ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

羽村市

はむらってこんなまち羽村市公式PRサイト

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    オリ・パラ通信 10 【広報はむら平成30年1月15日号記載】 パラリンピック競技紹介⑦(馬術)

    • 初版公開日:[2018年01月19日]
    • 更新日:[2018年1月19日]
    • ID:10774

    馬術 Equestrian 


     東京2020パラリンピックの全22競技紹介の第7弾として馬術を紹介します。

    ★  競技種目

     パラリンピックの馬術は、あらかじめ決められた演技を行う「個人チャンピオンシップ」・「団体戦チームテスト」と、選手が自分で選んだ楽曲に合わせて演技を行う「フリースタイル」の3種目があります。

    ★  障害の種類や程度によってクラス分け 

     障害の種類や程度により、5つのクラス(グレード)に分かれます。グレードごとに技術レベルや馬場の広さが変わります。
     また、個人戦はグレードごとに競技を行いますが、団体戦ではグレードを問わずにチームを組み、競技を行います。

    通常の二輪自転車絵図

    頼れるパートナー
    (画像提供東京都)

    ★ 見どころ

     人馬一体となった演技の正確性と芸術性を競い合う競技です。
     審判は常足(なみあし)、や速足(はやあし)などの運動項目ごとに10点満点で採点し、その合計得点で勝敗が決まります。選手はジャケットを着て、ヘルメット、乗馬用ブーツ、手袋などを身に着けることが義務付けられています。
     また、馬には鞍や手綱などの用具を装着しますが、障害によって一般に使用されている馬具では不自由であったり、安全性に問題があったりする場合は、それらを補うために改良された「特殊馬具」を使用することが認められています。
     唯一のパートナーとして一緒に競技に臨む馬への信頼感や愛情も、勝敗の重要な要因となります。

    「馬術」の競技会場は馬事公苑です。