ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

羽村市

はむらってこんなまち羽村市公式PRサイト

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    日本脳炎予防接種

    • 初版公開日:[2022年04月01日]
    • 更新日:[2022年4月1日]
    • ID:2992

    日本脳炎ワクチンの供給不足について

    日本脳炎ワクチンは、令和3年度から製造元の都合により全国的に供給が不足しています。
    かかりつけ医で予約が取れなかった場合は、数週間から数か月おいて予約を取る等の対応をお願いいたします。

    ただし、定期接種(無料)として受けられる年齢の上限が近づいている方は優先接種となりますので、まだ接種を終えていない方は医療機関に相談・予約のうえ接種しましょう。

    日本脳炎予防接種について

    日本脳炎は、ブタなどの体内で増えたウイルスが蚊によって媒介され感染します。接種期間のうちに予防接種を受けましょう。

    標準的な接種スケジュール

    <第1期(3回)>

    接種期間は3歳から7歳6か月の前日までです。接種方法は6日以上の間隔をおいて2回接種、初回接種終了後6か月以上経過した時期に1回接種します。

    (注意)免疫の効果を考慮すると、初回接種は6日から28日までの間隔をおいて2回接種、初回接種終了後おおむね1年経過した時期に1回接種することが望ましいとされています。
    (注意)3歳になるお子さんには、3歳児健診の案内と一緒に日本脳炎予防接種の1期のお知らせと予診票を送付します。

    <第2期(1回)>

    9歳から13歳の誕生日の前日までの間に1回接種します。

    (注意)9歳になる月の初旬に日本脳炎2期のお知らせと予診票を送付します。

    (注意)国の通知に基づき、平成24年4月1日から平成25年3月31日生まれの方には、令和4年3月に日本脳炎2期のお知らせと予診票を送付しました。

    特例の対象者について

    日本脳炎予防接種は、重い副反応【重症ADEM(アデム 急性散在性脳脊髄炎)】発症との因果関係があるとの判断から、平成17年度から平成21年度まで、定期の予防接種としての積極的な勧奨を差し控えていました。

    その後、新たなワクチンが開発され、現在は通常通り受けられるようになりましたが、接種の差し控え等の事情から、下記の対象者に該当する方は、「特例対象者」として公費で日本脳炎の定期接種を受けることができます。

    平成7年4月2日から平成19年4月1日生まれの方

    20歳未満(20歳の誕生日の前日まで)であれば、いつでも接種を受けることができます。

    <予診票について>

    下記の年齢の方には保健センターから予診票を送付します。

    (注意)令和4年度に18歳になるお子さんには、日本脳炎予防接種の2期のお知らせと予診票を令和4年3月に送付しました。
    (注意)上記以外の方で、第1期および第2期の予防接種を希望する方は予診票をお渡ししますので、母子健康手帳を持参の上、保健センターへお越しください。

    接種方法

    <1期の予防接種の初回接種のうち、接種を1回受けた方>

    6日以上の間隔をおいて、残り2回接種を受けることができます。

    <1期の予防接種の初回接種のうち接種を2回受けた方>

    6日以上の間隔をおいて、残り1回接種を受けることができます。

    <1期の予防接種を受けていない方>

    6日以上の間隔をおいて2回接種、初回接種終了後6か月以上経過した時期に1回接種を受けることができます。

    (注意)免疫の効果を考慮すると、初回接種は6日から28日までの間隔をおいて2回接種、追加接種は初回接種終了後おおむね1年経過した時期に1回接種することが望ましいとされています。

    <2期の予防接種を受けていない方>

    9歳以上の方で、1期終了後6日以上の間隔をおいて、1回接種を受けることができます。

    (注意)免疫の効果を考えると、2期は1期追加接種の終了後、おおむね5年の間隔をおいて接種することが望ましいとされています。

    平成19年4月2日から平成21年10月1日生まれの方

    平成28年4月1日から、第1期の未接種分も無料で接種できるようになりました。

    9歳から13歳の誕生日の前日までの期間において、2期(1回)の接種を受けることができます。

    また、1期(3回)の接種が済んでいない方は、その不足分を接種することができます。接種間隔や回数は、過去の接種歴により異なりますので、母子保健・相談係またはかかりつけ医にご相談ください。

    接種場所

    市内実施医療機関へ事前に予約した上で、母子健康手帳と予診票、健康保険証を持参し、接種をしてください。

    (注意)羽村相互診療所は、未就学児は受診できません。

    市内実施医療機関
    医療機関名住所電話番号
    わかくさ医院羽村市小作台二丁目7番地16042-579-0311
    松田医院羽村市小作台五丁目8番地8042-554-0358
    小作駅前クリニック羽村市小作台五丁目9番地10042-578-0161
    栄町診療所羽村市栄町一丁目14番地46042-555-8233
    山川医院羽村市五ノ神一丁目2番地1サカヤビル1階042-554-3111
    ばば子どもクリニック羽村市五ノ神352番地22042-555-3788
    オザキクリニック羽村院羽村市富士見平一丁目18番地羽村団地24の1042-554-0188
    横田クリニック羽村市羽東一丁目8番1号042-554-8580
    松原内科医院羽村市羽東一丁目16番3号042-554-2427
    羽村相互診療所羽村市神明台一丁目30番地5042-554-5420
    神明台クリニック羽村市神明台一丁目35番地4042-554-7370

    詳しくお知りになりたい方は厚生労働省のホームページをご覧ください

    お問い合わせ

    羽村市子ども家庭部子育て相談課

    電話: 042-555-1111 (母子保健・相談係)内線692 (手当・助成係)内線235 (子ども家庭支援センター係)内線266

    ファクス: 042-554-2921

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム