ページの先頭です

羽村市ICT活用販路開拓事業助成金制度を拡充しました!

[2020年7月29日]

ホームページの新規作成や変更に加え、テレワークに係る機器購入費、出前代行サービスの初期費用等も対象となりました

市では、市内に事業所を有する中小企業者等がICTを活用した販路開拓や情報発信のほか、テレワークなどの業務改善に係る機器の購入費や、ホームページの新規作成または大幅な変更をする場合に、助成対象経費の10分の10(上限10万円)を助成します。

※この助成金は、令和3年3月31日までとなります。

助成対象

次の要件をすべて満たしていることが条件です。

1.市内中小企業者または市内中小企業者によって組織された商工団体であること。

2.既に納期の到来した市税等を完納していること。

3.風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律により規制される業種、及びこれに類する業種または消費者に著しく不利益を与える業務を行っていないこと。

助成対象事業

1.ホームページの新規作成

2.ホームページの大幅な変更(全面リニューアル、外国語対応等)

3.テレワークなどの業務改善に係る機器の購入(※拡充しました)

4.インターネット出前代行サービスに係る初期登録費用(※拡充しました)

助成対象経費

1.ホームページ作成または変更委託費用

2.ホームページ作成ソフトウェア及び書籍の購入費用

3.ホームページ作成に係る研修等の受講料及び専門家への謝金

4.ドメイン新規取得費用

5.サーバー利用に係る初期費用

6.日本語から外国語への翻訳費用

7.テレワークやウエブ会議等に必要な機器等の購入費用(※拡充しました)

8.インターネット出前代行サービスに係る初期登録費用(※拡充しました)

助成対象外経費

1.通信費

2.ホームページ維持管理費(ドメイン・サーバー維持費等)

3.公的機関等から同種の助成金の交付を受けている場合または交付決定を受ける見込みのある場合は、対象となりません。

助成金交付額

対象経費のうち、10万円まで助成します。(補助率:10分の10)

※千円未満の端数がある場合は、これを切り捨てた額となります。

※助成対象経費に消費税等は含まれません。

助成金は毎年度予算の範囲内で交付します。また、助成金の交付は、同一の中小企業者等に対して、年度にかかわらず1回限りとします。

申請から実行、助成金交付までの流れ

1.交付申請 助成金の交付申請を行ってください。

2.交付決定 羽村市で書類を審査し、助成を決定した場合、決定通知書を発行します。

3.交付決定後 ホームページの作成・変更、機器購入等の事業を開始してください。

4.実績報告 事業完了後、報告書等を提出してください。

5.助成金額の確定 羽村市で書類を審査し、助成金額の確定後、確定通知書を発行します。

6.助成金の請求 助成金請求書兼振込依頼書を提出してください。

7.助成金交付 羽村市より助成金が振り込まれます。

ICT活用販路開拓事業助成金チラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

申請時必要書類

1.交付申請書(様式第1号)

2.事業計画書(様式第1号別紙)

3.助成対象経費を確認する書類(見積書の写し、品名・金額・内容等の記載のある印刷物等)

4.会社案内

5.団体規約及び会員名簿(市内中小企業者によって組織された団体の場合)

6.現在のホームページの写し(変更の場合)

事業内容に変更が生じた場合

事業変更承認申請書を提出してください。

実績報告時必要書類

1.実績報告書(様式第5号)

2.事業報告書(様式第5号別紙)

3.領収証の写し

4.作成したホームページを印刷したもの(新規作成の場合)

5.変更後のホームページを印刷したもの(変更の場合)

6.購入機器が確認できるもの(写真、カタログ等)

確定通知書受領後の提出書類

助成金をお支払いするために、請求書兼振込依頼書を提出してください。

お問い合わせ

産業環境部産業振興課

電話: 042-555-1111 (商工観光係)内線655 (農政係)内線661 (消費生活係)内線640

お問合せフォーム