ページの先頭です

中学生の職場体験受入協力者を募集

[2017年10月15日]

受入事業所の募集について

中学生の職場体験学習は、お陰をもちまして平成29年度で12年目を迎えました。さまざまな方のご協力をいただき、今年度は市内の103事業所のご協力により実施することができました。公共施設や市内の事業所、農業団体などの活動場所に分かれるため、多くの受入れ事業所が必要になります。
5日間という期間や中学生に「何を教えれば良いのか」など、さまざまな不安や疑問があると思われますが、「コミュニティの一員として、人と人とのかかわりを通して学び、羽村でしかできない体験活動の場を提供し、将来の職業を夢に描けるよう、地域で子どもを育てる」という趣旨を生かして、羽村の将来を担う中学生に良き体験の場をお与えくだされば幸いです。
つきましては、下記のとおり計画しておりますので、趣旨をご理解いただき、受入事業所の登録に、ご協力いただきますようお願い申し上げます。

この事業についての登録及びご不明な点は下記担当までご連絡ください。

平成29年度 職場体験サポート事業実施要項(概略版)

趣旨

羽村市の未来を担う中学生に、「コミュニティの一員として、人と人とのかかわりをとおして学び、羽村でしかできない体験活動の場を提供し、将来の職業を夢に描けるよう、地域で子どもを育てよう!」これが職場体験サポート事業のねらいです。

実施内容等

対象および実施時期

羽村第二中学校2年生193人 5月29日(月曜日)~6月2日(金曜日)の5日間

羽村第一中学校2年生202人 10月16日(月曜日)~10月20日(金曜日)の5日間

羽村第三中学校2年生 81人 10月23日(月曜日)~10月27日(金曜日)の5日間

募集人員

1部署に2人を基本とした小グループ編成にて受入れていただきます。
※1事業所何人でも受入可。ただし、原則1人だけの受入はできません。

受入時間

午前9時~午後3時 (昼食休憩1時間)
※職種によってはご都合の悪い場合などご相談ください。

昼食

生徒が弁当を持参するため、用意する必要はありません。
※社員食堂等での食事も可能です。

交通関係

生徒が自宅から事業所へ直接通います。
※交通費の負担はありません。

保険関係

日本スポーツ振興センター及び全国市長会「学校災害賠償補償保険」の適用になります。

(1)生徒本人がケガをした場合(場合により適応外もあります)

(2)生徒本人が入院をした場合(場合により適応外もあります)

その他

(1)登録をしたら必ず受入れなくてはならないということではありません。

(2)5日間連続の受入れが原則ですが、定休日等の関係で4日間の実施でも構いません。

(3)受入れ事業所における費用の負担は一切ありません。

(4)市民が職場体験をしている生徒を見かけたら、お声かけ(励まし等)をするよう、市教委から呼びかけます。

問合せ

担当:羽村市教育委員会生涯学習部学校教育課 555-1111 内線378

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


中学生の職場体験受入協力者を募集への別ルート