ページの先頭です

平成27年度第2回羽村市文化財保護審議会会議録

[2016年4月17日]

平成27年度第2回羽村市文化財保護審議会会議録(平成27年7月31日(金曜日)開催)

日時

平成27年7月31日(金曜日) 午後3時00分~午後3時40分

会場

羽村市郷土博物館 会議室

出席者

白井裕泰 会長、島田秀男 副会長、和田 哲 委員、坂上 洋之 委員、

坂詰 智美 委員、金子 淳 委員、畔上 直樹 委員

欠席者

なし

議題

1あいさつ

2議題等

(1)  平成27年度第1回会議要旨の確認について

(2)  平成28年度以降の国指定及び東京都指定文化財の

保存事業について

(3)平成27年度管外視察について

(4)その他

傍聴者

なし

配布資料

平成27年度 第2回羽村市文化財保護審議会 次第

平成27年度 第1回羽村市文化財保護審議会会議録

【資料1】平成28年度以降の国指定及び東京都指定文化財の

保存事業について


 

会議の内容

1あいさつ

(会長)お暑い中どうもご苦労様です。郷土博物館が開館してもう30年も経ったんだなあという思いがある。

では早速、次第に沿って会議を進める。

 

2議題等

(1)平成27年度第1回会議要旨の確認について

(会長)何か訂正等はあるか。

(委員)欠席者の表記に不足があるので訂正をお願いしたい。

(事務局)訂正します。

(会長)他にないか。無ければ会議録として承認する。

 

(2)平成28年度以降の国指定及び東京都指定文化財の保存事業について

(会長)事務局から説明をお願いする。

(事務局)(「【資料1】平成28年度以降の国指定及び東京都指定文化財の

保存事業について」を用いて説明)。

(会長)質問や意見等はないか。

(委員)過去に雷が落ちたことはあるのか。

(事務局)避雷針補修費用の見積りをとった業者によると、何回か落雷した痕跡が見られるということであった。

(委員)樹木に痕跡が残っているということか。

(事務局)避雷針に残っているものと思われる。

(委員)この避雷針を設置したときには地中を深く掘ったのか。樹木の根元を深く掘ることで樹木に悪影響はないのか。

(会長)避雷針を補修する場合に、鉄柱を立てて先端に避雷針を付ける方法だと景観上の問題がある。また、高い樹木があるとそれに落雷する可能性があるため、樹木の先端に避雷針を取り付けるという方法も一般的に行う方法である。立木の保護という観点もあるが、天然記念物にはすごく高い樹木もあり、それを守る避雷針をつけるためにさらに高い鉄柱を立てるとなると、基礎部分をかなり太く丈夫にしないといけない。

(事務局)今回については別途柱を立てるという方向性で考えている。

(会長)地中深く掘るかどうかについては、水平に掘って施工するものなので地面を深く掘って根を傷めるということはない。

阿蘇神社は昨年度に消防用設備の改修をやっていたと思うがどうか。

(事務局)そうです。

(会長)避雷針もその消火設備と同じころに取り付けている。改修時期として妥当だと考える。

(事務局)既存の避雷針は既に交換部品が生産終了となっており、交換の場合は部品を一からつくらなければならない。

(会長)旧下田家住宅防火用のポンプ小屋の屋根はどのように補修する予定なのか。

(事務局)文化庁と協議し、地元の業者が施工可能な方法で構わないとのことなので、屋根についてはガルバリウム鋼板葺の色の目立たないもの、壁は現状に近い材質での補修を予定している。

(会長)耐用年数を考えると杉皮葺の屋根では10年はもたないだろう。

(事務局)ポンプ小屋は隣接する里山の樹木の下に位置しており、傷みが早い原因と考えている。

(会長)このポンプ小屋については文化財指定の範囲外なので審議事項ではないが、各委員、このような変更があるということをご承知おきいただきたい。

他に質問等が無いようなので、次の議題へ移る。

 

(3)平成27年度管外視察について

(会長)事務局より説明をお願いする。

(事務局)前回事務局から提案した埼玉県比企郡小川町に所在する青石板碑製造址でよろしいか、最終確認をさせていただきたい。現時点で出欠が明らかな方はお知らせいただきたい。

(会長)日程は11月21日となっている。ご都合は如何か。

 

<各委員視察候補地について了承>

 

(会長)では管外視察地として決定する。

(事務局)詳細については別途資料を作成してお届けする。

(会長)他に質問等は無いか。無ければ次に移る。

 

(4)その他

(事務局)平成27年度第4回文化財保護審議会の日程を調整させていただきたい。次回の管外視察時に日程の候補を示したいが如何か。

<委員了承>

(会長)他に何かあるか。無ければ、今回の審議会はこれで終了とする。

(一同)ありがとうございました。

お問い合わせ

教育委員会 生涯学習部郷土博物館

電話: 042-558-2561

お問合せフォーム


平成27年度第2回羽村市文化財保護審議会会議録への別ルート