ページの先頭です

東京2020参画プログラム 『東京2020応援プログラム』

[2021年3月24日]

 東京2020参画プログラムのうち『東京2020応援プログラム』は、非営利団体が実施する事業が認証対象となります。

 『東京2020応援プログラム』の認証を受けると、「東京2020応援プログラム」という用語や、応援マークが使用できるほか、タイトル以外(説明文等)への、「オリンピック」、「パラリンピック」、「東京2020大会」などの文言の使用ができます。

(例)東京2020応援プログラム 〇〇イベント
   オリンピック・パラリンピックに向けた〇〇を実施します。

※「オリンピック」、「パラリンピック」等の文言、「東京2020大会」等の大会名称などの知的財産の使用は、制限があり使用できませんが、『東京2020応援プログラム』の認証を受けると上記の内容が可能となります。

応援マーク

応援マーク

『東京2020応援プログラム』の申請

実施時期

●アクション実施期間     令和3年9月5日(日曜日)まで
●主体・アクション申請受付   令和3年5月31日(月曜日)まで
●マーク等使用申請受付   令和3年7月22日(木曜日)まで

注意事項

・非営利団体のアクションであること
・非営利の事業であること(企業や団体、製品等の宣伝や販売が主たる目的でないこと。入場料、参加料等を徴収する場合、事業の目的及び内容に対し、社会通念上適当な額であること)
・反社会的勢力との関係がないこと
・政治活動、宗教の布教・勧誘等を目的としていないこと
・大会スポンサーの権利に影響を及ぼすもの(スポンサー以外の企業の名称が露出してはいけません。スポンサー以外の食品や物品の提供はできません。東京2020大会の運営は、大会スポンサー等からの協賛金収入によって行われています)

1.主体登録(申請団体の登録)

町内会・自治会等、商店街
 主体登録の手続きは、羽村市を通じて申請します。東京2020参画プログラムウエブサイト(別ウインドウで開く)より、誓約書兼同意書および主体登録代理申請フォーム(参考)をダウンロードして必要事項を記入し、羽村市企画総務部東京オリンピック・パラリンピック準備室へ提出してください。
 ※申請をご希望の場合、事前に羽村市企画総務部東京オリンピック・パラリンピック準備室までご相談ください。

町内会・自治会等、商店街を除く非営利団体
 「東京2020参画プログラム特設サイト」より直接申請してください。
 ※団体の区分により、現在事項全部証明書の提出が必要になります。
 ※一般財団・社団、NPO等は、主体登録申請時に公的団体等による主体者確認書が必要になります。

2.アクション申請(実施するアクション(イベント)の登録)

「東京2020参画プログラム特設サイト」より直接申請してください。

※アクション(イベント)で使用するマークの登録(マーク申請)や、アクション(イベント)後の実績報告も、同特設サイトより、直接申請してください。
※詳しくは、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会公式ウェブサイト(別ウインドウで開く)をご覧ください。

お問い合わせ

企画総務部東京オリンピック・パラリンピック準備室

電話: 042-555-1111 (東京オリンピック・パラリンピック担当)内線344

お問合せフォーム


東京2020参画プログラム 『東京2020応援プログラム』への別ルート