ページの先頭です

セルフメディケーション(自主服薬)推進のためのスイッチOTC薬控除(医療費控除の特例)が創設されます

[2016年12月16日]

平成29年1月1日から平成33年12月31日までの間に、自己または自己と生計を一にする配偶者その他親族に係る一定のスイッチOTC医薬品(*)を購入し、購入のためにその年中に支払った合計額が1万2千円を超えるときは、その超える部分の金額(上限8万8千円)が総所得金額等から控除されます。この適用は、平成29年分の所得の申告(平成29年分の所得税、平成30年度課税の住民税)から適用となります。


(控除金額の計算例)

対象医薬品を年間20,000円購入した場合は、8,000円(=20,000円-12,000円)が課税される所得金額から控除されます。

※税額から8,000円控除されるわけではありません。

(*)スイッチOTC医薬品とは

かぜ薬、胃腸薬、鼻炎用内服薬、水虫・たむし用薬、肩こり・腰痛・関節痛の貼付薬などで、医師からの処方がなく購入できる、医療用から市販薬として転用された医薬品(すべての医薬品が対象になるわけではありません。)。

※有効成分や対象品目など、詳しくは「厚生労働省ウェブページセルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について」でご確認ください(別のサイトに移ります)。

注意点

  • 適用の要件として、健康の維持増進および疾病への予防の取組みが必要であり、特定健康診査、予防接種、定期健康診断、健康診査、がん検診のいずれかを受けていることが必要です。
  • 本特例の適用を受ける場合は、従来の医療費控除を受けることはできません。
  • 申告には、①商品名、②金額、③本特例の対象商品である旨、④販売店名、⑤購入日が明記された証明書類(領収書等)が必要です。大切に保管してください。

お問い合わせ

財務部課税課

電話: 042-555-1111 (市民税係)内線162 (資産税係)内線152

お問合せフォーム


セルフメディケーション(自主服薬)推進のためのスイッチOTC薬控除(医療費控除の特例)が創設されますへの別ルート