ページの先頭です

小中一貫教育の取り組み(5) 教員の取り組み

[2014年3月31日]

教員の取り組み

児童・生徒だけでなく教員も小学校、中学校合同で会議等を行い交流、情報交換を行っております。各校区の名称は違いますが、おおむね同様の内容です。

教員の取り組み
 取組内容 校区 名称
各校の全教員で組織し小中一貫教育について情報交換・協議・検討を行う。                 また、教科・活動ごとに情報交換を行い小中連携指導の具体的な方策を検討する。            いじめ・不登校など生活指導上の問題についても協議する。 一中校区 全体会
 小中教科・領域別情報交換会
 小中生活指導懇談会
 二中校区 全体会
 分科会
 三中校区 合同会議
 6部会・10教科部会
各校の校長、副校長、教務主任、生活指導主任で組織し、小中一貫教育の運営を行う。 一中校区 推進委員会
 二中校区 運営委員会
 三中校区 検討会
各校の校長、副校長、教務主任、生活指導主任、学校評議員など地域の方を交え成果、課題について協議し次年度への改善を図る。 一中校区 検証委員会
 検証報告会
 二中校区 検証委員会
 三中校区 検証委員会

お問い合わせ

教育委員会 生涯学習部学校教育課

電話: 042-555-1111 (教職員係)内線374 (指導係)内線376

お問合せフォーム


小中一貫教育の取り組み(5) 教員の取り組みへの別ルート