第33回「女と男、ともに織りなすフォーラムinはむら」を開催しました。

第33回「女と男、ともに織りなすフォーラムinはむら」は終了しました。

ワーク・ライフ・バランスを目指した働き方〜働く人が意識を変える〜

ワーク・ライフ・バランスの実現は、一人ひとりが望む生き方ができる社会の実現にとって必要不可欠です。
近年、長時間労働対策の強化については、国をはじめ、地方自治体や企業などが、積極的に働きかけ、取組みを進めていますが、ワーク・ライフ・バランスの推進を図るためには、企業等の取組みだけでなく、一人ひとりの意識が変わることも大変重要です。
ワーク・ライフ・バランスを目指した働き方とはどういうものか、働く人が意識を変えるためにはどうしたらよいかなどについて、一緒に考えてみませんか。

【登壇者】
●竹信三恵子さん(和光大学教授)
●広岡守穂さん(中央大学教授)
●松尾紀子さん(株式会社みらい代表取締役)
●井上恵子さん(男女共同参画フォーラム実行委員)

【日時】
平成29年12月2日(土曜日)午後1時30分〜3時30分(開場 午後1時〜)
※終了後、30分〜1時間程度の自由参加による茶話会を予定しています。

【会場】
羽村市生涯学習センターゆとろぎ 小ホール

【内容】
講演(50分程度)、パネルディスカッション(60分程度)、茶話会(自由参加)

【定員】
80人(先着順)

【一時保育】
申込みは終了しました。

【申込み】
「住所、氏名、電話番号、一時保育の有無」を、電話またはファクス、Eメールで企画政策課へ


お問い合わせ
羽村市役所 ・企画総務部・企画政策課
電話:042-555-1111 (企画政策担当)内線312
お問合せフォーム
[トップ]
[羽村市役所]