横田基地周辺におけるヘリコプターの飛行について(口頭要請)

標題の件につきまして、「横田基地周辺市町基地対策連絡会」では、防衛省北関東防衛局長、横田防衛事務所長及び、在日米軍横田基地第374空輸航空団司令官に対し、下記のとおり口頭要請を行いましたので、お知らせします。

【横田基地周辺市町基地対策連絡会による口頭要請内容(8月24日(木曜日))】
今般、横田基地周辺住民から地元自治体に「平成8月20日(日曜日)の横田基地でのヘリコプターの飛行」に関する多数の苦情が寄せられたことから、北関東防衛局に事実確認等の照会を行ったところ、米軍から「8月20日の午後に、米海兵隊のヘリコプター(AH-1及びUH-1)は横田基地周辺を飛行した」という回答が、北関東防衛局を通じて地元自治体に提供された。
米軍の回答の中では、「パイロットの熟練能力の維持及び航空機の安全な運行の確保のために、日曜日に航空機の運用を行わなければならなかったこと」、「横田基地としては、航空機の運用差し控え時間帯における航空機の運用を制限するよう努めており、このような特別な状況や任務の要求に基づき、例外的な措置を執っていること」に触れ、その上で、「当該ヘリコプターの運用でご迷惑をお掛けしたことをお詫びする」ということが述べられている。
基地周辺住民にとっては、休息日である日曜日の午後に生じた事象であり、地元自治体として看過することのできないものであることから、改めて、次の点について要請する。

・横田飛行場における騒音規制措置を遵守すること。
・飛行運用等全てにおける安全対策を徹底するとともに、基地周辺住民に与える影響を最小限にとどめるよう努めること。
・本件に限らず、基地外に影響を及ぼす恐れのある事案については、事前の情報提供を行うこと。
・上記について、貴職から米軍に申し入れること。(※)
(※)国に対し付け加える要請

お問い合わせ
羽村市役所 ・企画総務部・企画政策課
電話:042-555-1111 (企画政策担当)内線312
お問合せフォーム
[トップ]
[羽村市役所]