ページの先頭です

平成29年度「平和啓発事業」は終了しました。

[2017年7月28日]

戦後70年以上が経過し、戦争の悲惨さと平和の大切さを語り継いでいく機会が減少しています。
市では、8月15日の終戦記念日に合わせ、戦争関連資料の展示や戦争体験語り、朗読会を通じて、過去の戦争体験を風化させることなく、戦争を知らない世代に平和の大切さを伝え、日常生活から「平和の尊さ」を感じ取ることができるよう、「平和の企画展」及び「平和啓発事業」を以下のとおり開催しました。

多くの方のご来場、誠にありがとうございました。

平和の企画展

開催日時

8月4日(金曜日)~20日(日曜日)の午前10時~午後8時  【7日、14日(月曜日)、15日(火曜日)は休館日となります。】

会場

羽村市図書館 受付カウンター前

展示コーナー

郷土博物館に所蔵されている戦争関連資料や図書館所蔵の戦争・平和をテーマとした絵本などをあわせて展示します。また、東京都所蔵の写真パネルも展示します。

平和啓発事業

開催日時

8月20日(日曜日) 午後1時30分~3時40分

会場

羽村市生涯学習センターゆとろぎ小ホール

定員

200人(先着順)

※直接会場へお越しください。

実施内容

「青梅・羽村ピースメッセンジャー」派遣報告会(午後1時30~)

青梅市・羽村市の中学生が「ピースメッセンジャー」として、広島市を訪問し、平和記念式典へ参加、平和関連施設の見学、原爆被爆者などからの体験談を聞き、それらを通じて考えたことを報告します。

戦争体験語り(午後2時40分~)

市内在住の小作寿郎さん(羽村郷土研究会)が戦争当時の様子を話します。

本の朗読会(午後3時10分~)

平和について考える機会とするため、『伸ちゃんのさんりんしゃ』ほかを朗読します。

朗読者:川邊志保子さん、久保和美さん

平和の企画展チラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

企画総務部企画政策課

電話: 042-555-1111 (企画政策担当)内線312

お問合せフォーム


平成29年度「平和啓発事業」は終了しました。への別ルート