ページの先頭です

東富士演習場におけるパラシュート降下訓練中の誤降下について

[2016年3月25日]

防衛省北関東防衛局横田防衛事務所より、表題の件につきまして、下記のとおり情報提供がありましたのでお知らせいたします。
なお、横田基地に関する東京都と周辺市町連絡協議会では、3月23日(水曜日)に、下記のとおり口頭要請を実施いたしましたので、合わせてお知らせいたします。

 

防衛省北関東防衛局横田防衛事務所からの情報提供内容

  •  発生日時:平成28年3月22日(火曜日)11時過ぎ

  •  発生場所:静岡県御殿場市駒門1-90 ウシオ電機御殿場事業所駐車場

  • 概要:東富士演習場にて、横田基地所属のC-130による降下訓練を行っていたところ、米兵1名(沖縄の陸軍所属)が場外に降下した。

  • 被害:被害なし

 

口頭要請概要

  • 実施日 3月23日(水曜日)

  • 要請先 横田基地第374空輸航空団司令官、北関東防衛局長、横田防衛事務所長

  • 要請方法 口頭要請

  • 要請内容

    1. 今回の場外への降下について、原因究明を行うこと。

    2.  再発防止策を講ずるとともに、訓練の実施に当たっては、安全確保の更なる徹底を図ること。

    3.  以上に関する情報を関係自治体に速やかに提供すること。

     

    防衛省北関東防衛局より、在日米陸軍司令部から南関東防衛局に対し、以下のとおり情報提供があったとのことであります。

    【原因について】

    • 当該米兵が風を見誤った。
    • 今回の訓練で新しいタイプのパラシュートを使用したため不慣れであった。

     

    【再発防止策について】

    • 新しいパラシュートの使い方を含む訓練の手順についてブリーフィングを全ジャンパーに対し行った。

     

     

    お問い合わせ

    企画総務部企画政策課

    電話: 042-555-1111 (企画政策担当)内線312

    お問合せフォーム


    東富士演習場におけるパラシュート降下訓練中の誤降下についてへの別ルート