ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

羽村市

はむらってこんなまち羽村市公式PRサイト

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    オリ・パラ通信 12 【広報はむら平成30年3月15日号記載】 パラリンピック競技紹介⑨(ゴールボール)

    • 初版公開日:[2018年03月20日]
    • 更新日:[2018年3月20日]
    • ID:10946

    ゴールボール Goalboll


     東京2020パラリンピックの全22競技紹介の第9弾としてゴールボールを紹介します。

    ★  競技ルール

     ゴールボールは、視覚に障害のある選手が男女別に行う対戦型のチームスポーツです。視力の程度に関係なく同じ条件でプレーできるようにするため、1チーム3人の選手がアイシェードという目隠しを装着し、18m×9mの大きさのコート(6人制バレーボールと同じ広さ)の中で競います。
     攻撃側は相手ゴールに向かって、ボールを転がすように投球し、ゴールを狙います。守備側はボールの音や相手の足音を聞き分け、3人で体全体を使って、幅9m、高さ1.3mのゴールを守ります。ボールがゴールに入れば、攻撃側に1点が与えられ、守備側がゴールを守ることができれば、次は攻撃のチャンスになります。
     1試合は、前後半12分ずつの合計24分間(前後半の間は3分)で行われ、得点の多いチームが勝ちとなります。

    ゴールボール 絵図

    狙いを定めて投球
    (画像提供東京都)

     ★  ボール・投球について

    ボール・・・バスケットボール(7号球)とほぼ同じサイズで、ボールの中に鈴が2個入っています。重さはバスケットボールの2倍の1.25kgもあります。

    投球・・・決められたエリアでバウンドしなければ反則になるなど、細かい決まりがあります。

    ゴールボール 絵図

    体全体を使って止める!
    (画像提供東京都)

    ★ 見どころ  

     プレーが始まる前に審判が「クワィエットプリーズ!(Quiet  Please!:お静かに!)」のコールをします。

     これが静かにする合図です。ボールの中に入った鈴や、相手選手が動く足音など、かすかな音を頼りにプレーするので、試合は静寂の中で行われます。投球は時速50キロメートルに達することもあり、重さもあるため、選手がけがをしたり、競技中にボールが壊れてしまったりするなど、想像以上に激しいスポーツです。

    競技会場は幕張メッセCホールです。