平成21年度 武蔵村山市内で発生したロープ転倒事故を受けての口頭要請について

平成21年8月、武蔵村山市内で、バイクで通りがかった女性が道路を遮るように張られたロープに引っ掛かり転倒し、頭蓋骨骨折の重傷を負う事件が発生しました。
この事件は、米軍横田基地内に住む米兵の家族で、15歳から18歳の少年少女が意図的にロープを張って起こしたものとして、警視庁が殺人未遂容疑で逮捕状を取り、12月5日に逮捕されたとの報道がなされました。
これを受け、次の口頭要請を行いましたので、お知らせします。

1.要請日
平成21年12月7日(月曜日)

2.要請先
・在日米軍横田基地第374空輸航空団司令官
・防衛省北関東防衛局長要請者(横田基地周辺市町基地対策連絡会)
・防衛省北関東防衛局横田防衛事務所長

3.要請内容
今回の事件に対して、基地周辺住民から不安を訴える声や事件の悪質性に関して反感を抱いているとの意見が寄せられている。社会への影響は深刻である。
基地周辺住民の基地に対する感情の悪化を招かないよう、適切な対処・対応をされたい。

お問い合わせ
羽村市役所 ・企画総務部・企画政策課
電話:042-555-1111 (企画政策担当)内線312
お問合せフォーム
[トップ]
[羽村市役所]