横田基地所属のUH−1の富山空港における予防着陸について(口頭要請)

表題の件につきまして、防衛省北関東防衛局から、下記のとおり情報提供がありましたので、お知らせいたします。
なお、横田基地周辺市町基地対策連絡会では、下記のとおり在日米軍横田基地第374空輸航空団司令官に対し、口頭要請を行いましたので合わせてお知らせします。

【情報提供内容(10月31日)】
横田基地のUH-1が、自動燃料制御装置の不具合のため、本日(平成28年10月31日)午後、富山空港に予防着陸しました。パイロットが燃料制御を手動に切り替えたうえで飛行を継続し、同飛行場に安全に着陸しました。
このような予防着陸は、航空機運用を安全に行うための予防措置であり、まれに起こる事態です。米軍では航空機の陸・空での運用において、最も厳しい安全基準を布いています。富山空港ならびに日本のパートナーの皆さんのご支援に感謝いたします。
なお、当該機は、本日は富山空港に一晩滞在し、明日(11月1日)離陸する予定です。

【情報提供内容(11月1日)】
修理に必要な部品は車両で輸送しています。当該部品を載せた車両は本日8時頃すでに横田基地を出発しています。
当該機は、11月1日富山空港に滞在します。

【情報提供内容(11月2日)】
米軍ヘリは、午前8時46分に富山空港を離陸し、9時19分に小松基地に着陸しました。

【口頭要請内容(11月1日)】
平成28年10月31日に横田基地所属UH-1が自動燃料制御装置の不具合のため富山空港に予防着陸した。これは平成28年2月及び4月の予防着陸に続き、本年3回目である。飛行中機体にトラブルが発生することは、一歩間違えれば人命に関わる重大な事故につながりかねず、また、度重なる予防着陸は、多くの住民に不安を与えるものである。このような状況を十分認識し、再発防止と安全確保に努めるよう、次の4点について要請する。

・今回の機体のトラブルについて、徹底した原因究明を行い、対策を講ずるとともに、それまでの間飛行を差し控えること。
・同型機の点検整備を強化するとともに、再発防止と安全確保の更なる徹底を図ること。
・平成28年2月29日に調布飛行場に予防着陸した機体と、同年4月22日にキャンプ富士に予防着陸した機体と、今回予防着陸した機体は同一機体であるか否か明らかにすること。
・以上に関する情報を関係自治体に速やかに提供すること。

お問い合わせ
羽村市役所 ・企画総務部・企画政策課
電話:042-555-1111 (企画政策担当)内線312
お問合せフォーム
[トップ]
[羽村市役所]