ページの先頭です

オリ・パラ通信 27 【広報はむら令和元年6月15日号記載】 オリンピック競技紹介 ① (野球/ソフトボール)

[2019年6月21日]

野球/ソフトボール

                                                                                                                               

 今回から、東京2020オリンピック全33競技の紹介です。まず、東京2020大会で追加された競技を5回にわたり紹介していきます。

野球

 2つのチームが攻撃と守備に別れて点数を競います。攻守交代を9回繰り返した段階でより多く得点したチームが勝者となります。シドニー2000大会からプロ選手の参加が可能となったため、世界的に代表選手のプロ化が進み、よりハイレベルな戦いになっています。日本は、アトランタ1996大会で銀メダル、バルセロナ1992大会とアテネ2004大会で銅メダルを獲得し、東京2020大会でも活躍が大いに期待されます。

野球 絵図

巧みな投球技術
(画像提供:東京都)

ソフトボール

 ルールは野球と殆ど同じですが、攻守交代は7回までです。野球が男子のみの競技であるのに対し、女子のみの競技です。最大の魅力はコンパクトな空間で行われる緻密さとスピーディーさです。最も目を引くのは下投げに限られるピッチャーの投法で、腕を大きく回転させてから投球する最もポピュラーな投げ方であるウインドミル投法は、遠心力を利用することでスピードが増します。下から浮き上がるライズボールや、落ちるドロップボールなどの球種をどのように組み合わせてバッターを打ち取るかなど、投打の駆け引きが最大の見どころです。日本はシドニー2000大会で銀メダル、アテネ2004大会で銅メダル、そして北京2008大会で金メダルを獲得しました。伝統的に守備力に定評があり、守り勝つのが日本の持ち味です。

ソフトボール 絵図

ウインドミル投法
(画像提供:東京都)

競技会場

 横浜スタジアム・福島あづま球場

お問い合わせ

企画総務部東京オリンピック・パラリンピック準備室

電話: 042-555-1111 (東京オリンピック・パラリンピック担当)内線344

お問合せフォーム