ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

羽村市

はむらってこんなまち羽村市公式PRサイト

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    あつまれキッズ市民記者!子フェスおもしろ大発見(令和元年11月9日)

    • [2020年2月13日]
    • ID:13102
    市民記者集合写真

    羽村市魅力発信市民記者(別ウインドウで開く)」が、昨年に引き続き、令和元年青少年健全育成の日事業「子どもフェスティバル」に出展しました。

    子育て世代が多く、子育ての悩みを話したり家族ぐるみで休日を楽しんだりと、居心地の良い雰囲気で活動している市民記者。

    活動を広く知ってもらうため、子どもたちに「魅力を見つけて記事にし、発信すること」の楽しさを体験してもらうイベントを行いました。


    ■日時 

    令和元年11月9日(土曜日) 

      ・午前11時~午前12時

      ・午後1時30分~午後2時30分

    ■会場 

    生涯学習センターゆとろぎ  1階ロビー


    羽村市魅力発見市民記者のウェブマガジン「はむらぐらし」はこちらから(別ウインドウで開く)

    市民記者活動を体験してみよう!

    記事ってどうやってつくるの?

    まずは、取材の仕方、記事の書き方を教わります。

    限られた時間の中で、記事を完成させるポイントを教わり、インタビューの練習もしました。

    実際に使用している重たいカメラをドキドキしながら持ち、市民記者の腕章をつけ、いざ取材先へ!

    取材の仕方を市民記者に教わる子どもたち

    取材にチャレンジ!

    子どもフェスティバルに「パラスポーツ『ボッチャ(簡易版)ミニ体験会』」で出展している、羽村市役所東京オリンピック・パラリンピック準備室を取材しました。

    「ボッチャってどんなスポーツなんだろう?」

    キッズ市民記者たちもルールを教わり、実際に競技をやってみました。

    記事に載せるための写真も、しっかり撮って取材完了!

    ボッチャ体験インタビューの様子

    記事を書いてみよう

    取材を終えて帰ってきたら、いよいよ記事の執筆です。

    ワークシートに沿って、みんなが読みたくなるようなリード文から書いていきます。

    取材した内容と感じたこと、撮ってきた写真を貼って、作り上げました。

    完成した記事は編集長にチェックしてもらい、OKがもらえたら完成。

    最後は、参加賞の、はむりんエコバッグと自由帳を編集長からプレゼント。

    お疲れさまでした!

    記事執筆の様子
    記事執筆の様子

    一緒に記事を書きませんか?「羽村市魅力発信市民記者」募集中!

    ウェブマガジン「はむらぐらし」を執筆している、羽村市魅力発信市民記者は新しいメンバーを募集しています。

    メンバーは20代~40代で、子育て中の方も多く、「ライターに興味がある」「記事の書き方を学びたい」「羽村市の魅力を発信したい!もっと知りたい」等、空いている時間を使ってみたり、仕事・家庭以外のサードプレイスとしてみたり、それぞれのモチベーションでマイペースに活動しています。

    詳しくは、ウェブマガジン「はむらぐらし」ライター募集中!(別ウインドウで開く)をご覧ください。


    お問い合わせ

    羽村市役所企画総務部広報広聴課

    電話: 042-555-1111 (広報係)内線337 (シティプロモーション係)内線341 (市民相談係)内線540

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム