ページの先頭です

郷土博物館紀要 目次一覧

[2017年5月26日]

郷土博物館紀要 目次一覧

郷土博物館紀要は、郷土博物館または市役所1階総合案内でお求めいただけます。

なお、完売している号もございますのでご容赦ください。


郷土博物館紀要 目次一覧
羽村町郷土博物館紀要  創刊号  目次
価格 500円
No.表    題著者名・パネラー名ページ
1発刊にあたって兒島春之助 
2座談会・中里介山を語る清水利・村木愛之助・設楽政治・稲葉松三郎・宮沢正名・平岡昌一・桜沢孝平6
3中里介山・中国の旅桜沢一昭28
4西多摩地方の穀箱小作寿郎45
5成長する地域博物館島田秀男63
6『学習ノート』の試み柿崎しづ子66
7昭和60年度活動事業報告 75
8昭和60年度入館状況 76
羽村町郷土博物館紀要  第2号  目次
価格 500円
No.表    題著者名・パネラー名ページ
1座談会・羽村の養蚕大野新市・小作寿郎・森田イト・羽村康次郎・原島実・小作寿郎4
2宮大工・小林藤馬-西多摩における近世工匠の足跡-平岡昌一20
3集権化の中の村落-老農・下田伊左衛門を中心に-松本三喜夫59
4多摩川魚類生息調査報告島田秀男77
羽村町郷土博物館紀要  第3号  目次
価格 500円
No.表    題著者名ページ
1羽村における知られざる心の文化遺産小島岱山4
2沢田正二郎と中里介山-『大菩薩峠』上演をめぐって-島田秀男35
3玉川上水文献志(一)保坂芳春53
4多摩川水生昆虫等調査概要報告 79
羽村町郷土博物館紀要  第4号  目次
価格 500円
No.表    題著者名ページ
1聞き書き(その一)羽村における漁撈について小林春光4
2聞き書き(そのニ)川魚の売買について橋本ヨシ20
3多摩の漆坂上洋之28
4玉川上水文献志(ニ)『玉川上水起元』再見保坂芳春38
5『上水記』ノート追書-石野廣通について-保坂芳春53
6遠足・社会科見学と博物館-羽村町郷土博物館の利用状況をとおして- 56
羽村町郷土博物館紀要  第5号  目次
価格 500円
No.表    題著者名ページ
1古川柳と玉川上水石川一郎4
2上水水船の新絵画資料肥留間博24
3『羽邑臨視日記』小考保坂芳春35
4羽村の石垣と石工小作寿郎52
羽村町郷土博物館紀要  第6号  目次
価格 500円
No.表    題著者名ページ
1釣手土器考-山根坂上遺跡の釣手土器をめぐって-和田哲4
2羽村町遺跡調査概要 22
3資料・復刻『羽ヶ田上遺跡』 41
4精進バケ遺跡の集落展開和田哲53
5『羽邑臨視日記』の著者保坂芳春71
羽村市郷土博物館紀要  第7号  目次
特集 玉川上水シンポジウム 「玉川上水のなぞに迫る」  
好評につき完売しました。
No.表    題著者名・パネラー名ページ
1はじめに 3
2玉川上水シンポジウム「玉川上水のなぞに迫る」西谷隆恒・榮森康治郎・神吉和夫・三上知孝・坂上洋之6
3解説坂上洋之66
4玉川上水文献志(五)『高翁家録』と玉川上水保坂芳春69
羽村市郷土博物館紀要  第8号  目次
特集 中里介山  
増刷しました。価格 200円
No.表    題著者名ページ
1はじめに 3
2幻の「中里介山論」-遠藤浩覚書-櫻沢一昭6
3『大菩薩峠』を論ず遠藤浩15
4中里介山居士年譜及び著作年表遠藤浩24
5聞き書き 女性から見た介山先生 39
一 櫻沢ヒサさん談 39
二 秋元春馨さん談 48
6介山ゆかりの地訪問記 53
一 奥多摩に介山ゆかりの地を訪ねて石川富子53
二 介山を偲んで 小さな旅柴田孝子58
三 京都 田辺の中川健三さん 62
7玉川上水文献志(六) 指田文書点描-幻の多摩川・荒川筋運河計画-保坂芳春66
8羽村市郷土博物館事業報告 72
羽村市郷土博物館紀要  第9号  目次
特集 羽村の職人とその道具
価格 400円
No.表    題著者名・パネラー名ページ
1座談会 羽村の下駄職人大野寿太郎・中林静子・金子賢太郎・小作寿郎6
2下駄製作の工程と道具 24
3羽村の桶職人 桜沢代之助さんの聞き取りから 32
4聞き書き 羽村の籠職人加藤新蔵氏の聞き書き42
5羽村地域の諸職小作寿郎50
6玉川上水文献志(七) 川路聖謨と『玉川日記』保坂芳春59
7平成五年度 郷土博物館事業報告 73
羽村市郷土博物館紀要  第10号  目次
特集 羽村の職人 その道具と技術
価格 400円
No.表    題著者名ページ
1はじめに 3
2左官屋の系譜と土壁作り水村辰也6
3棟梁三代覚え書き 池永禮次郎さんに聞く保坂和子17
4羽村の鍛冶屋 並木作治さんに聞く 28
5羽村にみられる髪結 田村ヨシさんに聞く 38
6西多摩村川崎百事職工会と太子講小作寿郎48
7介山ゆかりの地訪問記四 秋の信濃路と「白骨温泉」青砥かよ子60
8文学講座「『大菩薩峠』を読む会」に参加して野崎数登64
9玉川上水文献志(八)『玉川上水誌』管見保坂芳春67
10平成六年度 郷土博物館事業報告 79
羽村市郷土博物館紀要  第11号  目次
価格 400円
No.表    題著者名ページ
1はじめに 5
2羽村市郷土博物館の養蚕関係用具小作寿郎7
3白詩提唱-中里介山における白楽天櫻沢一昭39
4玉川上水文献志九 林鶴梁の「豈止快録」-玉川上水通船の一資料-保坂芳春47
5介山ゆかりの地を訪ねて五 小説の舞台と旅の楽しみ柴田満江58
6当館における学芸員実習河村康博63
7資料の収集・保管と課題五十嵐麻子70
8平成七年度 郷土博物館事業報告 77
羽村市郷土博物館紀要  第12号  目次
価格 400円
No.表    題著者名ページ
1はじめに 3
2きもの雛形小考保坂和子5
3羽村市の近世寺社建築高野恵子30
4羽村に架かる橋小作寿郎45
5『百姓弥之助の話』序説櫻沢一昭66
6玉川上水文献志十 『遊歴雑記』抜き書保坂芳春79
7平成八年度 郷土博物館事業報告 92
羽村市郷土博物館紀要  第13号  目次
価格 400円
No.表    題著者名ページ
1はじめに 3
2羽子板考-その源流と変貌-保坂和子5
3『土』の発見-中里介山の長塚節論-桜沢一昭19
4玉川上水文献志十一 羽村堰落穂抄-保坂芳春27
5玉川上水羽村堰における水制について河村康博43
6平成九年度 郷土博物館事業報告 61
7羽村市のクモ長島忠義68
8羽村市に生育する帰化植物岡崎 学86
9草花丘陵とその周辺の野鳥木村成生95
羽村市郷土博物館紀要  第14号  目次
価格 400円
No.表    題著者名ページ
1はじめに 3
2多摩地域養糸業の概要小作寿郎5
3成進社と風穴蚕種(上)坂上洋之22
4東京都農業試験場秋川庁舎旧蔵 蚕糸関係資料一覧 31
5収蔵品調査報告 きもの雛形(続)-下野キエ氏の寄贈品を中心に-保坂和子38
6中里介山・アメリカ紀行櫻沢一昭54
7『大菩薩峠絵本』考河村康博70
8平成十年度 郷土博物館事業報告 84
9羽村市を自然地理学の立場から調べる角田清美92
羽村市郷土博物館紀要  第15号  目次
価格 400円
No.表    題著者名ページ
1はじめに  
2成進社と風穴蚕種(下)坂上洋之1
3中里介山の大正八年櫻沢一昭11
4一峰院本堂の造営について石原彩子28
5明治期・海外渡航の青春群像坂上洋之・櫻沢一昭49
6平成11年度郷土博物館新規収蔵資料から 63
7平成11年度郷土博物館事業報告 66
羽村市郷土博物館紀要  第16号  目次
価格 500円
No.表    題著者名・パネラー名ページ
1はじめに  
2中里介山「大正九年日記」抄櫻沢一昭1
3玉川上水通船の一要因-幕府の砂利輸送計画-保坂芳春20
4旧川崎村上知組宗門人別帳にみられる次・三男の姿清水浩34
5座談会「農村の挑戦 それは蚕からはじまった」清水一成・羽村康次郎・坂本沙都雄・田村経雄・石田文司・下田亘・石川紀・田村光一郎・小山徳幸・保坂芳春・小作寿郎47
6平成12年度郷土博物館新規収蔵資料から 81
7平成12年度郷土博物館事業報告 85
羽村市郷土博物館紀要  第17号  目次
価格 350円
No.表    題著者名ページ
1はじめに  
2目次  
3耕書堂日記-中里介山の昭和十・十一年櫻沢一昭1
4羽村の堰、百年の変遷村岡功子・田野倉一江21
5精進バケ遺跡第二次調査抄報 47
6平成十三年度郷土博物館新規資料から 63
7平成十三年度郷土博物館事業報告 65
羽村市郷土博物館紀要  第18号  目次
価格 400円
No.表    題著者名・パネラー名ページ
1はじめに  
2目次  
3中里介山「西隣日記」-昭和一一・一二年-櫻沢一昭1
4玉川上水を水道技術の立場から調べる(前編)角田清美21
5玉川上水開削三五〇周年記念事業 シンポジウム 新しい視点からみた玉川上水 発表要旨肥留間博・坂詰智美・松浦節・米谷開司朗61
6平成十四年度郷土博物館新規収蔵資料から 89
7平成十四年度郷土博物館事業報告 91
羽村市郷土博物館紀要  第19号  目次
価格 400円
No.表    題著者名ページ
1はじめに  
2目次  
3中里介山・昭和十三年日記櫻沢一昭1
4介山二題遠藤誠治15
5玉川上水を水道技術の立場から調べる(後編)角田清美23
6平成十五年度郷土博物館事業報告 113
羽村市郷土博物館紀要  第20号  目次
価格 400円
No.表    題著者名ページ
1はじめに  
2中里介山・昭和十四年日記櫻沢一昭1
3中里介山二件遠藤誠治13
特集「羽村市郷土博物館開館二十周年」
4博物館二様論服部敬史27
5羽村市郷土博物館二十年のあゆみ 43
6特別展「礎-羽村の教育をつくった人々-」展示解説 45
7平成十六年度郷土博物館事業報告 80
羽村市郷土博物館紀要  第21号  目次
価格 200円
No.表    題著者名ページ
1はじめに  
2中里介山・昭和十五年日記櫻沢一昭1
3介山三話-一茶・民謡・唯識-遠藤誠治19
4羽村市内試掘調査報告羽村市教育委員会29
5平成十七年度郷土博物館事業報告 61
羽村市郷土博物館紀要  第22号  目次
価格 200円
No.表    題著者名ページ
1はじめに  
2昭和十六年・中里介山日記抄櫻沢一昭1
3介山六題ー平等・真澄・神・道元・白秋他ー遠藤誠治28
4善光寺参りと日光見物の旅はむら民俗の会40
5研究ノート 伊右衛門と伊左衛門坂上洋之27
6研究ノート 養蚕日本一の根拠坂上洋之58
7平成十八年度郷土博物館事業報告 59
羽村市郷土博物館紀要 第23号 目次
価格 200円
No.表    題著者名ページ
1はじめに  
2昭和十七年・中里介山日記抄櫻沢一昭1
3介山13話―飢饉・誠・賢治・日蓮・海舟他遠藤誠治19
4道標探訪―羽村市とその周辺―はむら民俗の会36
5資料にみる三田将定ゆかりの石塔類宮沢賢臣49
6研究ノート 博物館里山だより―くずはき橋岩渕睦61
7平成十九年度郷土博物館事業報告 62
羽村市郷土博物館紀要 第24号 目次
価格 400円
No.表    題著者名ページ
1はじめに  
2昭和十八年・中里介山日記抄櫻沢一昭1
3中里介山七題―比較論的に遠藤誠治22
4羽村と上水通船の積荷下田亘34
5「杣保」の領主三田氏と「三田谷」齋藤愼一48
6収蔵資料から―雛人形の収蔵状況について―安藤華子65
7平成二十年度郷土博物館事業報告 67
8羽村町のブタが担った役割中山紗由(1)
羽村市郷土博物館紀要 第25号 目次
価格 400円
No.表    題著者名ページ
1はじめに  
2昭和十九年・中里介山日記抄櫻沢一昭1
3中里介山十一題 ・他遠藤誠治14
4体験学習の意義~体j験学習会「まゆから糸をひこう」を事例にして~松本美虹27
5平成二十一年度郷土博物館事業報告 33
6平成二十二年度「青梅・羽村子ども体験塾 発掘調査体験」事業レポート安藤華子51
7『養豚だより』にみる羽村のブタと養豚業中山紗由32
8明治・大正における、羽村における農業日誌下田亘(1)
羽村市郷土博物館紀要 第26号 目次
価格 400円
No.表    題著者名ページ
1はじめに  
2中里介山における発禁事件櫻沢一昭1
3神田上水と玉川上水角田清美13
4『奥多摩いろは歌留多』解説中山紗由29
5旧下田家住宅の構造変化と展示のあり方松本美虹57
6平成二十二年度郷土博物館事業報告 63
7松本神社拝殿建築記録・他下田亘(1)
羽村市郷土博物館紀要 第27号 目次
価格 400円
No.表    題著者名ページ
1はじめに  
2中里介山における発禁事件2櫻沢一昭1
3太平洋戦争中の常会(町内会)                   ―戦争行政の末端組織として―下田亘10
4大正時代の化学肥料と主要食糧の購入記録から見えること下田亘33
5地口行灯絵解きの楽しさ 企画展「地口行灯100展」の解説岡崎学40
6平成二十三年度郷土博物館事業報告 76
羽村市郷土博物館紀要 第28号 目次
価格 400円
No.表    題著者名ページ
1はじめに  
2私註・中里介山関係書簡櫻沢一昭1
3玉川上水筋水堀見廻り役に付いて
―「玉川上水留」第一冊の紹介―
肥留間博・小杉博司21
4平成二十四年度郷土博物館事業報告 38
5羽村市の地形と地質
~立川断層とのかかわり~
 (34)
6明治四十三年・下田伊左衛門家の家政日記(家計簿)より下田亘(1)
羽村市郷土博物館紀要 第29号 目次
価格 400円
No.表    題著者名ページ
1はじめに  
2私註・中里介山関係書簡(2)櫻沢一昭1
3市民の目線に立った博物館を目指して                 -青梅鉄道120周年事業の取り組みから見えたことー枝野孝彦18
4西多摩村(現羽村市)の二の駅川渚27
5平成二十五年度郷土博物館事業報告 43
6「羽村堰」を読み解く                     -治水技術のよる利水施設ー河村康博(20)
7五ノ神村と「まいまいず井戸」角田清美(1)
羽村市郷土博物館紀要 第30号 目次
価格 400円
No.表    題著者名ページ
1はじめに  
2回想の中里介山1櫻沢一昭1
3「筏通場一件」文書からみえてきた筏通用禁止事件の顛末中山紗由27
4小作本町北傾斜地は、幕末は官林(御林)だった          -議定書と下田代次郎のメモよりー      下田亘61
5西南戦争への参加 宮川源次郎氏の場合下田亘71
6平成二十六年度郷土博物館事業報告 79
7多摩川・羽村取水堰上流付近における流速調査角田清美・鈴木秀和・小島みどり・河村康博(29)
8地方自治体における公文書館・博物館各機能の併設に関する考察-東京都・多摩地域の事例を中心にー  河村康博(1)
羽村市郷土博物館紀要 第31号 目次
価格 400円
No.表    題著者名ページ
1はじめに  
2回想の中里介山2櫻沢一昭1
3玉川上水十三里小考肥留間博24
4武蔵野台地における玉川上水の水利用小坂克信31
5平成二十七年度郷土博物館事業報告 54
6旧下田家住宅の活用状況について北原瑞貴(26)
7羽村堰が取水し続けられるのはなぜか
~地形や多摩川と維持・管理の関係について~
河村康博(1)

お問い合わせ

教育委員会 生涯学習部郷土博物館

電話: 042-558-2561

お問合せフォーム