻り、「楽しく旅する3つの法則とは」をテーマに、女子が楽しく旅するには3つの法則があると考えて、その3つを対話をしながら探していきます。

 

法則の1つ目、2つ目はすぐに出てきますが、3つ目の法則がなかなか見つかりません。3つの法則を探すために、参加者の対話も弾み、テーブルのクラフトペーパーもどんどん埋まっていきます。

 

ここまで対話してきた「いい旅の思い出」「楽しく旅する3つの法則」を思い出しつつ、グループごとに羽村市の地図を利用したり、羽村市に住んでいるグループのメンバーの話を基に、癒し旅をプランニングしていきます。

 

イラストや地図を描いたり、色を塗ったりして、オリジナルの癒し旅を作り上げていきます。

 

ツアープランが完成したら、それぞれのツアーのプレゼンテーションを行います。

(第1グループ)

「みどりに癒される旅」

羽村駅→根がらみ前水田(水田一周)→のんびりカフェ中車水車小屋で早めのランチ→(多摩川沿いの土手を下流に向かって歩いていく)玉川兄弟の像→郷土博物館→羽村神社で羽村市一望→(はむらんを利用して)フレッシュランド西多摩→帰りにマミー商店街や福島屋で買い物

 

(第2グループ)

「ぶらり癒しのはむら旅」

小作駅→阿蘇神社→オープンガーデン羽村→のんびりカフェ中車水車小屋(休憩)→(多摩川沿いの土手を下流に向かって歩いていく)玉川兄弟の像→まいまいず井戸→羽村駅周辺やマミー商店街で食べ歩き→羽村市動物公園→フレッシュランド西多摩

 

第3グループは、2つのツアーを作りました。

(第3グループその1)

「日本に来てまだ短い外国人女性向けおすすめスポットめぐり」

羽村駅→ゆとろぎ(オリエンテーション)→図書館見学→日野自動車で工場見学、外国人労働者の話を聞く→羽村市動物公園→福島屋、ファンタスでの買い物→多摩川散策→外国人ホストの家で交流会

 

(第3グループその2)

「トレッキングとラフティングで羽村の自然をひとりじめ」

羽村駅→郷土博物館→羽村神社→多摩川上流からカヌーで川下り→のんびりカフェ中車水車小屋で休憩→はむらんに乗って羽村市動物公園や駅周辺で買い物

 

(第4グループ)

「羽村でのんびり旅」

羽村市動物公園(アオバズク見学)→リーベン・ブロートでパン作り体験→羽村取水堰→郷土博物館(旧下田家住宅)→ゾナヴォーチェで夕食

 

最後に、どのツアーを実際に体験してみたいか、参加者が投票します。

 

最も得票の多かった4グループの「羽村でのんびり旅」をはむら未来サポーターと参加できる4グループのメンバーが一緒になって、12月に実施していきます。

 

今回のはむら未来カフェでは、参加者が見付けた羽村市の魅力スポットをつなげて、ツアーコースを作りました。

羽村市の魅力スポットとして、

・自然等では、阿蘇神社、まいまいず井戸、多摩川、玉川上水の桜、根がらみ前水田(チューリップ)、羽村神社、玉川兄弟の像、羽村取水堰

・公共施設では、動物公園、郷土博物館、フレッシュランド西多摩、ゆとろぎ

・カフェ等では、のんびりカフェ中車水車小屋、リーベンブロート、ゾナヴォーチェ

・商店等では、マミー商店街、福島屋、ファンタス

が挙げられており、特に、羽村神社、根がらみ前水田(チューリップ)、羽村取水堰、動物公園、郷土博物館、フレッシュランド西多摩、のんびりカフェ中車水車小屋、マミー商店街、福島屋が複数のグループで重複しており、参加者が考える羽村市の魅力スポットとして、掘り起こされました。普段接することのない年代や職業の人たちとざっくばらんに話をすることができる場「はむら未来カフェ」。

次回は、1月20日(水曜日)に開催します。
詳しくは、はむら若者フォーラムのフェイスブックページ(別ウインドウで開く)(別のサイトへ移ります)で発信していきますので、ご覧ください。

お問い合わせ

企画総務部企画政策課

電話: 042-555-1111 (企画政策担当)内線312

お問合せフォーム


はむら未来カフェ 「羽村で過ごす休日の癒し旅」  レポート (平成27年11月4日) への別ルート