ページの先頭です

【受付終了】羽村市生産性向上事業助成金

[2021年1月22日]

羽村市生産性向上事業助成金は予算額に達したため、新規受付を終了しました。

羽村市生産性向上事業助成金を交付します

羽村市では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い影響を受けている、羽村市内の事業者の皆さんの操業環境の向上を支援する助成金を交付します。
コロナ禍を乗り越えるため、生産プロセスの改善や業務プロセスの見直し、業務効率化などの取組を行った事業者に対し、経費の一部を助成します。

助成対象者(次の全てに該当すること)

  1. 市内に事業所を有する中小企業、個人事業主及び医業を主たる事業とする法人。
  2. 申請時において既に納期の到来した市税を完納していること。ただし、徴収猶予を受けている市税を除く。
  3. 同一の取組により、東京都または羽村市の他の助成金等の交付を受けていないこと。
  4. 次のいずれにも該当しないこと。
    ア 政治団体
     宗教上の組織及び団体
     暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条第2号に規定する暴力団及び羽村市暴力団排除条例第2条第3号に規定する暴力団関係者
     風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律第2条に規定する営業のうち、羽村市の助成の対象として社会通念上適切でないと羽村市長が認める場合
     破産、会社更生、民事再生、特別清算その他倒産等に関する法律のいずれかに係る手続の申立てを行っている場合
     アからオまでに掲げるもののほか、助成金の趣旨及び目的に照らして適当でないと市長が認める場合

助成対象経費

令和2年4月1日以降に行った、生産性向上に資する取組に要した経費のうち下記の経費

  • 機械装置費
  • システム構築・導入費
  • 技術導入費
  • 運搬費
  • 原材料費
  • 専門家経費
  • 外注費

※同一の取組により、国またはその他の機関(東京都及び羽村市を除く)からの助成金を受けている場合は、自己負担額部分が助成対象経費になります。

※生産性向上に資する取組とは
 生産プロセスの改善、業務プロセスの見直し、業務効率化等の取組

助成金の額

助成対象経費の3分の2の額(千円未満切捨て)

助成上限額

100万円(上限額に達するまでは複数回の申請可能)

申請期間

令和2年11月2日(月曜日)から令和3年3月26日(金曜日)
※申請期間内であっても、予算額に達した場合は受付を終了します。

申請方法

これから事業を実施する場合には、事前に必ずご相談ください。
事業内容によっては、助成対象経費として認められない可能性がありますので、ご注意ください。

事業実施後(経費の支払終了後)に申請書と下記必要書類を添付のうえ、産業振興課へ申請してください。

申請時必要書類

  1. 交付申請書(様式第1号)、誓約書及び同意書(様式第1号別紙1)
  2. 羽村市内に事業所があることが確認できる書類(履歴事項全部証明書、開業届、営業許可証等)
  3. 生産性向上事業明細書(様式第1号別紙2)
  4. 事業実施状況が確認できるもの(設置写真、カタログ等)
    ※機械装置については写真は必須
  5. 助成対象経費を支払ったことがわかるもの(領収書等)
  6. 国またはその他機関(東京都及び羽村市を除く)からの助成金等を受けている場合は、当該助成金等の交付決定書の写し

申請書等

申請書等の様式は以下からダウンロードしてください。

ダウンロードが困難な場合は、羽村市役所西分室 産業振興課で配布します。

チラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

申請後の流れ

  1. 申請受付後、市で事業内容等を審査し、助成金の交付を決定した場合は交付決定通知書を発行します。
  2. 助成金の交付決定後、助成金請求書兼振込依頼書を提出してください。
  3. 請求書兼振込依頼書の提出後、指定した口座に助成金を振り込みます。

請求書(助成金の交付決定後提出してください)

その他

  • 虚偽その他不正の手段により助成金の交付を受けた時は交付決定を取り消し、助成金を全額返金していただきます。

お問い合わせ

産業環境部産業振興課

電話: 042-555-1111 (商工観光係)内線655 (農政係)内線661 (消費生活係)内線640

お問合せフォーム