ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

羽村市

はむらってこんなまち羽村市公式PRサイト

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    オリ・パラ通信 23 【広報はむら平成31年2月15日号記載】 パラリンピック競技紹介 (20) (車いすバスケットボール)

    • 初版公開日:[2019年02月15日]
    • 更新日:[2019年2月15日]
    • ID:11973

    車いすバスケットボール Wheelchair basketball

                                                                                                                                   

      東京2020パラリンピックの全22競技紹介の第20弾として車いすバスケットボールを紹介します。第1回のローマ1960大会から正式競技として行われています。

    競技ルール

     下肢などに障害のある選手が車いすに乗って戦うバスケットボールで、障害者スポーツの中でも世界的に知名度・人気が高いチームスポーツです。
     1チーム最大12人で編成され、コート上には5人が出場します。コートの広さやゴールの高さなどはオリンピックのバスケットボールと同じですが、ボールを持って車いすの車輪を3回以上回すと反則になることや、ドリブルとボールの保持を繰り返し行っても反則にならないなど、一部のルールが異なっています。
     1試合は10分間を1区切り(ピリオド)とし、4ピリオドまで行います。

    車いすバスケットボール スイム 絵図

    激しい攻防
    (画像提供:東京都)

    持ち点制

     車いすを使うウィルチェアーラグビー(広報はむら8月15日号、オリ・パラ通信17に掲載)と同様、特徴として「持ち点制」があります。
     選手の障害の程度に応じた持ち点があり、コート上の5人の持ち点の合計を14点以内にすることで、障害が軽い選手(ハイポインター)ばかりでなく、障害が重い選手(ローポインター)にも出場機会が生まれます。ローポインターは主に守備を担い、チームの勝利のため、献身的なプレーが求められます。

    見どころ

     激しい攻防やスピーディーなパスワークはもちろん、片輪を浮かせ高さを出してシュートしたり、体幹や腰を使って車いすを体の一部のように操ったりもします。また、車いすの幅を利用し、自分が「壁」となることで味方の攻撃をアシストするなど、車いすを生かしたテクニックも見どころです。

    競技会場

    有明アリーナ・武蔵野の森総合スポーツプラザです。