ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

羽村市

はむらってこんなまち羽村市公式PRサイト

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    オリ・パラ通信 37 【広報はむら令和2年4月15日号記載】 オリンピック競技紹介   (アーチェリー・射撃・ゴルフ)

    • [2020年4月13日]
    • ID:13442

    アーチェリー・射撃・ゴルフ 

                                                                                                                                   

     東京2020オリンピック全33競技のうち、アーチェリー・射撃・ゴルフの見どころなどを紹介します。

    アーチェリー

     70m先にある的を狙って弓で矢を放ち、得点を競います。直径122cmの的は1~10点の得点帯に分割され、10点の中心円はCDとほぼ同じ大きさです。矢を放つまでの張り詰めた緊張感と、秒速70mのスピードで矢が的に吸い込まれていく爽快感を選手と一体となって味わえます。

    射撃 

     銃器を用いて標的を撃ち、精度の高さを競います。固定された標的を撃つ「ライフル射撃」と、空中に放出された動く標的(クレー)を撃ち壊す「クレー射撃」があります。
     「ライフル射撃」は1発ごとに点数が表示され、着弾がわずかに中心から外れただけで順位が劇的に変わる展開が競技を白熱させます。「クレー射撃」は瞬時の判断力と鋭い反射神経が要求されます。射撃は、手に汗握るエキサイティングな戦いが魅力です。 

    ゴルフ 

     直径約10cmの穴(カップ)に、いかに少ない打数でボールを入れられるかを競います。1ラウンド18ホールで構成され、選手は4日間で4ラウンド72ホールをプレーします。距離や地形が大きく違うホールをいかに攻略するかがポイントです。また、天候による地表や芝の状態、風の強さや方向など、同じコンディションは二度ありません。1打1打に判断力とテクニックが要求され、選手が重要な場面で重圧に打ち勝てるかどうかも注目ポイントです。