ページの先頭です

エコ・チャレンジ!“環境ファミリー”の取り組み内容

[2012年5月7日]

エコ・チャレンジでは、次の5つの区分の中から、取り組むことを選んでください。

(エコ・チャレンジ!“環境ファミリー”のページへ移る)

1 ごみ

ごみの処分には、エネルギーが必要です。
また、焼却灰や燃やせないごみは、埋め立て処分します。
このままでは、もうすぐ埋立地はパンクしてしまいます。
分別やごみ減量による環境配慮をしましょう。

  1. 生ゴミは、水をよく切ってから出します。
  2. ごみの分別をキチンとします。
  3. ビン・缶・容器包装プラスチックなどの資源ごみは洗ってから出します。
  4. 使い捨て容器は使わないようにします。
  5. 自由設定(上記以外にチャレンジすることを自由に設定できます。)

2 省エネ(電気・ガスなど)

エネルギーを使用すると二酸化炭素(CO2)が発生し、地球温暖化の最大原因となっています。
地球温暖化が進むと、海面が上昇したり動植物のバランスがくずれるなどの深刻な影響が予想されています。
省エネを意識した生活をしましょう。

  1. 省エネの第一歩!エネルギーの見える化!電気、ガスなどの使用量を記録します。市販されている計測器を活用すれば、区画ごと(キッチンの電気使用量など)、電気製品ごとの使用量も分かり、省エネすべきところが分かります。
  2. テレビなど長時間使用しない時は、主電源を切ります。
  3. 室温は、冷房28℃以上、暖房20℃以下を目安にします。
  4. 風呂は続けて入り沸かし直す回数を少なくします。
  5. 冷蔵庫の開け閉めを効率的に行います。
  6. 自由設定(上記以外にチャレンジすることを自由に設定できます。)

3 水

水道を使ったり、汚れた水をキレイにするためにはエネルギーなどを消費します。
使用する量を少なくすることと、水を汚さないことが、環境負荷の低減になります。
素晴らしい多摩川などを守るためにも、水の使用に気をつけましょう。

  1. 歯磨き・洗面の時、水を出したままにしません。
  2. 洗濯などに風呂の残り湯を利用します。
  3. 洗濯する時、洗剤や水道を使い過ぎません。
  4. 食器の汚れは、古紙などで拭取ってから洗います。
  5. 自由設定(上記以外にチャレンジすることを自由に設定できます。)

4 自動車

空気を汚す原因のひとつが自動車からの排気ガスです。
また、自動車はガソリンなどエネルギーをたくさん使います。
低・省燃費自動車の購入、人と環境にやさしいエコドライブを実践しよう!

  1. アイドリング・ストップを心がけます。
  2. 出かける時は、自転車や公共交通機関を利用します。
  3. 空ぶかし、急発進、急加速はしません。
  4. 自分で車に乗らないノーマイカーデーを実践します。
  5. 自由設定(上記以外にチャレンジすることを自由に設定できます。)

5 グリーン購入

3Rって聞いたことありますか?3Rは【リデュース=減らす】【リユース=繰り返し使う】【リサイクル=再生利用】のことを表します。

商品包装をやめたり、ビニールのレジ袋をやめてゴミを減らす、ワンウェイ食器(使い捨ての紙皿など)の使用をやめて洗って繰り返し使える食器を使用する、そして、再生した製品を積極的に使う。

3Rで無駄のない循環型社会をつくりましょう!

  1. エコマークやグリーンマークなどの入った環境配慮型商品を優先的に購入します。
  2. 過剰包装でないものを選びます。
  3. 詰め替えができる商品を積極的に買います。
  4. 買い物袋(マイバッグ)を持参します。
  5. 自由設定(上記以外にチャレンジすることを自由に設定できます。)

※平成12年に循環型社会形成推進基本法において3R方針が示され、(1)リデュース 、(2)リユース、(3)リサイクル、(4)サーマルリサイクル、(5)適正処分の優先順位による廃棄物処理およびリサイクル、に取組むこととなっています。

お問い合わせ

産業環境部環境保全課

電話: 042-555-1111 (環境保全係)内線224

お問合せフォーム