ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

羽村市

はむらってこんなまち羽村市公式PRサイト

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    新型コロナウイルスワクチン接種について

    • 初版公開日:[2021年06月22日]
    • 更新日:[2021年9月7日]
    • ID:14617

    掲載している情報は令和3年9月7日現在のものであり、今後変更となる可能性がありますのでご了承ください。

    12歳以上の全ての方の予約を受け付け中です

    ワクチン接種を希望される方はご予約をお取りください。

    予約方法について詳しくは羽村市公式サイト「新型コロナワクチン接種の予約について」のページをご確認ください。

    これから12歳を迎える方には、12歳の誕生日を迎えた方から順次接種券を発送します。

    (保護者の方へ)12から15歳の方の接種について

    12から15歳のお子さんが接種を受ける保護者の皆さんは、接種会場への付添いや母子健康手帳の持参など、安全な接種のためにご協力をお願いします。

    詳しくは、羽村市公式サイト「【新型コロナワクチン】12から15歳の方の接種について」のページをご確認ください。

    妊娠中の方へ

    現在妊娠中の方とそのご家族の方へ優先接種を行っています。

    詳しくは、羽村市公式サイト「妊婦およびご家族の優先接種について」のページをご確認ください。

    また接種の前に以下の注意点を必ずご確認ください。

    • 接種会場にお越しになる前に必ず健診先の医師に相談し、接種してよいと言われていれば、その旨を接種会場の問診医に伝えてください。
    • 万が一の救急搬送時の医療体制を考慮し、なるべく平日の日中でご予約をお取りください。
    • 接種を受ける前に「妊婦の方々へ(厚生労働省)」のチラシをお読みください。
      https://www.mhlw.go.jp/content/11920000/000822215.pdf

    都内の新型コロナワクチン大規模接種会場について

    東京都が設置している大規模接種会場でも接種を受けられる場合があります。
    詳しくは、東京都「都が設置するワクチン大規模接種会場に関する情報について」のページ(別ウインドウで開く)をご確認ください

    接種スケジュールについて

    今後の接種スケジュール
    区分予約受付接種開始

    30歳以上の方

    受付中実施中

    12から29歳の方

    受付中

    10月上旬以降

    (注意)予約状況による

    新型コロナワクチン接種証明書の発行について

    海外渡航のため、接種事実を証明する必要がある方へ、「ワクチン接種証明書」を発行します。

    詳しくは、羽村市公式サイト「新型コロナワクチン接種証明書の発行について」のページをご確認ください。

    新型コロナワクチン接種実績について

    新型コロナワクチンの接種実績については下記のページをご覧ください。

    羽村市公式サイト「新型コロナワクチン接種実績について」

    シャトルバスは8月末で運行を終了しました

    ワクチン接種会場(スポーツセンター)まで運行していた「コロナワクチン接種送迎シャトルバス」は8月31日(火曜日)で終了しました。

    たくさんのご利用ありがとうございました。

    9月以降に接種会場にお越しいただく方は、自家用車または自転車等でお越しいただきますようお願いいたします。

    スポーツセンター第3駐車場がワクチン接種優先駐車場として使用できます

    第3駐車場はスポーツセンター建物裏側(線路沿い)で、ワクチン接種会場入口に直結しています。

    ここが満車の場合は、市役所駐車場を利用してください。

    接種会場の風水害発生時の対応について

    台風、大雨などの風水害および地震などが発生した場合、または、その恐れがある際に新型コロナウイルスワクチン接種に訪れる市民の皆さんの安全のため、集団接種会場の運営を中止することがあります。

    詳しくは、羽村市公式サイト「新型コロナワクチン接種会場の風水害発生時の対応について」のページをご確認ください。

    予防接種健康被害救済制度について

    一般的に、ワクチン接種では、一時的な発熱や接種部位の腫れ・痛みなどの、比較的よく起こる副反応以外にも、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が生じることがあります。極めて稀ではあるもののなくすことができないことから、救済制度が設けられています。

    救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、その健康被害が接種を受けたことによるものであると厚生労働大臣が認定したときは、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。認定にあたっては、予防接種・感染症・医療・法律の専門家により構成される国の審査会で、因果関係を判断する審査が行われます。

    制度の詳細や必要書類については厚生労働省のウェブページ(別ウインドウで開く)をご確認ください。

    申請窓口

    必要書類を添えて羽村市保健センター健康課窓口へご提出ください。

    ワクチン接種の概要について

    接種対象者および優先順位

    全国民分のワクチンを国で確保する予定ですが、ワクチンは徐々に供給されるため、国の定める優先順位に従って接種を行います。

    羽村市で当面取り扱う予定のファイザー社製のワクチンについては、12歳以上の方が対象です。

    ワクチン接種の優先順位

    1. 医療従事者等
    2. 高齢者(令和3年度中に65歳に達する、昭和32年4月1日以前に生まれた方)
    3. 高齢者以外で基礎疾患を有する方((注意)1)や高齢者施設等の従事者、60から64歳の方((注意)2)
    4. 上記以外の方

    ((注意)1)基礎疾患を有する者は次の(1)または(2)に該当する方です。

    (1)以下の病気や状態の方で、通院/入院している方

    1. 慢性の呼吸器の病気
    2. 慢性の心臓病(高血圧を含む。)
    3. 慢性の腎臓病
    4. 慢性の肝臓病(肝硬変等)
    5. インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病または他の病気を併発している糖尿病
    6. 血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)
    7. 免疫の機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む。)
    8. ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
    9. 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
    10. 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
    11. 染色体異常
    12. 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害が重複した状態)
    13. 睡眠時無呼吸症候群
    14. 重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、又 は自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持 している場合)

    (2) 基準(BMI 30以上)を満たす肥満の方


    ((注意)2)「60から64歳の方」は、当初国の定めた優先順位では「基礎疾患を有する方」および「高齢者施設等の従事者」と同じ優先順位でしたが、令和3年6月に59歳以下の方と同じ優先順位に変更されました。羽村市では当初の予定通り、「基礎疾患を有する方」および「高齢者施設等の従事者」と同じ優先順位として取り扱います。

    接種費用

    無料で受けられます。

    羽村市で取り扱うワクチンについて

    羽村市の集団接種会場では当面の間ファイザー社製のワクチンを取り扱う予定です。

    接種の回数

    ファイザー社製のワクチンの場合、2回接種を受ける必要があります。

    1回目の接種から、標準的には20日間(3週間後の同じ曜日)の間隔を空けて2回目の接種を受ける必要があります(例:5月12日(水曜日)に1回目の接種を受けた場合は、6月2日(水曜日)が標準的な2回目の接種日となります)。一番早くて19日後に接種を受けられますが、それより前に受けることはできません。

    1回目の接種から間隔が20日を超えた場合は、できるだけ速やかに2回目の接種を受けてください。

    (以下厚生労働省ホームページより抜粋)

    なお、3週間を超えても、接種を1回目からやり直す必要はありません。接種間隔が3週間を超えた場合の効果は十分に検証されていませんが、WHO、米国や、EUの一部の国では、3週間を超えた場合でも、1回目から6週間後までに2回目を接種することを目安として示していますので、こうした目安も参考になると考えられます。

    接種を受けられる場所について

    • 供給される予定のワクチンの特性や、接種を行う医師の確保等の観点から羽村市では当面の間、羽村市スポーツセンター第2ホールで集団接種を行います。今後のワクチンの供給状況などにより、接種場所を変更または追加する場合があります。

    • 羽村市スポーツセンター第2ホールは令和3年4月1日から令和4年3月31日(予定)まで、集団接種の会場として使用するため、一般の方は利用できません。ご利用者の皆さんには大変ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

    • 高齢者施設入居者や長期入院中の方など集団接種会場に来られない方は、施設や医療機関に相談してください。

    • 新型コロナウイルスワクチンは原則として住民票所在地の医療機関または市町村の特設会場等で接種を受けます。

    ワクチン接種は強制ではありません

    新型コロナウイルスのワクチン接種は強制ではありません。予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けていただきます。同意なく接種が行われることはありません。

    接種を受けるまでの流れ

    羽村市で予定している接種までの流れを掲載しています。

    詳しくは住民票のある自治体に問い合わせてください。

    ①接種券が届く

    接種を受けるには接種券が必要です。接種券は住民票のある市町村から発送されます。

    優先順位に従って、順番に発送します。

    (注意)接種券発送後に住所が変わった場合は、お住いの区市町村に再発行の申請をする必要があります。

    接種券のイメージ画像

    ワクチン接種券イメージ画像

    ②予約をする

    集団接種会場での混雑を防ぐため、接種には事前予約が必要です

    インターネット予約システムから予約するか、羽村市コロナワクチンコールセンターに電話して予約してください。

    予約方法について詳しくは、羽村市公式サイト「新型コロナワクチン接種の予約について」のページをご覧ください。

    新型コロナワクチン接種の予約方法(動画解説)

    新型コロナワクチン接種の予約方法を動画(YouTube)で解説しています。(別ウインドウで開く)

    (注意)令和3年6月1日のYouTubeの規約改正により、動画内にYouTubeの運営が設定した広告が表示される場合があります。

    ③接種会場で接種を受ける

    予約した日時に集団接種会場の羽村市スポーツセンター第2ホールへお越しください。

    集団接種会場へは正面入口からは入場できません

    集団接種専用入口から入場してください。

    (注意)予約した時間にお越しいただけない場合、接種を受けられないことがあります。やむを得ず遅刻する場合は必ず羽村市コロナワクチンコールセンターにご連絡ください。

    ワクチン接種会場への無料送迎シャトルバス巡回ルートと時刻表

    Adobe Reader の入手
    PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

    持ち物

    • 接種券
    • 本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証など)
    • 予診票(接種券に同封して発送します。わかる範囲で事前に記入してください)
    • お薬手帳(お持ちの方のみ)

      (注意)予診票は厚生労働省のホームページ(別ウインドウで開く)からダウンロードすることもできます

    接種の前に、医師による予診を行い、ワクチンを接種しても問題ないかの確認を行います。

    医師から説明を受け、接種を希望する場合は、予診票の同意欄に署名し、接種を受けます。

    接種を受けた方には接種済証をお渡しします。

    接種券の再発行を希望する方

    接種券を紛失してしまった方や、特別な事情で接種券を受け取ることができなかった方へは接種券を再発行します。

    詳しくは羽村市公式サイト「新型コロナワクチン接種券の再発行について」のページをご覧ください。

    住所地外接種を希望する方

    新型コロナワクチンは原則として住民票所在地で接種を受ける必要がありますが、やむを得ない事情がある方は住民票所在地以外で接種を受けることができます。

    事前に届け出が必要な場合がありますので、詳しくは羽村市公式サイト「新型コロナワクチンの住所地外での接種について」のページをご覧ください。

    羽村市コロナワクチンコールセンター

    ■羽村市コロナワクチンコールセンター

    電話番号:0570-030207  (注意)通話料がかかります

    受付時間:午前9時から午後5時(土曜日・日曜日・祝日を含む)

    羽村市コロナワクチンコールセンターでは、接種会場や接種までの流れなど、羽村市のワクチン接種に関するご質問やご相談を受け付けます。

    (注意)聴覚障害のある方など、電話での相談が難しい場合はファクス554-4767を利用してください。

    東京都新型コロナウイルスワクチン副反応相談センター

    ワクチン接種後に副反応と思われる症状が出たなど医学的知見が必要となる場合は、東京都の副反応専用コールセンターへお問合せください。

    ■東京都新型コロナウイルスワクチン副反応相談センター

    電話番号:03-6258-5802

    受付時間:24時間対応(土曜日・日曜日・祝日を含む)

    対応言語:日本語・英語・中国語・韓国語・ベトナム語・タガログ語・ネパール語
         ビルマ語(ミャンマー語)・タイ語・フランス語・スペイン語・ポルトガル語

    厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

    ワクチン施策等に関する相談は厚生労働省のコールセンターへお問合せください。

    ■厚生労働省新型コロナウイルスワクチンコールセンター

    電話番号:0120-761770

    受付時間:午前9時から午後9時(土曜日・日曜日・祝日を含む)

    新型コロナウイルスワクチンに関する国の最新情報

    ワクチン供給状況や、副反応に関する最新情報が掲載されています

    首相官邸新型コロナワクチン特設ページ(別ウインドウで開く)

    新型コロナワクチンについてのチラシ

    Adobe Reader の入手
    PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

    ワクチン接種をかたる不審電話にご注意ください。

    新型コロナウイルスのワクチン接種をめぐり、「接種の予約をするのでお金が必要」や「今申し込めば、人よりも早く接種が受けられる」などと言い、お金を振り込ませようとする詐欺が発生しています。

    市町村等がワクチン接種のために金銭を要求することは絶対にありませんのでご注意ください。

    お問い合わせ

    羽村市コロナワクチンコールセンター
    電話番号: 0570-030207
    受付時間:午前9時から午後5時(土曜日・日曜日・祝日を含む)