ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

羽村市

はむらってこんなまち羽村市公式PRサイト

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    東京2020大会を応援しよう!1年前イベント in 羽村

    • 初版公開日:[2019年07月16日]
    • 更新日:[2019年10月16日]
    • ID:12426

    2020年に東京で開催される東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の1年前となる期間に、オリンピック・パラリンピックの普及啓発・気運醸成を図ることを目的とした羽村市独自の記念イベントを開催しました。


    アスリート向けスポーツ競技義足制作の第一人者である臼井二美男さんと、パラリンピアン大西瞳選手、義足ユーザーを中心とした陸上チーム スタートライン Tokyo のみなさんが羽村に来てくれました!


    アスリート向けスポーツ競技義足制作の第一人者でありシドニー2000パラリンピック以降日本代表選手のメカニックとして同行されている臼井二美男さんと、リオ2016パラリンピック走り幅跳びで6位に入賞され陸上女子100mでも8位に入賞されたパラリンピアン大西瞳選手、義足ユーザーを中心として臼井二美男さんが発足した陸上チーム スタートライン Tokyo のみなさんを招致して義足の歩行体験を行ったほか、ボッチャ体験、VRフェンシング体験などを行いました。

    約300人の方にご参加・ご来場いただきました。ありがとうございました。

    パラリンピアン大西瞳選手(左側)と義肢装具士臼井二美男氏(右側)

    パラリンピアン大西瞳選手(左側)
    と義肢装具士臼井二美男さん(右側)

    スタートライン Tokyo 集合写真

     スタートライン Tokyo のみなさん



    日時

    令和元年9月7日(土曜日)午前9時30分から午後0時30分

    会場

    羽村市スポーツセンター第1ホール・第2ホール・前庭

    内容

    • みんなで「東京五輪音頭-2020-」を踊ろう!
    • はむすぽジュニアチアダンスによるチアダンス
    • 義肢装具士臼井二美男さんが発足した義足ユーザーを中心とした陸上チーム“スタートラインTokyo”のみなさんや、臼井二美男さん&パラリンピアン大西瞳選手のサポートによる義足体験
    • 杏林大学保健学部理学療法学科一場友実准教授と杏林大学学生・OBの指導によるボッチャの体験
    • VRを活用したフェンシングの観戦・対戦の体験
    • 羽村市ブース(羽村市ゆかりのオリンピアン紹介や事前キャンプ関連パネルなどの設置)
    • コカ・コーラブース(イベントカーでのゲーム、オリンピックヒストリーパネルの掲出ほか)
    • 日野自動車ブース(ユニバーサルデザイン小型バスの展示および車椅子でのバス乗降体験、パネル展示)
    • 義肢装具士臼井二美男さん&パラリンピアン大西瞳選手、スタートラインTokyoのみなさんによるトークショー
    • フォトセッション

    東京五輪音頭-2020-
    はむすぽジュニアチアダンスによるチアダンス
    義足歩行体験1
    義足歩行体験2
    VRフェンシング体験
    羽村市ブース1
    羽村市ブース2
    コカ・コーラブース1
    コカ・コーラブース2
    コカ・コーラブース3
    日野自動車ブース1
    日野自動車ブース2
    日野自動車ブース3
    日野自動車ブース4
    フォトセッション

    東京2020大会を応援しよう!1年前イベント in 羽村チラシ

    Adobe Reader の入手
    PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。


    羽村市独自ボランティア 2020はむらサポーター ”スペシャルサポートメンバー” が活躍!

    東京2020大会を羽村市から盛り上げていくため、羽村市主催の関連イベントをサポートする活動に参加していただける方を募集し、10名の2020はむらサポーター “スペシャルサポートメンバー”が活動しました。

    活動内容

    • 参加者受付(スタンプラリー台紙、PRバッジ入りクリアファイル、うちわ等配布)
    • スタンプラリー受付、出展ブース補助
    • トークショー観覧
    • フォトセッション参加
    2020はむらサポーター“スペシャルサポートメンバー”1
    2020はむらサポーター“スペシャルサポートメンバー”2