ページの先頭です

平成30年度第1回 羽村市地域包括支援センター運営協議会 会議録

[2020年5月7日]

平成30年度第1回 羽村市地域包括支援センター運営協議会 会議録

日時

平成30年6月1日(金曜日)午後7時20分~午後8時40分

会場

市役所4階特別会議室

出席者

会長・道佛雅克、副会長・沖倉功、委員・塚田和彦、中村正人、林田香子、鈴木修平、古川光昭、阿部啓一、岩井悦子、堀米惠子、渡辺明、大西秀哉、粕谷昇司

欠席者

小林秀治

議題

  • 委嘱状の交付
  • 市長あいさつ   
  • 委員及び職員紹介
  • 会長及び副会長の選任
  • 運営協議会傍聴について
  • 議事

<所掌事項>

  • 地域包括支援センター条例について
  • 地域包括支援センター運営協議会規則について
  • 指定介護予防支援事業所の指定等に関する規則について
  • 指定地域密着型サービス事業所及び指定地域密着型介護予防サービス事業所の指定等に関する規則について

<協議事項>

  • 介護予防サービス計画作成の業務委託について
  • 平成29年度地域包括支援センター運営自己評価について
  • 地域包括支援センター(直営)の委託について

<報告事項>

  • 介護予防支援給付実績及び総合事業利用状況について
  • 平成29年度地域包括支援センター事業報告及び相談実績について

傍聴者

1名

配布資料

  • 地域包括支援センター条例(資料1)
  • 地域包括支援センター運営協議会規則(資料2)指定介護予防支援事業所の指定等に関する規則(資料3)
  • 指定地域密着型サービス事業所及び指定地域密着型介護予防サービス事業所の指定等に関する規則(資料4)
  • 介護予防サービス計画作成の業務委託について(資料5)
  • 平成29年度介護予防支援給付実績(資料6)
  • 平成29年度総合事業利用状況(資料7)
  • 平成29年度地域包括支援センター事業報告(資料8)
  • 平成29年度羽村市地域包括支援センター相談実績報告(資料9)
  • 平成29年度地域包括支援センター運営自己評価について(資料10)
  • 地域包括支援センター(直営)の委託化に伴う担当地区の変更および委託予定事業者について(案)(資料11)

会議の内容

  • 委嘱状交付
  • 市長あいさつ
  • 委員及び職員紹介
  • 会長及び副会長の選任

(司会)会長及び副会長の選任を行ないます。羽村市地域包括支援センター運営協議会規則第4条により、会長・副会長が互選によることとなりますが、いかがいたしましょうか。

(委員)運営協議会委員が改選となりましたが、前回の会長、副会長がいらっしゃいますので、引き続き道佛委員に会長、沖倉委員に副会長が適任であると考えますので、お二人を推薦したいと思います。

(司会)ただ今、会長に道佛委員、副会長に沖倉委員という推薦をいただきましたが、皆さんいかがでしょうか。

(委員)異議なし(複数)

(司会)それでは、会長に道佛委員、副会長に沖倉委員に決まりましたので、どうぞ前の席までお願いいたします。それでは会長、副会長にご挨拶をいただきたいと思います。

(会長)前回に引き続きまして、会長を務めさせていただきます道佛と申します。この運営協議会が滞りなく進行できますように努力しますので、よろしくお願いいたします。

(副会長)こんばんは。前期に引き続きまして副会長を務めさせていただきます。少しでも会長を補佐していければと思っております。どうぞよろしくお願いします。

運営協議会傍聴について

(司会)次に、傍聴についてお諮りいたします。本日、机上に配布しております「羽村市地域包括支援センター運営協議会の会議の傍聴に関する定め」第2条により、傍聴人の定員は5名以内としております。本日は1名の方が傍聴においでいただいておりますが、傍聴を許可してよろしいでしょうか?とくに異議がないようですので、入室していただきます。傍聴人におかれましては、お手元の遵守事項をお守りいただきますようお願いいたします。

(司会)それでは、これから議事に入ります。会長よろしくお願いします。

議事

(会長)それでは、議事にうつります。(1)所掌事項【①地域包括支援センター条例について、②地域包括支援センター運営協議会規則について】は、関連がございますので、事務局より一括で説明をお願いします。

(事務局)資料1、2地域包括支援センター条例、地域包括支援センター運営協議会規則について説明

(会長)資料1、2の条例、運営協議会規則について何かご質問はございませんか。ご質問がないようでしたら、続きまして、所掌事項【③指定介護予防支援事業所の指定等に関する規則について】事務局より説明をお願いします。

(事務局)資料3 指定介護予防支援事業所の指定等に関する規則について説明

(会長)資料3について、何かご質問はございませんか。ご質問がないようでしたら、つづいて、所掌事項【④指定地域密着型サービス事業所及び指定地域密着型介護予防サービス事業所の指定等に関する規則について】事務局より説明をお願いします。

(事務局)資料4 指定地域密着型サービス事業所及び指定地域密着型介護予防サービス事業所の指定等に関する規則について説明

(会長)資料4について、何かご質問はございませんか。ご質問がないようでしたら、(2)協議事項【①介護予防サービス計画作成の業務委託について】事務局より説明をお願いします。

(事務局)資料5 介護予防サービス計画作成の業務委託について説明

(会長)資料5 介護予防サービス計画作成の業務委託について、ご質問・ご意見などはございませんか。ないようでしたら、承認としてよろしいでしょうか。

(委員)はい。(複数名)

(会長)つづいて、協議事項【②平成29年度地域包括支援センター運営自己評価について】事務局より説明をお願いします。

(事務局)資料10 平成29年度地域包括支援センター運営自己評価について説明

(会長)資料10 平成29年度地域包括支援センター運営自己評価について、ご質問・ご意見などはございませんか。

(委員)認知症カフェについて質問ですが、案内のチラシ等拝見したことがないのですが、通所介護ではご家族様からご要望・ご相談も多く、ぜひご紹介をしたいと思っているところです。チラシなどはあるのでしょうか。

(事務局)認知症カフェは平成29年度に市が実施し、30年度については、医療機関や介護事業所等のご協力を得ながら実施の拡大を進めて参ります。チラシも作成予定ですので、用意ができたらお配り致します。

(委員)お願いします。

(会長)次に私からもお伺いしたいのですが、今回2回目の自己評価ということですが、昨年度自己評価された際の今後の方針がどうなったか、前年度と今年度と評価項目は一緒なので、評価した状況を比較し差をみることで、その方針がちゃんとできているかの検討はなさっているのでしょうか。

(事務局)平成28年度の自己評価が平成29年11月となったため、評価期間が短かったというのもあり、平成30年度に検討を深めたいと思っているところです。

(会長)(自己評価用紙に)「今後の取り組み」という欄があるので、その欄の前に「前回との比較」という項目があれば、一目瞭然かなと思いますが。

(事務局)それについては、やはり平成29年度の評価期間が短く重複する部分があるため、平成28年の結果を踏まえながら現在進行で、自己評価の結果を反映させていきたいと思っておりますので、ご了承いただければと思います。

(会長)承知しました。他に何かご質問・ご意見ありますでしょうか。ないようでしたら承認ということでよろしいでしょうか。

(委員)異議の発言なし。

(会長)つづいて、協議事項【③地域包括支援センター(直営)の委託について】事務局より説明をお願いします。

(事務局)資料11 地域包括支援センター(直営)の委託について説明

(会長)地域包括支援センター(直営)の委託について、ご質問・ご意見などはございませんか。ご質問がないようでしたら、これは一つの新しい事業ですので、承認の方は挙手をお願いしたいと思います。では、承認するという方は挙手をお願いいたします。全員挙手がありましたので、承認されたということに致します。それでは、次に(3)報告事項①【介護予防支援給付実績及び総合事業利用状況について】、事務局より説明をお願いします。

(事務局)資料6・7 介護予防支援給付実績及び総合事業利用状況について説明

(会長)介護予防支援給付実績及び総合事業利用状況について、ご質問はございませんか。ご質問がないようでしたら、次に報告事項②【平成29年度地域包括支援センター事業報告及び相談実績について】、事務局より説明をお願いします。

(事務局)資料8・9 平成29年度地域包括支援センター事業報告及び相談実績について説明

(会長)平成29年度地域包括支援センター事業報告及び相談実績について、ご質問はございませんか。では、今までの全体を通してのご質問・ご意見はありませんか。

(委員)戻ってしまうのですが、先ほどの要支援1・2の認定者数の中で、要介護から要支援に移った方の割合はどの程度でしょうか。

(事務局)統計としてはこちらでも把握しておらず、件数でお示しできないのですが、そういう方もいらっしゃいます。月でいうと、10件くらいはいるのではないかと。

(会長)私の方からもお伺いしたいのですが、認定の給付管理件数が増えているのはなぜだとお考えですか?検証なさっていますでしょうか。

(事務局)認定者数に占める給付管理件数ということでいいますと、例えば、念の為に認定申請をしておきたいという方が多く、サービスを実際に利用する方が認定者と比較して少なかったのが、認定を受けたら実際にサービスを利用しよう、という方の割合が増えてきたと感じております。

(会長)今まで40%台だったのが、50%を超えているので、これはどうしてか、検証していけばさらに増えるのではないかと考えられます。もう少し増えている理由を深めてはいかがでしょうか。

(事務局)考えられることとして、一点には介護保険の利用申請の際、「何かあった時にすぐ使いたいので申請をしておく」という方が一定数いらっしゃるので、心配しなくても必要時で大丈夫な旨を申請時にお伝えしているということがあります。認定の関係は今後確認をして、ご報告させていただければと思います。

(会長)ありがとうございます。他に何か質問・意見はありませんか。

ないようでしたら、次に次第7【その他・事務連絡】について、事務局お願いします。

(事務局)【連絡事項】

  • 羽村市高齢者福祉計画及び第7期介護保険事業計画について
  • 羽村市医療・介護資源マップについて
  • 認知症ケアパスについて
  • パンフレット「あなたと歩む介護保険」について
  • 報酬について
  • 次回の開催時期について

(会長)それでは、第1回の運営協議会を終了いたします。委員の皆さまにおかれましては、円滑な議事の進行にご協力いただきありがとうございました。

(司会)以上を持ちまして、平成30年度第1回羽村市地域包括支援センター運営協議会を終了させていただきます。委員の皆さま、ご多忙の中ご出席いただき、ありがとうございました。

お問い合わせ

羽村市役所 福祉健康部 高齢福祉介護課
電話: 042-555-1111 (地域包括支援センター係)内線195
E‐mail: s304200@city.hamura.tokyo.jp