空母ロナルド・レーガン艦載機の着陸訓練について(訓練終了)

標記の件について、防衛省北関東防衛局から下記のとおり情報提供がありましたので、お知らせします。
また、横田基地周辺市町基地対策連絡会では、各関係機関へ文書要請を実施しています。

【北関東防衛局からの情報提供(6月11日)】
硫黄島における空母ロナルド・レーガン艦載機の着陸訓練の終了について
在日米軍司令部から、硫黄島における空母ロナルド・レーガン艦載機の着陸訓練(FCLP)は6月10日(水曜日)に終了した旨連絡がありました。

【北関東防衛局からの情報提供(5月12日)】
在日米軍司令部から、下記のとおり硫黄島において空母ロナルド・レーガン艦載機の着陸訓練(FCLP:Field Carrier Landing Practice)を実施する予定である旨の通知があったので、お知らせします。
なお、予定は現時点のものであり、今後変更される可能性があります。
【訓練概要】
米空母艦載機着陸訓練(FCLP)は、空母ロナルド・レーガンが一定期間、横須賀に寄港した後、運用を再開するに先だって行われるもので、パイロットが空母へ着艦する資格を回復するために必要不可欠な訓練です。この訓練の実施は、地域における日米の抑止力・対処力を維持・強化するため、非常に重要な意義があります。
【実施日等】
日程:令和2年5月14日(木曜日)から6月10日(水曜日)まで
時間:午前11時から翌午前3時まで
【訓練場所】
硫黄島
【訓練機種】
空母ロナルド・レーガン艦載固定翼機全機種(FA-18E・FA-18F・EA-18G・E-2D・C-2A)
【その他】
・FCLP訓練における予備飛行場について、以下のとおり通告がありました。
【予備飛行場】三沢・厚木・岩国・横田飛行場
・防衛省として地元の皆さんの負担軽減のためにも、可能な限り硫黄島で訓練を実施するよう米側へ要請している旨の通告がありました。

【横田基地周辺市町基地対策連絡会による文書要請(5月13日)】
【要請日】令和2年5月13日(水曜日)
【要請者】横田基地周辺市町基地対策連絡会(幹事:立川市長)構成市町:立川市・昭島市・福生市・武蔵村山市・羽村市・瑞穂町
【要請先】各関係機関
【要請方法】
郵送
【要請内容】
詳しくは、市公式サイトをご覧ください。



お問い合わせ
羽村市役所 ・企画総務部・企画政策課
電話:042-555-1111 (企画政策担当)内線312
お問合せフォーム
[トップ]
[羽村市役所]