ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

羽村市

はむらってこんなまち羽村市公式PRサイト

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    杏林大学との連携事業

    • 初版公開日:[2019年01月09日]
    • 更新日:[2019年11月5日]
    • ID:11852

     羽村市と杏林大学は、相互の資源および研究成果などの交流を促進し、活力ある地域社会の創造、人材育成および両者の発展に資することを目的に包括連携協定を締結しています。

     教育、生涯学習、まちづくり、地域の産業・文化の振興、健康・福祉、自然・環境、学術研究など、さまざまな分野において協力していますが、東京2020大会の気運醸成に向けても、羽村市と杏林大学は連携した取り組みを実施しました。

     羽村市・杏林大学連携事業について詳しくは、羽村市公式サイト【企画政策課のページ】(別ウインドウで開く)をご覧ください。


    東京2020大会気運醸成に向けた羽村市と杏林大学の連携した取り組み

    令和元年11月2日 第50回産業祭ブース出展

    総合政策学部木暮ゼミナールのみなさんによる企画提案および運営協力

     平成31年度に提案していただいた3つの企画のうち、 第50回産業祭での東京オリンピック・パラリンピック準備室ブース出展にあたり、杏林大学総合政策学部木暮ゼミナールの皆さんに、①オリ・パラクイズ、②応援メッセージボード作成、の運営に協力いただきました。

     応援メッセージボード作成の企画は、ブースに来場された方に東京2020大会の全競技・全選手への応援メッセージをカラフルなペンで書いていただくもので、2018年に2枚、2019年に2枚作成し、4枚1組で『応援する人の想いがぎゅっとつまった大きな応援メッセージボード』とするものです。

     昨年から引き続き制作していた色鮮やかな応援メッセージボードは、今年度で完成しました。

    オリパラクイズと応援メッセージボード作成

    ▲オリ・パラクイズと応援メッセージボード作成の様子

    一日お疲れ様

    ▲運営にあたった学生6名と市担当者

    完成した応援メッセージボード

    ▲完成した応援メッセージボード



    令和元年9月7日 東京2020大会を応援しよう!1年前イベントin 羽村

    保健学部一場准教授と学生・OBのみなさんによるボッチャ体験

    杏林大学一場友実准教授(日本ボッチャ協会公認上級審判員)の指導、審判資格を有する学生・OBの皆さんにご協力をいただき、多くの来場者にボッチャを体験していただきました。

    ボッチャ体験の様子
    ボッチャ体験の様子 

    平成30年11月3日 第49回産業祭ブース出展

    総合政策学部木暮ゼミナールのみなさんによる企画提案および運営協力

     第49回産業祭での東京オリンピック・パラリンピック準備室ブース出展にあたり、杏林大学総合政策学部木暮ゼミナールの皆さんに、①ブラインドサッカー体験、②オリ・パラクイズ、③応援メッセージボード作成、の3つの企画を提案していただきました。

     当日は、同ゼミナールの学生12 名に運営協力をいただき、ブラインドサッカー体験やオリ・パラクイズが大いに盛り上がりました。 

     また、来場者とともに、色鮮やかな応援メッセージボードを2枚完成していただきました。この応援メッセージボード作成の企画は、ブースに来場された方に東京2020大会の全競技・全選手への応援メッセージをカラフルなペンで書いていただくもので、2018年に2枚、2019年に2枚作成し、4枚1組で『応援する人の想いがぎゅっとつまった大きな応援メッセージボード』とするものです。

     イベントの様子は、杏林大学ホームページ(別ウインドウで開く)でも紹介されていますのでぜひご覧ください。

    ブラインドサッカー体験の様子

    ▲ブラインドサッカー体験の様子

    オリ・パラクイズの様子

    ▲オリ・パラクイズの様子

    応援メッセージボード

    ▲2018年作成応援メッセージボード

    応援メッセージボード

    ▲2018年作成応援メッセージボード

    応援メッセージボード完成形

    ▲応援メッセージボードは、2019年産業祭で新たなボードにメッセージを記入してもらい4枚1組で完成します。



    平成30年8月25日 東京2020パラリンピックを応援しよう!2年前イベントin 羽村

    保健学部一場准教授と学生・OBのみなさんによるボッチャ体験

    杏林大学一場友実准教授(日本ボッチャ協会公認上級審判員)の指導、審判資格を有する学生・OBの皆さんにご協力をいただき、多くの来場者にボッチャを体験していただきました。

    また、リオ大会 銅メダリストであり、2018ウィルチェアーラグビー世界選手権で金メダルを獲得された池崎大輔選手と池透暢選手も一場准教授の指導でボッチャを体験しました。

    ボッチャ体験の様子
    池崎選手と池選手によるボッチャ体験
    池崎選手と池選手の真剣なまなざし

    お問い合わせ

    羽村市役所企画総務部東京オリンピック・パラリンピック準備室

    電話: 042-555-1111 (東京オリンピック・パラリンピック担当)内線345

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム