ページの先頭です

新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定の臨時的な取扱いについて

[2020年11月17日]

新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定の臨時的な取扱いについて

 厚生労働省の通知により、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、対象となる方で希望される場合、要介護認定及び要支援認定の有効期間を、12 か月延長します。更新申請の手続きの際に、お申し出ください。

 なお、今後の状況によっては、取扱いが変更となる可能性があります。

対象者

更新申請をされる方で、下記のどちらかに該当する方。

  1. 施設や病院が、新型コロナウイルス感染症対策で面会禁止等の措置をとり、認定調査が困難な方。
  2. 新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、面会が困難な方。

介護認定申請は郵送でも行うことができます

 介護認定申請は郵送でも受け付けています。詳しくは、要介護認定と申請方法の流れのページをご覧ださい。

 また、電話によるご相談は随時受け付けておりますのでお気軽にお問合せください。

必要に応じて暫定ケアプランがご利用できます

新規申請および区分変更申請の場合は、上記の「新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定の臨時的な取扱い」は適用されませんので、介護認定調査員が居宅や病院等を訪問し、必ずご本人と直接面会をした上で介護認定調査を行わなければなりません。

介護認定調査は、利用者の状態に応じた適切な介護保険サービスを提供する上でなくてはならないものですが、新型コロナウイルス感染症への懸念から認定調査員の訪問を不安に感じられる場合や、早急に介護保険サービスを受ける必要がある場合は、暫定的にケアプランを立て、介護保険サービスを利用できる場合もありますのでご相談ください。

お問い合わせ

羽村市 福祉健康部 高齢福祉介護課
電話: 042-555-1111 (介護認定係)内線145
E-mail: s304200@city.hamura.tokyo.jp

新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定の臨時的な取扱いについてへの別ルート