ページの先頭です

オリ・パラ通信 6 【広報はむら平成29年9月15日号記載】 パラリンピック競技紹介③(バドミントン)

[2017年12月13日]

バドミントン Badminton


 東京2020パラリンピックの全22競技紹介の第3弾としてバドミントンを紹介します。

 東京2020大会で初めて正式競技となるため、具体的なルールや障害区分などは、まだ決まっていません。ここでは、現在行われている一般的な大会でのルールなどを紹介します。  

★ 基本のルールはほとんど同じ

 一般のバドミントンと同じように、シングルスとダブルスがあり、1ゲームは21点先取となり、2ゲーム先取で勝利となります。
ネットの高さも同じですが、クラスによってコートの広さが異なります。 車いすのクラスでは、シャトルを打つ瞬間は競技者の胴体の一部分が車いすのシートに接していなければならないなどの特別なルールがあります。

★  障害の種類や程度によってクラス分け

立位上肢・・・上肢障害(義手の使用は不可)

立位下肢・・・下肢障害(義足・松葉杖の使用は可)

車いす・・・車いすを使用

さらに障害の程度によって6つのクラスに分かれます。

★ 見どころ

 車いすクラスのシングルスは半面のコートで行うことで、全面コートより攻撃のテンポが速くなります。
そのため、車いすの素早い操作で、シャトルの落下点に入るチェアワーク、同時に、早い動きとスイングの体勢をとる技能、そして配球を読む力が求められます。
 スタミナも不可欠ですが、むしろ技術の習熟度とメンタルの強さが勝利のカギとなります。大量の点差があっという間にひっくり返ることもあります。 コートが狭いからこその戦略的な駆け引きは見ごたえがあります。

迫力満点駆け引きとラリー
(画像提供東京都)

競技会場は国立代々木競技場です。

お問い合わせ

企画総務部東京オリンピック・パラリンピック準備室

電話: 042-555-1111 (東京オリンピック・パラリンピック担当)内線344

お問合せフォーム