ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

羽村市

はむらってこんなまち羽村市公式PRサイト

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    【令和4年11月19日開催】新倉壮朗の世界 in 羽村 -ようこそ、音の開放広場へ-

    • 初版公開日:[2022年08月16日]
    • 更新日:[2022年8月18日]
    • ID:16670

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    【必ずお読みください】公演をご鑑賞される皆さまへ(新型コロナウイルス感染症拡大防止のお願い)

     生涯学習センターゆとろぎから公演をご鑑賞する皆さまに、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策へのご協力をお願いします。

     「公演をご鑑賞される皆さまへ(新型コロナウイルス感染症拡大防止のお願い)」(別ウインドウで開く)を事前に必ずお読みください。

     (注意)この事業は新型コロナウイルス感染症の拡大状況により、日程変更または中止となる場合があります。

     最新の情報は、市公式サイト等にて随時ご案内いたします。


    新倉壮朗の世界 in 羽村 -ようこそ、音の開放広場へ-

    新倉壮朗の感性あふれる即興音楽がやってくる!

    朝ドラ「あまちゃん」や大河ドラマ「いだてん」の音楽を手掛けた大友良英さんが即興セッションのゲスト!!

    エネルギッシュなアフリカンパーカッションとダンスを全身に浴びましょう!!!


    出演

    新倉 壮朗(にいくら たけお)【ミュージシャン】

     1986年生まれ。ダウン症。幼少より音に豊かな反応を示し、特にリズム感が抜群で、身体や楽器での表現は目を見張るものがあった。8才の頃、即興弾きするピアノはすでに独特の世界を持っていた。11歳の時、アフリカセネガルの太鼓「サバール」と出会い、アフリカ音楽にのめり込む。

     2002年より「新倉壮朗の世界」と題して定期的にコンサートを開き、ピアノ、マリンバ、鍵盤ハーモニカ、バラフォン、サバール、ジェンベ、ドラムetc.で思いのたけを表現し、パワフルなステージを繰り広げている。今までに、山下洋輔、大口純一郎、林栄一、菊地成孔、森重靖宗、谷川賢作、野村誠、片岡祐介、松永貴志、會田瑞樹、大友良英、巻上公一、ワガン・ンジャイ・ローズ、BBモフラン等のミュージシャンや音楽・太鼓仲間と共演。日本や海外(ロンドン・韓国・パリ・香港)各地で「タケオにしか出来ない、タケオだからできる」コンサートを開催し、即興音楽の魅力と楽しさを発信している。

     2011年、セネガルでの様子を中心に、タケオと人々との音楽を介したコミュニケーションを描いたドキュメンタリー 映画「タケオ」が完成し、日本と世界で上映され、好評を博す。

    ゲスト

    大友 良英(おおとも よしひで)【ギタリスト、作曲家】

    • 2012年芸術選奨文部科学大臣賞芸術振興部門を受賞

    • 2013年NHK連続テレビ小説「あまちゃん」の音楽でレコード大賞作曲賞を受賞

    • 2014年よりアンサンブルズ•アジアのディレクターとしてアジア各国の音楽家のネットワークづくりに奔走中

    • 2017年札幌国際芸術祭の芸術監督を務める。

    • 2019年NHK大河ドラマ「いだてん」の音楽を担当。同年、福島を代表する夏祭り「わらじまつり」改革のディレクターを務める。


    Wagane Ndiaye Rose(ワガン・ンジャイ・ローズ)【サバール奏者】

    • 1971年セネガルのダカール生まれ。父はセネガルの人間国宝であり文化の担い手であるグリオのドゥドゥ・ンジャイ・ローズ。
    • 90年代後半、日本に移住しサバール、そしてセネガル文化の伝道師として各地でワークショップを開催。ジャンルを超えた表現力でアフリカンミュージックの真髄を伝え続けている。
    • Rolling Stones、Stevie Wonder、James Brownをはじめ世界的なミュージシャンとの共演も多く、2000年1月には父のグループの一員として全米50ヶ所に及ぶツアーを行った。
    • 2002年システマレーベルから自身のアルバム“NDADJE”を発表。


    Boga Ndiaye(ボガ・ンジャイ)【サバール奏者】

    • 1977年セネガルのダカールでグリオSing Singの家系に生まれる。
    • 幼少より太鼓と踊りを学び、10代の頃から、セネガルの人間国宝ドゥドゥ・ンジャイ・ローズと共に世界各地でコンサート活動を行う。
    • 2000年ドゥドゥ・ンジャイ・ローズ日本公演にて初来日。2001年にはアフリカ代表のバンドとしてNHK紅白歌合戦に出演。
    • 2005年より拠点を日本に移し、定期的な太鼓クラス、ダンスクラスを行うと共に日本各地で演奏活動を行い太鼓と踊りの魅力を多くの人に伝えて続けている。日本におけるドゥドゥ・ンジャイ・ローズの音楽の伝道師の1人である。


    日時

    令和4年11月19日(土曜日)

    開場 午後2時00分、開演 午後3時00分、終演予定 午後5時00分

    会場

    プリモホールゆとろぎ(羽村市生涯学習センター) 大ホール

    定員

    648名 【全席指定】

    • 新型コロナウイルス感染症対策として定員を減らし、全席指定席を設定しています。
    • 新型コロナウイルス感染拡大状況により、さらに人数を制限する可能性があります。

    入場料

    大人 1,500円

    子ども(4歳から18歳) 500円

    (注意)小学校以下は保護者の同伴が必要です。

    (注意)3歳以下の膝上鑑賞は無料です。

    羽村市内に在住・在学の小中学生をご招待します。

    羽村市内在住・在学の小学生・中学生を無料でご招待します。

    申し込みは11月15日(火曜日)まで。ゆとろぎ窓口でお申し込みください。

    (注意)小学生は保護者の同伴が必要です。

    プレイガイド(チケット販売)

    プリモホールゆとろぎ(羽村市生涯学習センター)窓口

    • 電話042-570-0707
    • 午前9時00分から午後8時00分
    • 祝日以外の月曜日休館

    羽村市スポーツセンター

    • 電話042-555-0033
    • 午前9時00分から午後5時00分
    • 祝日以外の月曜日休館

    西多摩新聞社チケットサービス

    • 電話0120-61-3737
    • 午前10時00分から午後5時00分
    • 土曜日、日曜日定休日

    【インターネット販売】

    ゆとろぎオンラインチケット(別ウインドウで開く)(別ウインドウで開く)

    • インターネットでの購入は座席はお選びいただけません。
    • インターネットでお申込みの上、指定のコンビニで発券していただきます。(別途手数料が発生します。)

    主催等

    主催:羽村市教育委員会

    企画運営:ゆとろぎ協働事業運営市民の会

    お問い合わせ

    羽村市教育委員会 生涯学習部プリモホールゆとろぎ(生涯学習センターゆとろぎ)

    電話: 042-570-0707 

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム