ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

羽村市

はむらってこんなまち羽村市公式PRサイト

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    オリ・パラ通信 18 【広報はむら平成30年9月15日号記載】 パラリンピック競技紹介 (15) (シッティングバレーボール)

    • 初版公開日:[2018年09月19日]
    • 更新日:[2018年9月19日]
    • ID:11518

    シッティングバレーボール Sitting volleyball  


     東京2020パラリンピックの全22競技紹介の第15弾としてシッティングバレーボールを紹介します。

    競技ルール

     シッティングバレーボールは下肢などに障害のある選手が床にお尻をつき、座った姿勢でプレーする6人制バレーボールです。

     1チームは12人で構成され、そのうち6人がコート上でプレーします。

     選手は、障害の程度に応じて2つのクラスに分けられ、障害の軽いクラスの選手はチームに最多2人、コートに入れるのはそのうち1人です。

     ルールはオリンピックのバレーボールとほとんど同じですが、コートの面積は半分以下、ネットの高さも1メートル以上低く設定されていて、特有のルールもあります。試合は5セットマッチで行われ、3セット先取でチームの勝利となります。

    ウィルチェアーラグビー 絵図

    緊迫したラリー
    (画像提供:東京都)

    特有のルール

     スパイクやブロック、サーブの時など、プレー中はコート上でのすべての動作において、お尻が床から離れると反則になります。

     例外として、レシーブの時に一瞬であれば、お尻が床から離れることが許されます。

    見どころ

     プレーの際、できるだけ速く移動できるよう、足だけでなく手もよく使います。

     手を使った移動はこの競技ならではのテクニックで、残された体の機能を余すことなく使い、それぞれが独自の動きでプレーします。

     また、コートが小さく選手同士の距離が近いため、ボールが飛んで来るまでの時間が非常に短く、スピード感あるラリーになります。全員でボールを拾い、全員でつなぎ、全員で攻める。このようにチームが一体となって戦う姿は必見です。

    競技会場

    幕張メッセAホール