ページの先頭です

横田基地にて不発弾とおぼしき物体を発見したことについて

[2018年5月17日]

表題の件につきまして、防衛省北関東防衛局から下記のとおり情報提供がありましたので、お知らせいたします。

北関東防衛局からの情報提供(5月16日付・第2報)

不発弾の誤報

平成30年5月16日(水曜日)正午頃、第374使命支援群建物の屋外にて、不発弾とおぼしき物体が発見されました。

当該の物体は爆発処理班により調査され、不発弾ではなく、爆発物は内蔵されていませんでした。物体は約30センチメートル位の圧縮空気ボンベと確認されました。

今件においては、施設内および周辺の住民への危険はありませんでした。

横田基地が管理する多くの土地は古い軍事基地の跡地の為、未確認もしくは不審物が時折、発見されます。公共の安全の為に、訓練された人員により最終的に危険物ではないと検証できるまで、全てこのような物体を、周辺に危害を与える可能性がある物として取り扱います。

北関東防衛局からの情報提供(5月16日付・第1報)

横田基地にて不発弾とおぼしき物体を発見

平成30年5月16日(水曜日)正午ごろ、第374使命支援群建物の屋外にて、不発弾とおぼしき物体が発見されました。

これをうけて建物付近に立入規制がしかれ、全ての人員は当該建物に近づかないよう指示が出されています。

現在のところ、基地外への影響は無いとみられます。不発弾処理班が、状況を確認するために、横田基地に向かっています。今後新たな情報がわかりましたら、連絡いたします。

お問い合わせ

企画総務部企画政策課

電話: 042-555-1111 (企画政策担当)内線312

お問合せフォーム


横田基地にて不発弾とおぼしき物体を発見したことについてへの別ルート